巨大いちごに感激!!北関東最大「益子観光いちご団地」でいちご狩り!

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

巨大いちごに感激!!北関東最大「益子観光いちご団地」でいちご狩り!

巨大いちごに感激!!北関東最大「益子観光いちご団地」でいちご狩り!

更新日:2014/01/24 17:32

12月から旬をむかえる果物といえば「いちご」♪ 栃木県益子町の益子観光いちご団地は111棟のいちごハウスからなる北関東最大のいちご狩りスポットなんです!

みんなが大好きなあま〜いいちごをお腹いっぱいに楽しむには、やはり「いちご狩り」が外せません♪名産品の「とちおとめ」をたっぷり堪能するコツをご紹介します(^^)

益子のいちご狩り。おすすめは「朝一番」!!

益子のいちご狩り。おすすめは「朝一番」!!
地図を見る

益子観光いちご団地は北関東自動車道の真岡ICを降りて県道47号線を益子方面へ進み、国道294号線を左折して再び益子方面へ20分程進んだ場所にあります。益子町はJAはが野(はが野農業協同組合)の一員で、JAはが野全体で扱ういちごの生産量は日本一なんですよ〜。

日本一だけにこちらのいちご狩りはとても人気があり、バスツアーの行程にも取り入れられている程! 個人の方は事前予約は必要ないので、12月14日〜5月18日の営業期間の中で好きな日程で利用できますよ。利用料金は月毎に異なるので事前にWEBサイトをご確認くださいね。料金は3歳〜大人子供同額です。

益子のいちご狩りで何より嬉しいのは、なんと「時間無制限」っ〜!!
時間を気にせず食べたいだけ食べられるなんてとってもお得感がありますね♪

人気のいちご狩りを楽しむポイントは、ずばり「朝一番」ですよ! 朝一番のいちご狩りでは、誰にも食べられていない大きないちごが探さなくてもた〜っぷりあるんです♪ 少し遅くなった場合でもいちごは残っていますが、「一番大きないちご」に出会える可能性はちょっと減ってしまう事も。

いちご狩り受付時間は朝9時半〜15時半までなので、朝イチを狙う方は朝9時過ぎには到着しておきましょう。隣接の直売所は朝9時から営業しています。お土産用にぴったりのいちごや、新鮮野菜も並んでいますのでいちご狩りの前でもお買いものができちゃいますよ(^^)

一口で食べられない!?甘くて大きなとちおとめ♪

一口で食べられない!?甘くて大きなとちおとめ♪
地図を見る

益子観光いちご団地は北関東最大の広さがあり、なんど111棟ものいちごハウスがあるんですよ〜。受付を済ませたら、受付横にある大きな地図でいちごハウスの番号を確認して道順を覚えましょう。と言っても簡単なので大人なら難しい事はありません。

いちごハウスに到着したら係りの人がいちごのヘタを入れるお皿(使い捨て容器)をくれますよ。ヘタがいっぱいになったらいちごハウスの外にある専用の場所へ捨てられるので、いくらでもいちごが食べられます♪

いちごハウス内にはこちら写真のような大きないちごがゴッロゴロ!土耕(どこう)栽培のいちごは甘さに深みが出て美味しいんです。低い場所にいちごがたくさん見えるので小さなお子様でも簡単に見つけられ、いちご狩りを楽しめますよ〜(^^)

いちごの品種は「とちおとめ」です。栃木県で生まれ1996年に品種登録されたのですが、2013年時点で栃木県内で生産されるいちごの9割以上が「とちおとめ」になっているんですって!! 鮮やかな紅色のいちごで、大きな粒も特徴的です♪

いちごの美味しい食べ方、ご存知ですか?

いちごの美味しい食べ方、ご存知ですか?
地図を見る

いちご狩りハウスの人から正しい「いちごの食べ方」を教わりました!

通常、いちごのとがった方から口に入れる人が多いですよね。いちごを美味しく食べるには、ヘタをとってからヘタ側から口に入れるのが一番おすすめなんですよ! いちごのとがった側の方が甘味が強いので、最後に口の中にその甘さを残すのが狙いです(^^)

ぜひ試してみてください♪ ヘタを先にとるとヘタ側に余分ないちごが残らないのでいちごの実の部分を無駄なく食べられます! 不要なヘタの量が減るのでお皿の中身を捨てに行く手間も1回は減らすことができますよ〜。

また、いちごは大きさだけに惑わされず、外側のツブツブがくっきりしていて、ヘタが青く、全体的にツヤ感のあるものが特に美味しいのでぜひ見つけて下さいね♪

いちご狩りであると便利なもの!!

いちご狩りであると便利なもの!!
地図を見る

いちごが山盛り〜!! お皿にたくさんのいちごを盛って、後でまとめてほおばるのはとっても贅沢な食べ方ですよね(笑) いちご狩りに行ったら一度はやってみたくなりませんか!?

こんな食べ方をしていると、いちごの果汁が手について困る事があります。いちご狩りを楽しむためにおすすめの事前準備は・・・

1 ハンドタオルを準備して、取り出しやすい用ポケットに半分はみ出させて
  入れて、いちごの果汁がすぐふけるようにする。
2 両手が自由だといちごを食べやすいので、手ぶらか斜めがけのバッグで行く。
3 ヒールは歩きにくいので、ヒールがない靴で行く。
4 カメラは首からストラップでさげると撮りやすく、食べやすい。
5 ハウス内は暖かいので厚着しすぎない。

1〜5を準備すると思う存分いちご狩りが楽しめますよ!またメガネを愛用されている方は、ハウスに入った途端にくもって見えなくなることもあるので注意してくださいね〜!

最後にもう1つ!

いちごは水分を多く含んでいるので、いちご狩りでいちごをたくさん食べる前にまずはトイレに行っておきましょう。特にお子様などお連れの方は、いちご狩りが終わった後も、トイレが完備された観光施設、観光地へお出かけされた方が良いですよ〜。

ちょっとした準備をしておくだけで、「いちご狩り」が断然楽しくなります♪5月まで楽しめるいちご狩り、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか?(^^)

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -