長野の晩秋を彩る風景!飯山市「神戸の大イチョウ」

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

長野の晩秋を彩る風景!飯山市「神戸の大イチョウ」

長野の晩秋を彩る風景!飯山市「神戸の大イチョウ」

更新日:2017/11/07 14:53

macoのプロフィール写真 maco

山々に囲まれ、昼夜の寒暖差が大きい長野県の北部は、紅葉の名所の宝庫!しかしその秋は早く、山間部は10月上旬から紅葉がはじまり、11月上旬ともなると多くの名所が見頃を過ぎてしまいます。
そんな中で、飯山市にある「神戸の大イチョウ」は、見頃が例年11月下旬と少し遅めです。長野の晩秋を彩る色鮮やかな風景を、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?

「神戸の大イチョウ」とは?

「神戸の大イチョウ」とは?

写真:maco

地図を見る

長野県の北部に位置する飯山市にある「神戸(ごうど)の大イチョウ」。樹齢およそ500年。高さ約36m、幹周約14.7mにもなる大木で、長野県の天然記念物にも指定されています。気根が乳房のように垂れ下がって見える姿から、地元では母親が乳の出を祈願するという風習もあります。

「神戸の大イチョウ」とは?

写真:maco

地図を見る

紅葉の時期は他のイチョウに比べ遅く、例年の見頃は11月下旬頃。日の当たっている南側の方から徐々に紅葉が始まり、一週間程かけて全体が黄金色になっていきます。

正面、鳥居側からは、すぐ後ろに山々が見え、また木の裏側に回ると、今度は田畑の広がる原風景と、その先には北信の山々を望むことがとできます。のどかな風景の中に、どっしりと根を下ろして立っている姿は圧巻!周囲に他に大きな建物や木は少なく、少し離れた場所からでもその姿を見る事ができます。

大きな木のため、紅葉し始めの時期は、一本の木の中に緑の部分、黄色の部分、様々な色が入り混じります。緑の部分がある時はコントラストにより、より一層黄色が際立って美しく見えます。ぜひぐるりと一周、いろんな角度から楽しんでみてくださいね。

「神戸の大イチョウ」とは?

写真:maco

地図を見る

見頃を過ぎて、葉が散って地面が黄色に染まった姿も美しくオススメ!紅葉の始まりから終わりまで、それぞれ違った姿を長い期間楽しむことができます。

これだけの大きなイチョウだと銀杏、すごいんじゃないの?…匂いが気になる…!という方もいらっしゃると思いますがご安心を。「神戸の大イチョウ」実は、雄の木。なので、雌の木のように銀杏が出来て落ちて…ということは無いんです。

一面に葉っぱが広がっていても、銀杏の独特の匂いは一切ナシ!なんだか不思議な感じがしますね。

ライトアップ、グリーンシーズンもオススメ!

ライトアップ、グリーンシーズンもオススメ!

写真:maco

地図を見る

11月下旬の週末には、地元の有志の方々によりライトアップが行われます。お時間のある方は、夜の紅葉狩りも楽しんでみてはいかがでしょうか?

ライトアップ、グリーンシーズンもオススメ!

写真:maco

地図を見る

ライトに照らされ、暗闇に浮かび上がる姿は、昼間とはまた違ってとても幻想的。周囲は明かりが少なく、一層その存在が際立ちます。

駐車場からの道は暗いので、足下を照らすライトなどを準備しておくと安心。また夜は、昼間よりも随分と冷え込みます。11月下旬になると、気温が一桁になる日もしばしば。防寒対策も忘れずに!

ライトアップ、グリーンシーズンもオススメ!

写真:maco

地図を見る

紅葉の時期ももちろんですが、グリーンシーズンもその存在感は健在!紅葉以外の時期にも訪れて、見比べてみてはいかがでしょうか?

秋に散った葉も冬を越してまた芽吹き、5月頃には新緑で溢れます。幹が太く、横広の木なので、緑が生い茂った姿はモコモコとして、どこか可愛らしい雰囲気。この葉が秋には一気に黄色に染まって散って、また冬を越して新しく葉を付けて…と考えると、このイチョウの木の生命力の強さ、凄さを改めて感じますね。

<神戸の大イチョウの基本情報>
住所:長野県飯山市瑞穂

「神戸の大イチョウ」と親戚?「長光寺の大イチョウ」

「神戸の大イチョウ」と親戚?「長光寺の大イチョウ」

写真:maco

地図を見る

飯山市のお隣、木島平村ににも「神戸の大イチョウ」に負けるとも劣らない大きなイチョウの木が!

大イチョウがあるのは「長光寺」の境内。木の高さは約30m、木島平村の天然記念物にも指定されている大木で樹齢はなんと約700年とも言われています。幹の下より上の方が太く、「逆さイチョウ」とも呼ばれています。

「神戸の大イチョウ」と親戚?「長光寺の大イチョウ」

写真:maco

地図を見る

その昔、お坊さんが飯山市神戸より、イチョウの枝を杖として持ち帰り、この地にさしたのがこの大イチョウだとも言われています。もしかしたら「神戸の大イチョウ」とは親戚なのかもしれませんね。そう考えたら、この大きさも納得!

同じ時期に見頃を迎えるので、時間のある方は、ぜひ「長光寺の大イチョウ」にも足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

<長光寺の大イチョウの基本情報>
住所:長野県木島平村穂高458 長光寺境内

おわりに

「神戸の大イチョウ」いかがだったでしょうか?一本でも存分に秋を満喫してもらえること間違い無し!散り始めの黄色の絨毯を広げたような風景は一見の価値ありです!

その他、長野県の北信には長野市戸隠の「鏡池」や、山ノ内町の「志賀高原」、高山村の「松川渓谷」などなど。他にも紅葉の名所がいっぱいです!

早い所は10月上旬から見頃が始まります。その年によって見頃の時期も変わってきますので、ぜひ訪問する時期に合わせて、様々な紅葉の風景を楽しんでくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/14−2016/11/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -