日本史の闇も眠る!?世界文化遺産・京都「宇治上神社」

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日本史の闇も眠る!?世界文化遺産・京都「宇治上神社」

日本史の闇も眠る!?世界文化遺産・京都「宇治上神社」

更新日:2017/11/22 18:03

花月 菊乃のプロフィール写真 花月 菊乃 地域文化・民俗文化リサーチャー、グラフィックデザイナー、旅行ライター

京都、宇治市にある宇治上神社は日本最古の神社建築と言われる本殿と寝殿造の珍しい貴族住宅風の拝殿を持つ神社です。お祀りされている兎道稚郎子命(うじのわきのいらつこ)にまつわる美談には、日本史のある闇が隠されているとか。
建築物の魅力だけでなく、そこにお祀りされている兎道稚郎子命(うじのわきのいらつこ)、見逃せないご利益、パワースポットについてご紹介します。

日本最古の神社建物とご祭神

日本最古の神社建物とご祭神

提供元:京都の無料写真素材

http://photo53.com/ujigamijinja1.php地図を見る

宇治上神社の起源は定かではないですが、平安時代(794〜1185)の901年に醍醐天皇が神託を受け創建されたと伝わります。1952年(昭和27年)に本殿と拝殿が国宝に、1994年(平成6年)には世界文化遺産に登録されました。境内の大きな建物は、拝殿と本殿。

日本最古の神社建物とご祭神

提供元:京都の無料写真素材

http://photo53.com/ujigamijinja1.php地図を見る

境内に入るとまず、拝殿が目に入ります。注目して欲しいのはその建築様式。拝殿は、鎌倉時代(1185〜1333)初期の造営で、寝殿造という平安時代(794〜1185)の貴族住宅の様式です。優雅な貴族住宅の雰囲気を伝える、珍しい拝殿です。

日本最古の神社建物とご祭神

写真:花月 菊乃

地図を見る

拝殿の背後が、本殿です。本殿は、平安時代(794〜1185)1060年頃のもので檜皮葺、日本最古の神社建築として知られています。

そこには、兎道稚郎子命(うじのわきのいらつこ)、応神(おうじん)天皇、仁徳天皇をお祀りしています。応神天皇は、兎道稚郎子命の父、仁徳天皇は、兎道稚郎子命の異母兄にあたります。兎道稚郎子命は古墳時代(250頃〜600末)、4世紀頃の皇子です。

兎道稚郎子命、美談に隠された闇

兎道稚郎子命、美談に隠された闇

写真:花月 菊乃

地図を見る

兎道稚郎子命は皇位を異母兄弟の仁徳天皇に譲り、自殺した心優しい皇子として伝わります。

兎道稚郎子命は、幼少の頃より聡明で学問に秀で、父、応神天皇に寵愛されていました。応神天皇は、兎道稚郎子命を後継者とします。
兎道稚郎子命には、他にも大山守命(おおやまもりのみこと)という異母兄がいました。大山守命は皇位を奪うため、兎道稚郎子命の暗殺を企てます。

これを知った後の仁徳天皇、大雀命(おおさざきのみこと)は、兎道稚郎子命に大山守命の企てを密告し、兵を整えて宇治を守らせました。宇治にやってきた大山守命は、川を渡ろうとしますが潜んでいた兎道稚郎子命の兵に撃たれ、宇治川に沈められ絶命します。

その後、兎道稚郎子命と大雀命はお互いに皇位を譲り合い、最後には兎道稚郎子命は兄に皇位を譲るため自殺することで、大雀命は仁徳天皇になりました。

兎道稚郎子命、美談に隠された闇

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com地図を見る

美談として伝わる話ですが、おかしな点がいくつかあり、実は兎道稚郎子命は仁徳天皇により殺害されたのでは?という説があります。

1.兎道稚郎子命の死は、奈良時代(710〜794)の2つの歴史書で記述に違いがある。日本書紀(日本初の勅撰の歴史書・720年成立)には自殺、古事記(712年成立)では病死とされる。

2.兎道稚郎子命が皇位を兄に譲るのは、儒教の教えと長子相続にこだわったためと説明されるが、当時、長子相続の風習はなく、年齢の若い方が統治期間が長くなるので好まれる傾向があった。

3.なぜ、兎道稚郎子命は長子にこだわるのに、応神天皇に指名された際に、辞退せず大山守命を殺したのか。

真実は分かりませんが、仁徳天皇は初めから皇位を兎道稚郎子命から奪う筋書きで、兎道稚郎子命を助けるように見せかけ、同じく皇位を狙う血気盛んな大山守命を亡きものにし、後に兎道稚郎子命を死に追い込んだとも考えられます。

境内のパワースポットとご利益

境内のパワースポットとご利益

写真:花月 菊乃

地図を見る

宇治上神社は祭神の兎道稚郎子命が学問に秀でていたことから、学業成就・合格祈願の神様として信仰されています。

本殿の前にある2つの円錐形の砂山は、清め砂です。この砂は、毎年9月1日の八朔祭に氏子が奉納した砂を祝詞をあげてお祓いしたもので、1年盛られた後に境内のお清めに使われます。

この砂は、土地の神様を鎮める効果があるとされ、地鎮祭のお清めだけでなく、転居や開店の際には入り口にまき清めることで、邪霊の侵入を防ぐことができると言われています。このお清めの砂は授与所で購入することができます。

境内のパワースポットとご利益

写真:花月 菊乃

地図を見る

境内には岩神さんと呼ばれる巨石があります。別名、天降石とも呼ばれ、天から降ってきたともいう不思議な石です。
岩神さんの上には、たくさんの小石が。この巨石の上に小石を乗せて落ちなければ、願い事が叶うと言われ、満願成就のご利益があると信じられています。

境内のパワースポットとご利益

写真:花月 菊乃

地図を見る

宇治上神社には、樹齢なんと330年以上という立派なケヤキの木があります。この木は宇治市の名木100選に選ばれています。
他にも境内の湧き水、桐原水は唯一現存する宇治七名水の一つです。

宇治上神社は、兎道稚郎子命の離宮跡に建てられたと言われます。
宇治川のおおらかな川の流れを見ていると、かつてここが皇位継承争いの舞台であったことを忘れさせてしまいます。宇治上神社の本殿は、日本最古の神社建築として知られますが、そこに祀られている皇子の物語を知るにつれ、宇治の風景もまた違ったもののように見えてきます。

宇治というと平等院がクローズアップされがちですが、宇治上神社は宇治の歴史を知る上でも欠かせない、ゆかりのある神社です。
平等院が建立されてからは、宇治神社とともに、その鎮守社として人々の信仰を集め、宇治の地に鎮座してきました。境内には、岩神さんなどユニークな石もお祀りされています。

兎道稚郎子命にあやかって、学業成就・満願成就祈願に、宇治の歴史とともに訪れてみてください。

宇治上神社基本情報

住所:京都府宇治市宇治山田59
電話番号:0774-21-4634
アクセス:京阪宇治線宇治駅から徒歩で10分
JR奈良線宇治駅から徒歩で15分

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ