世界一危険!?猛獣とふれあえるアルゼンチン「ルハン動物園」

世界一危険!?猛獣とふれあえるアルゼンチン「ルハン動物園」

更新日:2017/11/16 18:22

日本の裏側、アルゼンチンに「世界一危険な動物園」と言われる動物園があります。なんと!そこではトラやライオンの成獣のオリの中に入り、直接ふれあうことができるのです。そのため現地にとどまらず各国から多くの観光客が訪れ、猛獣のオリの前には順番待ちの行列ができるほどの人気です。

今回はそんな話題の動物園をご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

絶滅危惧種のベンガルトラに触れる!

絶滅危惧種のベンガルトラに触れる!
地図を見る

ルハン動物園で人気の猛獣はライオン、トラ、ピューマ、クマなどがおり、中でも直接ふれあうことができるライオンやトラのブースは、行列ができるほどの人気です。そしてここではベンガルトラのオリへ入り、触れるだけでなくミルクをあげることができるのです。

密猟や環境破壊による生息域の減少により、絶滅危惧種に指定されたベンガルトラは攻撃力が高く、クマやゾウなどと戦っても勝つといわれています。そんな猛獣となぜふれあうことができるのでしょうか。

絶滅危惧種のベンガルトラに触れる!
地図を見る

猛獣とふれあえる理由、それはしつけにあります。ルハン動物園では野生のトラやライオンはおらず、産まれた時から人間に育てられます。さらに人間に従う犬と一緒に育てることで人間への接し方を学び、「トラやライオンは自分たちを犬だと思いこんでいる」と言うスタッフさんもいます。

それでもやはり猛獣。オリへ入ってふれあう時は、触ってもいい場所、立ってもいい場所などスタッフさんの指示に従いながらふれあいましょう。オリの中での写真撮影は、カメラを渡してスタッフさんにお願いすることもでき、時間内であれば自分で撮ることもできます。

希少種!ホワイトタイガーも見られる!

希少種!ホワイトタイガーも見られる!
地図を見る

ルハン動物園では、現在世界に200頭ほどしかいないと言われているベンガルトラの白変種「ホワイトタイガー」も見ることができます。アルビノとは異なる白化型で、美しい青い目を持っています。

夜行性の動物のため眠っている姿を目にすることが多いのですが、運がよければホワイトタイガーに触れることもできます。

動物たちの様子やタイミングによっては、ふれあうことができない時期もあるので、その時はそっとオリの外から見守りましょう。

猛獣とふれあいたい!でも怖い!そんな時は…

猛獣とふれあいたい!でも怖い!そんな時は…
地図を見る

ふれあえる動物園とはいえ、やはり怖いものは怖い。そんな方におすすめなのが、オリごしに見学ができる場所です。ここでは数頭のベンガルトラやホワイトタイガーのオリの外から、穴を通してお肉をあげることができます。小さなお子様や、触るのはちょっと…という方におすすめです。

猛獣とふれあいたい!でも怖い!そんな時は…
地図を見る

オリごしとはいえ、間近で見る猛獣はやはり迫力!写真も安心して撮ることができます。

猛獣とふれあいたい!でも怖い!そんな時は…
地図を見る

またライオンのオリはよく見える場所にあるので、外側から撮影をすることも可能です。ライオン、トラのブースは休日ともなればかなりの混雑で、1時間以上待つこともあります。どちらも触りたい!という方は開園時間に合わせて行くことをおすすめします。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

いろんな動物にふれあおう!

いろんな動物にふれあおう!
地図を見る

ルハン動物園では、猛獣以外でも様々な種類の動物とふれあうことができます。ゾウのブースではスタッフさんがいれば食事を与えることができ、一緒に記念撮影もしてくれます。

いろんな動物にふれあおう!
地図を見る

園内はアヒル、ネコ、リャマ、アルパカなど様々な動物が自由に歩き回り、共存しています。色鮮やかな鳥類ゾーン、オリエンタルな爬虫類ゾーン、ほっこりとしたヤギ、羊ゾーンなど、1日では見きれないほど多種多様な動物たちが園内にいるのです。

また、ルハン動物園では生物多様性の保全を教えることを目的に、8歳から15歳までの子どもたちに、1日かけての作業体験の場を与えています。自然保護や生物多様性への意識を高めることを重要視しており、動物園を訪れることでその意識の高さを感じることができます。

猛獣とふれあえるため「世界一危険な動物園」として有名ではありますが、その実状はとてもしっかりとしています。他ではできないスリリングで貴重な体験を、是非楽しんでください。

ルハン動物園の基本情報

住所:Acceso Oeste Km 58, 6700 Luján, Buenos Aires,
電話番号:+54 2323-43-5738
アクセス:ブエノスアイレス・プラザイタリア駅より57番バスで約2時間。
入園料:外国人料金500ARS

2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -