「YUI 旅と 暮らしと」が神戸から伝える優雅なバス旅「真結」の世界

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「YUI 旅と 暮らしと」が神戸から伝える優雅なバス旅「真結」の世界

「YUI 旅と 暮らしと」が神戸から伝える優雅なバス旅「真結」の世界

更新日:2018/05/23 17:46

塚本 隆司のプロフィール写真 塚本 隆司 ぼっち旅ライター

「YUI 旅と 暮らしと」は、非日常の“旅”と日常の“暮らし“がひとつになった店。神姫バスツアーズのツアーブランド「真結(ゆい)」の世界観をベースにしたコンセプトショップだ。2017年10月、神戸市三宮にオープンした。
「真結」の旅の案内や会員との交流の場になるツアーデスクと本物志向の暮らしのアイテムがそろったセレクトショップからなる。優雅な旅への憧れを駆り立ててくれる、他にはない空間なのだ。

神姫バスツアーズの「真結」ってどんな旅

神姫バスツアーズのツアーブランド「真結」が誕生したのは2016年10月。“いまだかつてないバス旅”をテーマにした上質を求めるツアーだ。
「真結(ゆい)」の名は、風呂敷の結び方「真結び(まむすび)」に由来する。お客様と観光地を結ぶ役割を担うことと、しっかり結べて解けにくいが優しくほどけることから「安全に運べる」という意味を込めて名付けられた。

上質を求める旅の足となるのが、特別仕様車両「ゆいプリマ」。見るからに豪華そうな車両だ。デザインは九州旅客鉄道のクルーズトレイン「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭治。制作には各分野におけるプロ集団の技術が結集され誕生したというから納得だ。
鏡のように輝く濃紺のボディーを見れば「乗ってみたい」と思うはず。

神姫バスツアーズの「真結」ってどんな旅

写真:塚本 隆司

地図を見る
神姫バスツアーズの「真結」ってどんな旅

写真:塚本 隆司

地図を見る

高級感が漂う車内。床や天井から木のぬくもりが伝わってくる。1名掛けと2名掛けのシートが6列に配置され、パーソナルスペースを保つ18人乗り。
ラグジュアリーな車内でシートに深く腰をかけると、やさしく包まれているかのような安心感があり、外に目をやれば空の広いこと。大きな窓が、旅先の風景をダイナミックに見せてくれる。

神姫バスツアーズの「真結」ってどんな旅

写真:塚本 隆司

地図を見る

座席には、収納ポケットが4つ。これなら、スマホや眼鏡など小さなものも入れやすい。足元にはバッグが置ける台も。床に直接置かなくてもいいのはうれしい。テーブルはコンパクトながらも広く、食事もゆったりできる。
後部にはサービスコーナー。ビールや神戸の有名店「御影ダンケ」のバターブレンドコーヒーなどがドリンクフリーだ。もちろん、洗面台やシャワートイレも完備している。

現在運行している「ゆいプリマ」は2台で、写真は神戸らしいモダンな柄のモケットタイプ。シートには「蓮」「獅子」「唐草」の模様がデザインされている。もう1台は、姫路レザーを使った総革張りだ。

「ゆいプリマ」だけでも優雅な旅ができるが、サービスとツアーも上質の「真結」。少人数なので、同行するアテンダントのおもてなしも細やかで、一人旅でも安心だとリピーターも多い。
内容も経験豊富なプランナーがよりすぐった自慢のツアー。「“本物”=“高級”ではなく質素な中にも“本物”を追求した、日本の”真の”贅沢に出会える旅」なのだ。

「真結」の世界が神戸三宮にオープン「YUI 旅と 暮らしと」

「真結」のツアーが “いまだかつてないバス旅”を提供しているとはいえ、旅は行ってみなければ分からない。どんなところだろうと期待する反面、不安がつきまとうもの。
2017年10月25日にオープンした「YUI 旅と 暮らしと」には、そんな不安に応えてくれる「ゆい ツアーデスク」がある。

店の顔ともいえる入口の組み格子は「ななつ星in九州」や「ゆいプリマ」のデザインを手掛けた水戸岡鋭治。高級感があり、見るからに良いものがありそうな店構えだ。
店内は「ゆいプリマ」を思わせる、ぬくもりのある空間としてデザインされている。

「真結」の世界が神戸三宮にオープン「YUI 旅と 暮らしと」

写真:塚本 隆司

地図を見る
「真結」の世界が神戸三宮にオープン「YUI 旅と 暮らしと」

写真:塚本 隆司

地図を見る

店内のツアーデスク前には「真結」ツアーに関連する商品がならんでいる。旅先で出会えるモノやコトに関連する逸品を、ツアーを選ぶ前に手に取り感じられる。その上で専属スタッフからツアーの話を聞けば、旅のイメージも分かりやすく自分好みの旅を納得して選べるのだ。

また、「真結」の旅に参加した人が入れる「ゆいクラブ会員」の交流の場でもある。旅で知り合った人が一生の友達になるような、そんな出会いがここでも生まれる。

セレクトショップ「ゆい リビングス」で暮らしの逸品を

セレクトショップ「ゆい リビングス」で暮らしの逸品を

写真:塚本 隆司

地図を見る

旅先でなにげに入った雑貨店で、お気に入りとなる商品に出会った経験はないだろうか?
そんな逸品を集めた店が「YUI 旅と 暮らしと」のもうひとつの目玉「ゆい リビングス」だ。高級なだけではない、本物との出会いがここにはある。

もともとこの場所には、雑誌「クロワッサン」から生まれた生活雑貨店「クロワッサンの店」があった。1983(昭和58)年の開業以来、震災を乗り越え30年以上に渡って神戸の人たちに愛され続けた店だ。
「ゆい リビングス」のオープンのため「クロワッサンの店」を閉じた際には、涙を流して悲しんだ人もいたとか。「ゆい リビングス」は、その流れを引き継いでいる。

セレクトショップ「ゆい リビングス」で暮らしの逸品を

写真:塚本 隆司

地図を見る

良いものに触れる喜びを感じて欲しいと、地に足の付いた暮らしの品々がそろっている。
「クロワッサンの店」の時から愛されてきた商品に加え、新たに「真結」ブランドとして伝統を守りながら挑戦を続ける日本が誇る職人技の逸品がならぶ。
ラインナップは、鍋や皿、タワシなどのキッチン用品から手拭いやタオルなどの生活用品、ご祝儀袋やポチ袋など幅広く、同じタイプの品がいくつも並ぶような店ではなく、オススメしたい商品が明確でわかりやすい。
地元兵庫の商品もあるが、どこにでも売っているような品物ではない。日本全国から集められた品々を見ていると、ちょっとした旅気分も味わえるから不思議だ。

セレクトショップ「ゆい リビングス」で暮らしの逸品を

写真:塚本 隆司

地図を見る

「YUI 旅と 暮らしと」の基本情報

「YUI 旅と 暮らしと」は、一見相反する非日常の“旅”と日常である“暮らし”を人が結びつける場所。いまだかつてないバス旅の案内と日常の生活の中に感じる旅や各地への想いがひとつになっている。

正直「真結」は上質なツアーだけにちょっと高額。でも「いつもよりちょっと優雅に旅をしたい」「お世話になっている人へ特別な旅をプレゼントしたい」「喜んでもらえる良い品を探したい」そんな気持ちに応えてくれる。「YUI 旅と 暮らしと」は、いつもとは違う何かが見つかる店なのだ。

YUI 旅と 暮らしと
住所:神戸市中央区三宮町2−10−7 グレースコウベビル1階
電話番号:ゆい ツアーデスク 078-381-8900、ゆい リビングス 078-381-8780
アクセス:JR神戸線三宮駅から徒歩7分、元町駅から徒歩6分
営業時間:ゆい ツアーデスク 10時30分〜18時、ゆい リビングス 10時30分〜19時30分
定休日:ゆい ツアーデスクは年末年始、ゆい リビングスは年始

取材協力:神姫バスツアーズ株式会社

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -