フランスの最も美しい村に認定された「ブブロン村」で村のグルメも味わおう!

| フランス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

フランスの最も美しい村に認定された「ブブロン村」で村のグルメも味わおう!

フランスの最も美しい村に認定された「ブブロン村」で村のグルメも味わおう!

更新日:2017/11/14 12:01

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター、地元のグルメ伝道師

フランス・ノルマンディー地方にある人口わずか200人の「ブブロン村」。この村は“フランスの最も美しい村”に認定されており、メルヘンチックで可愛い場所!と人気を集めています。

雑誌“フィガロ ジャパン”の表紙も飾った、絵本のように可愛い村と、この地方ならではのグルメを堪能しに出かけてみませんか?

人口200人の小さな村

人口200人の小さな村

写真:道明寺 彩希

地図を見る

人口わずか200人の小さな村の正式名称は、「ブブロン アン ノージュ(Beuvron en Auge)」。“フランスで最も美しい村”に認定されており、そのことはアメリカの雑誌「リーダーズ ダイジェスト(Reader’s Digest)」社が発行する本にも記されています。そのため世界中の観光客がこの村を訪れ、「ブブロン村」の愛称で親しまれています。

人口200人の小さな村

写真:道明寺 彩希

地図を見る

この村の多くの家が「コロンバージュ(colombages)」と呼ばれるノルマンディー地方特有の木骨造りの家になっています。「17世紀の屋敷(Manoir du 17 siecle)」と名前が付けられている写真の建物は、歴史建造物に認定されています。

村の大きさは、端から端まで10分もあれば歩けてしまうような本当に小さな面積。建物のみならず村の規模までが可愛いサイズで、街の隅々まで観光が可能です。

この村を繫栄に導いた村長の努力

この村を繫栄に導いた村長の努力

写真:道明寺 彩希

地図を見る

かつて畜産で潤っていた村は鉄道の廃線とともに過疎化し、一時衰退していました。しかし、1970年代半ばに当時の村長が村おこしのため観光客の誘致を図り、木骨造りの館を別の村から移築したことがきっかけで、現在のような絵本のような村へとかわっていきました。

この村を繫栄に導いた村長の努力

写真:道明寺 彩希

地図を見る

先見の明があった村長は、移築した建物内部に観光案内所とグルメレストランを設けました。そのレストランの名前は「パヴェ ドージュ(Pave d’Auge)」。現在はミシュランの一つ星を獲得しています。

花あふれる美しい村は永遠

花あふれる美しい村は永遠

写真:道明寺 彩希

地図を見る

また、村長は保存協会と連携しながら村を季節の花々で飾る努力にも力を注ぎました。そのためこの村は「花の村(Village Fleuri)」としても認定されています。

花あふれる美しい村は永遠

写真:道明寺 彩希

地図を見る

懐かしき良き時代の面影を現在も残している村「ブブロン」。1970年代の半ばに当時の村長が願った村おこしの信念は現在での引き継がれており、住人の家々や庭先を目にすると、これから先もずっと美しい村は継続していくのだということを確信させてくれます。

村で最も有名な生活雑貨屋さん

村で最も有名な生活雑貨屋さん

写真:道明寺 彩希

地図を見る

以前は日本人にはなじみの薄かったこの村ですが、2009年12月に雑誌「フィガロ ジャパン」の表紙を飾るや否やいきなり脚光を浴びるようになりました。表紙になったお店の名前は「エピセリエ デ ブブロン アン ノージュ(Epicerie de Beuvron en Auge)」。

内部は生活雑貨屋さんで、パリでは手に入らなそうな素朴なお土産が手に入ります。またここでは、地元の名産のリンゴを使用したアルコール類やお菓子なども購入することが可能です。

<エピセリエ デ ブブロン アン ノージュの基本情報>
住所:11 D49 14430 Beuvron-en-Auge
電話:+33‐2−3179‐2328

是非味わっていただきたい特産品の数々

是非味わっていただきたい特産品の数々

提供元:Pixabay

http://pixabay.com

ノルマンディ地方はリンゴの栽培が盛んで、そのリンゴから作るお酒が名産。アルコールのパーセンテージ別にいろんな種類のお酒が造られ、3パーセント「シードル(Cidre)」、6パーセント「ビール(Biere a la pomme)」、13パーセント「ワイン(Vin)」、40〜45パーセント「カルバドス(Calvados)」と、いろんなバリエーションが楽しめます。

また、この地方だけで作られるクレープ生地に包まれたリンゴのケーキ名「ブブロン(Beuvron)」は絶対に食べていただきたいレアなスイーツ。お土産にはこの村でしか買えない、添加物無添加の地元の素材だけで作った「生キャラメル(Caramels)」もおススメです。

ブブロン村ツーリストインフォメーションの基本情報

住所:6 Avenue de la Gare 14430 Beuvron-en-Auge
電話:+33‐231−630‐887
営業時間:不定期

村へのアクセス:車でのアクセスは、シードル街道D49を利用。
パリから212キロメートル。約2時間30分。
世界遺産モンサンミッシェルへ向う道中のハイウェイ付近に位置するので、ブブロン村へ寄るモンサンミッシェル行きバスツアー(フランス国内の旅行代理店でも申し込み可能)を利用するのが便利。

※2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ