桜島を望みながら温泉三昧!鹿児島・霧島観光ホテル

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

桜島を望みながら温泉三昧!鹿児島・霧島観光ホテル

桜島を望みながら温泉三昧!鹿児島・霧島観光ホテル

更新日:2017/11/30 18:24

瀬田 エリーのプロフィール写真 瀬田 エリー 親子旅インフルエンサー、ホテルステイ研究家

鹿児島県・霧島温泉郷は、山々の緑のすき間から昇る真っ白な湯けむりが情緒たっぷりの人気の温泉地です。その中で厳かにたたずむ「霧島観光ホテル」は、桜島や霧島連山が見渡せる展望大浴場や露天風呂、そして多様なスタイルの客室や充実した施設が魅力のホテル。温泉リゾートステイがたっぷりと楽しめる「霧島観光ホテル」をご紹介します。

巨大なスピリチュアルリゾートホテル

霧島温泉郷は、日本有数の火山地帯であり良質な湯に恵まれた人気の温泉地。周辺にはパワースポットである霧島神宮や高原レジャーを楽しめる施設も多く、鹿児島県を代表する人気の観光スポットの一つです。

霧島温泉郷に向かって車を走らせると、霧島の山々のすき間から昇る真っ白な湯けむりがあちこちに見られ、まさに温泉に来たという気分があがります。

そんな雄大な自然に囲まれた霧島観光ホテルは、南館、中央館、北館の3つの建物からなる大きなホテル。エントランスを入ると白を基調としたインテリアと天井の高いロビーが、一層開放的な気分にさせてくれます。

巨大なスピリチュアルリゾートホテル

写真:瀬田 エリー

地図を見る

自慢の展望温泉

最大の魅力は、もちろん温泉。

・霧島唯一桜島を望む展望大浴場
・2つのジャグジー付き露天風呂
・2つの貸し切り露天風呂
・薩摩焼酎や桜島を楽しみながら入れる足湯
・源泉の蒸気を使用した源泉蒸し風呂

と、とにかく多彩な温泉の数々があります。源泉は300年の歴史があり、またその泉質の良さから代々の藩主が愛用し「薩摩の殿湯」と呼ばれたそうです。
かけ流しで、色は無色透明〜ほのかな乳白色。さらりとしたお湯は、神経痛・リュウマチ・女性の美容美肌などに効くとされているそう。

中央館の最上階にある展望大浴場の大きな窓からは、霧島の広大で豊かな自然が広がり、天気の良い日には錦江湾や噴煙がたなびく桜島を眺める事ができます。

自慢の展望温泉

提供元:霧島観光ホテル

展望大浴場の出入口の前には、クッションやテーブルが置かれた畳のリラックススペースがあり、こちらからの眺望も抜群。特に日暮れ前と朝がおすすめです。

自慢の展望温泉

写真:瀬田 エリー

地図を見る

落ち着きのある多彩な客室

由緒ある特別室、温泉かけ流しの露天風呂付モダン和室、洋室、和洋室など、様々なタイプの客室があり、幅広い世代や大人数での宿泊も可能です。
南館からは主に錦江湾や桜島を、北館からは温泉郷や霧島高原の自然を眺めることができます。予約の際にぜひ眺望もチェックしてみてください。

落ち着きのある多彩な客室

提供元:霧島観光ホテル

地図を見る

写真は、一室しかない特別室。和室とリビング、ツイン洋室で構成された広々とした客室で、窓辺にはなんとマッサージチェアも。

こちらはかつて皇太子様が霧島をご訪問された際、ご休憩されたことのある由緒あるお部屋だそうです。大きなソファやおしゃれな照明などのインテリアも、モダンでリラックスできる空間です。

落ち着きのある多彩な客室

写真:瀬田 エリー

地図を見る

館内散策も楽しめる!足湯や焼酎セラー

館内散策も楽しめる!足湯や焼酎セラー

写真:瀬田 エリー

地図を見る

先ほどご紹介した温泉の一つ、足湯は、ロビーのある中央館から南館への連絡通路の途中にあります。ウッドデッキスペースになっており、薩摩焼酎をワンショットで堪能できるテーブル付き足湯や、奥に桜島の眺めを二人占めできるカップルペア足湯があります。デッキチェアやテーブル、椅子もあり、足湯だけでなくゲストのリラックススペースになっています。夜は照明も落とされて雰囲気も抜群です。

館内散策も楽しめる!足湯や焼酎セラー

写真:瀬田 エリー

地図を見る

中央館にあるロビーから階段を少し上った北館1階の売店横にある、焼酎セラーもこのホテルの自慢のスポット。鹿児島県内約115社の蔵元より180種類以上の薩摩焼酎が取り揃えられています。その圧巻の品揃えは、焼酎好きでなくとも目だけでも楽しめるスペース。有名な商品はもちろんのこと、地元のみで流通している珍しい銘柄も網羅されており、全ての商品をワンショット販売しています。店内にはテーブル席もあるので、温泉のあとに気軽に一杯楽しめるのも嬉しいですね。

鹿児島のグルメを楽しめる朝食バイキング

鹿児島のグルメを楽しめる朝食バイキング

写真:瀬田 エリー

地図を見る

旬の地元の食材と、郷土料理を楽しめる朝食バイキングは、有名予約サイトで鹿児島県5位に選ばれたことのある人気のバイキングです。

鹿児島のグルメを楽しめる朝食バイキング

写真:瀬田 エリー

地図を見る

鹿児島の名産であるカツオのお刺身やきびなごをはじめ、鶏肉とさつまいも、季節の地野菜をふんだんにつかった郷土料理"さつま汁"、揚げた姿ガニ(鹿児島弁でがね)に似ていることからそう呼ばれている"ガネ"(さつまいものかき揚げ)、もち米を竹の皮で包み灰汁(あく)で炊いて作る、西郷どんも食したとされる薩摩のお菓子"あくまき"など、どれも素朴ながらも旨味が口のなかに広がる、深い味わいの料理が約35種も並んでいます。

鹿児島のグルメを楽しめる朝食バイキング

写真:瀬田 エリー

地図を見る

奄美大島の伝統料理"鶏飯(けいはん)"は、自分で好みの具材をご飯にのせだし汁をかけて食べるもので、朝ご飯の締めにぴったりです!

さらに多彩な客室がオープン

ホテル内には愛犬と泊まれるフロアや、ロフトベットのある北欧テイストの客室も新たにオープン。
旅のスタイルに合った客室を選んで、ゆったり温泉三昧のホテルステイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -