台北駅から15分!名園、茶芸館、夜市と「板橋」で台湾いいとこ取り

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台北駅から15分!名園、茶芸館、夜市と「板橋」で台湾いいとこ取り

台北駅から15分!名園、茶芸館、夜市と「板橋」で台湾いいとこ取り

更新日:2019/09/15 20:22

吉川 なおのプロフィール写真 吉川 なお 台湾在住ライター、元旅行会社勤務の旅行マニア
旅に出たらその土地ならでは食や文化に触れるのは大きな楽しみのひとつ。台湾を訪れたら、茶芸館、夜市は外せないスポットで、滞在中に無駄なく効率よく巡りたいですよね。
今回ご紹介する「板橋」は、台北駅からMRT板南線で15分のアクセスの良さに加え、そのうちの2つを同時に体験でき、おまけに美しい中国式庭園も見れるという1回で3度おいしいスポット。板橋で台湾のいいとこ取りをしちゃいましょう!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

水墨画の趣きの中国式庭園

水墨画の趣きの中国式庭園

写真:吉川 なお

地図を見る

板橋は清朝時代より台北西隣りの商業地として発展しました。もともとの地名は「枋橋」で、日本統治時代に「板橋」に改められて現在に至っています。

板橋で最も有名な旧跡が、MRT府中駅から徒歩8分の街の中にある「林本源園邸」です。地元の豪商、林家が清朝後期に建造した中国式庭園で、細部のデザインに気を配った造りが19世紀台湾の最高の建築物として評価されています。

水墨画の趣きの中国式庭園

写真:吉川 なお

地図を見る

広大な敷地内には住居や書斎、来客のための宿泊施設、宴会場など、中国式のさまざまな趣のある建物が点在しています。3カ所ある池のうち、最も大きい榕蔭大池の周囲には築山やあずまやを並べて林家の故郷、福建省の山水を再現。水墨画の世界にタイムスリップした気分を味わえます。

<基本情報>
住所:新北市板橋区西門街9号
電話番号:+886-2-8787-1066
アクセス:MRT府中駅から徒歩10分
営業時間:9:00〜17:00(金曜日は19時まで延長)

鯉を眺めながらティータイム

鯉を眺めながらティータイム

写真:吉川 なお

地図を見る

林本源園邸を散策してちょっと足を休めたいと思ったら、板橋を代表する茶芸館の「逸馨園書香茶坊」へ。林本源園邸から南側に徒歩8分の場所にあります。

鯉を眺めながらティータイム

写真:吉川 なお

地図を見る

台北市内ではこじんまりとした茶芸館が多いのに比べ、逸馨園は約600坪の広い敷地に60以上の個室を持つ「大型店」です。江南風の造りで、中庭の池の周りを木造の建物で囲っているのは、まるで料亭のよう。一部屋ずつ仕切られたレトロな雰囲気の個室でお茶や料理をいただきます。

鯉を眺めながらティータイム

写真:吉川 なお

地図を見る

窓のすぐ下の池で鮮やかな色の鯉が泳いでいるのが何とも風情があります。高山烏龍茶、金萱茶、鉄観音といった定番の台湾茶を、お茶請けをつまみつつゆったりと楽しめるのはもちろん、定食や鍋など料理も充実しているのがうれしいところ。セットメニューは360元からで、メニューは日本語でも書かれています。お店の人によると、最も人気のあるメニューは「和風うなぎ飯」なのだそうです。

<基本情報>
住所:新北市南雅東路45号
電話番号:+886-2-2965-8080
アクセス:MRT府中駅から徒歩9分
営業時間:11:00〜23:00(月曜日は定休日)

生活密着の南雅夜市

生活密着の南雅夜市

写真:吉川 なお

地図を見る

逸馨園で一服した後は、夜市を散策しましょう。板橋最大の夜市「板橋南雅観光夜市」は、逸馨園が面する南雅東路に広がっています。道脇の飲食店や衣類店の前に屋台200軒が立ち並ぶこの夜市を歩くのはほとんど台湾人ばかりで、外国人の姿はあまり見かけません。地元の台湾人が食事を取ったり、生活雑貨を買ったりする暮らしに密着した夜市で、観光夜市という名前ながら観光地化されていないところが魅力です。

台湾風かき氷やタピオカミルクティーといった観光客に人気のメニューを楽しめるのはもちろん、地元住民の利用がほとんどのため、食事がとても充実しているんです。

生活密着の南雅夜市

写真:吉川 なお

地図を見る

行列ができる屋台として有名な「高雄旗魚黒輪」は、カジキのすり身と鶏卵を合わせた串揚げで、お好みによって甘味ソースや、わさびソースを塗っていただきます。一口食べると、口の中に香ばしい風味が広がります。お値段は1本15元と手頃で、10本、20本とまとめて買っていくお客も少なくありません。

生活密着の南雅夜市

写真:吉川 なお

地図を見る

「カ仔之家(カは虫へんに可)」も台湾産の小ぶりなカキを使う大衆料理の人気店です。有名な台湾風カキオムレツ「オアチェン」が食べられるのはもちろん、看板メニューの「カキ麺」は、油そばに「これでもか」という大量のカキが乗って出てきます。カキ好きにはたまりません。旅の途中で、元気を取り戻したいときに食べてみたい料理ですね。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

台湾の魅力が詰まった街

台湾の人たちの生活の息吹がする小さなエリアの中に、食や文化の魅力がぎゅっと詰まった板橋の街。その楽しさを感じに、あなたも台北からちょっと足を伸ばしてみませんか?

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/30−2018/09/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -