赤ちゃんパンダに会う旅の拠点に!「成都ウォルドルフ・アストリア・ホテル」

| 中国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

赤ちゃんパンダに会う旅の拠点に!「成都ウォルドルフ・アストリア・ホテル」

赤ちゃんパンダに会う旅の拠点に!「成都ウォルドルフ・アストリア・ホテル」

更新日:2017/11/13 19:38

渡辺 裕希子のプロフィール写真 渡辺 裕希子

中国の成都といえば、パンダ好きにはたまらないパラダイス! 生まれたばかりの赤ちゃんパンダがゴロゴロと寝そべる姿や、自然の中でのびのびと遊ぶ姿を、行列に並ぶことなく間近で見ることができます。そんな成都に2017年夏、ヒルトンファミリーの最上級ブランド「ウォルドルフ・アストリア(Waldorf Astoria)」が誕生! 52階建てのモダンなホテルは、街のランドマークとなっています。

東京から5時間で行けるパンダ・パラダイス

東京から5時間で行けるパンダ・パラダイス

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

東京・成田空港から直行便があり、約5時間で行ける成都。観光の目玉は、やはりパンダです。ジャイアントパンダの繁殖に努めている「成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地」には、柵のない広い園内で生き生きと暮らすパンダがあちらこちらに! 秋から冬にかけては、産まれて間もない赤ちゃんパンダに会えるチャンスもあるんです。

もうひとつ、忘れてはならないのが本場の四川料理。麻婆豆腐や坦々麺、火鍋など、唐辛子や山椒をたっぷり効かせた料理はしびれるほどの辛さですが、同時に奥深い旨味も楽しめます。上海や北京に続く中国の観光地として注目の大都市・成都。まだまだ日本人観光客の姿が少ない、穴場なんです。

日本未上陸!憧れの最上級ホテルブランド

日本未上陸!憧れの最上級ホテルブランド

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

パンダ観光の拠点としてオススメなのが、「成都ウォルドルフ・アストリア・ホテル」。ウォルドルフ・アストリアといえば、あのヒルトン・ファミリーの最上級ブランドで、かつてマリリン・モンローが居住していたことでも知られる伝説のホテル。まだ日本に上陸していない(2020年東京に開業予定)超高級ホテルグループのサービスを、中国・成都でひと足早く体験できるんです。成都の伝統を取り入れたデザインの客室は全室50平米以上で、スタンダードクラスでも余裕の広さ。カプセル式のコーヒーマシンも備えられ、観光の前後にはソファでゆったりとくつろげます。

日本未上陸!憧れの最上級ホテルブランド

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

テレビモニター付きのお風呂は、引き戸式の扉で寝室とつながったビューバスタイプ。広々とした独立シャワーブースやダブルシンクの洗面台もあり、カップルや家族連れでもプライバシーが確保されます。シャンプーや石鹸などのアメニティはフェラガモで統一され、何もかもが豪華です。

坦々麺はもちろん、フレッシュジュースも名物に!

坦々麺はもちろん、フレッシュジュースも名物に!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

49階にあるオールデイダイニング「Brasserie99」では、朝食、ランチ共にビュッフェスタイルの料理が楽しめます。目の前で作られる坦々麺や、ウォルドルフ・アストリア発祥との説があるエッグベネディクトに加え、おかゆや点心など種類豊富。数日間滞在しても、飽きずに楽しめます。

グルメ三昧の成都で胃が疲れた時に、ぜひおすすめしたいのは朝食のフレッシュジュース。瓶入りのジュースは、スイカやキュウリ、オレンジなどの種類がありどれも甘さ控えめで潤いたっぷり。ついお代わりしたくなる味です。

坦々麺はもちろん、フレッシュジュースも名物に!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

ランチタイムのブッフェでは、好きなシーフードを選ぶとその場で調理してくれるサービスもあります。大きなセイロでエビやホタテを蒸し、そのままテーブルへ。タレは醤油や唐辛子などを使って自分で調整できるので、好みの味付けでいただけますよ。

四川とは思えない?本格スイーツで優雅にアフタヌーンティー

四川とは思えない?本格スイーツで優雅にアフタヌーンティー

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

成都といえば四川料理が有名ですが、ホテル内ではヨーロッパのようなスイーツライフも楽しめます。ロビーバー「レッドヴェルヴェット」でいただけるのは、英国スタイルのアフタヌーンティー。ちょっぴりスパイシーなガスパチョやホテルのロゴをあしらっな甘いケーキが、花のように美しくデコレーションされています。ピアノの生演奏に耳を傾けながら、会話を楽しんだり物思いに耽ったり。優雅な時間が流れていきます。

成都を見下ろすプールでリゾート気分

成都を見下ろすプールでリゾート気分

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

こちらは、宿泊者が無料で利用できるプール。デッキチェアに寝そべって、つかの間のリゾート気分に浸るのもいいですね。大きな窓の向こうに広がるのは、開発真っ只中にある成都の町並み。24時間利用できるフィットネスセンターもあり、こちらでも成都を見下ろしながらエクササイズが楽しめます。

パンダだけじゃない!成都の楽しみが増える超高級ホテル

成都の空港や公園にはパンダのオブジェが並び、街中でパンダグッズが売られるなど、どこもかしこもパンダだらけ。成都を訪れる際は、誰もが羨む超高級ホテルでのゴージャスライフも、同時に楽しんでみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/22−2017/10/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ