サイパンの海でダイビング!マリアナブルーが味わえるスポット3選

| サイパン・北マリアナ諸島

| 旅の専門家がお届けする観光情報

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

サイパンの最大の魅力、それはやはり世界有数の透き通った海。そんな海を満喫できるのがダイビングなどのマリンアクティビティです。サイパンには初心者でも 安心なラウラウビーチや、海底洞窟が神秘的なグロットなど、ダイビングスポットも豊富。ダイビングをしたことがないという方でも、サイパンでなら最高のダイバーデビューを果たすことができること間違いなしです!ここではおすすめスポットを3つご紹介。(PR)

サイパンの海でダイビング、その魅力とは?

サイパンの海でダイビング、その魅力とは?

提供元:ブルー・パームス

http://www.blue-palms.com

北マリアナ諸島、サイパンでの人気のアクティビティといえば、やはりその透き通るマリアナブルーを満喫できるダイビングやシュノーケリングなどです。またお隣のロタ島やテニアン島も世界的に人気のダイビングスポットとなっています。

海の透明度がとても高く、美しい地形で有名なサイパン。海の生き物との遭遇率も高いので、深く潜ることができない初心者でも大満足の海中散歩を楽しめるのがマリアナブルーの素晴らしいところです。ダイビングをしたことがないという方でも、日本人インストラクターのいるショップもたくさんあるので安心して楽しむことができますよ。

また海中洞窟(サイパン・ロタ・テニアン)や沈船(サイパン・ロタ)もあるため、初心者だけではなく中級者以上でも満足のダイビングができること間違いなしです。

サイパンの海でダイビング、その魅力とは?

写真:岡本 大樹

地図を見る

ダイビングショップはいくつもありますが、「シュノーケリングとのセット」であったり「1本目はビーチで練習から始めて、2本目はボートからのダイブができる」という風に、ショップによっては扱っているツアーの種類が違っています。その内容に伴って料金も変わってくるので、公式サイトで確認して自分の希望するツアーのあるショップを選ぶようにしましょう。

なお、当日受け入れのショップもありますが、基本的には準備にも時間がかかり集合の連絡の取り合いなども大変で、他のお客さんの予約状況によっては断られることもあるため、事前に予約しておくことをオススメします。

サイパンの海でダイビング、その魅力とは?

提供元:マサダイブ

http://www.masadive-saipan.com

タイミングにもよりますが、小さな魚だけでなくウミガメなどの大物との遭遇率が高いのも北マリアナ諸島でダイビングをする魅力の一つです。初心者の体験ダイビングでも会える可能性がありますよ。

一度もダイビングをしたことがない方はダイビングが危険なものだと思われるかもしれませんが、ルールさえ守れば危険なアクティビティではありません。インストラクターの教えを守ってマリアナブルーを満喫してくださいね。

1.大物に出会えるかも!ラウラウビーチ

1.大物に出会えるかも!ラウラウビーチ

写真:岡本 大樹

地図を見る

では、ここからはサイパンの主要ダイビングスポットをご紹介します。まずはラウラウビーチから。

数あるダイビングスポットのなかでも、初心者にオススメなのがこちらのラウラウビーチ。

1.大物に出会えるかも!ラウラウビーチ

提供元:マサダイブ

http://www.masadive-saipan.com

ラウラウビーチには足が着くかなり浅いところからロープが張ってあり、そのロープを伝って少しずつ深く潜って行くことができます。そのため、最初はまず海中での動きに慣れるところから始められます。

前回からのブランクがあるという方も、こういった開始方法だと安心ですよね。

1.大物に出会えるかも!ラウラウビーチ

提供元:マサダイブ

http://www.masadive-saipan.com

ラウラウビーチは特に大物と出会える可能性が高い場所でもあります。初めてのダイビングでもアジの大群やウミガメを間近で見られるかも!ダイビング自体が特別な景色を楽しめるアクティビティではありますが、やはり大物に出会えた時の感動は一味違うものです。

こちらのビーチを潜りたい場合は、海流や地形などを熟知した地元のダイビングショップに申し込み、インストラクターに連れて行ってもらうのが一般的かつ安全です。どんなに腕前に自信があっても油断は禁物!

2.深い青が印象的なグロット

2.深い青が印象的なグロット

提供元:マリアナ政府観光局

https://japan.mymarianas.com

サイパン観光で最も人気のあるスポットはこちらのグロットでしょう。ダイビング目的ではなくとも、ほとんどの旅行客が訪れるスポットとなっています。

おそらくダイバーならその名前を一度は聞いたことがあるのでは、というくらい世界的にも有名なダイビングスポットでもあるグロット。中には海中洞窟がいくつもあり、外海と繋がっています。

2.深い青が印象的なグロット

提供元:マリアナ政府観光局

https://japan.mymarianas.com

外から入る日光が反射してグロットの中はまさに青の世界。

ただ、海中洞窟を通るためには深くまで潜る必要があるので、中級者以上用のダイビングスポットとなっています。

動画:岡本 大樹

地図を見る

中級者以上のダイビングスポットといっても、「初心者は潜れないの?」という心配はご無用。シュノーケリングでその世界を楽しむことができますよ。

この動画は実際にシュノーケルをしながら撮影したものですが、水面付近から見ても海中洞窟の迫力は凄まじく、一度見れば忘れられないくらいの深い青の世界を体験できます。

グロット訪問の際の注意点としては、駐車場から急勾配の階段を100段ほど降りないといけないという点。帰りはもちろん上りになるので、その分の体力は残した上で存分に楽しんでくださいね。

3.海水浴にも人気のオブジャンビーチ

3.海水浴にも人気のオブジャンビーチ

写真:岡本 大樹

地図を見る

オブジャンビーチはダイビングスポットでもありますが、通常の海水浴ができる場所として地元の方々にも人気の場所。

島の南部、空港の裏手にあるビーチで、状況によっては初心者ダイバーでも潜ることができますが、潮の流れが速い時もあるので注意が必要なスポットとなっています。

3.海水浴にも人気のオブジャンビーチ

写真:岡本 大樹

地図を見る

駐車場から海までもかなり近く、停めた車のフロントガラス越しに見えているほどです。

ビーチと駐車場との間は公園のようになっていて、地元の人がバーベキューなどを楽しんでいることも。

サイパン近隣のダイビングスポット

サイパン近隣のダイビングスポット

写真:岡本 大樹

地図を見る

最後にサイパンの近隣の島であるロタ・テニアンのダイビングに関してもご紹介しておきましょう。

ダイビングの人気スポットとしてはテニアンにもテニアングロットという海中洞窟があったり、ロタにはロタホールという世界中のダイバーが憧れるダイビングスポットもあります。

ロタホールは水深10メートルに大小の洞窟があり、4〜9月にはとても神秘的な太陽光が差し込むことでとても有名な場所。ダイバーの憧れの聖地と呼ばれるこのポイントはぜひ人生に一度は訪れてみてください。

サイパン近隣のダイビングスポット

提供元:ブルー・パームス

http://www.blue-palms.com

ロタやテニアンの海はサイパンよりも透明度が高いと言われているのが大きな特徴です。透明度が高すぎて、まるで空を飛んでいるような気分になれるので、サイパンでダイビングを好きになったならぜひこちらにも足を伸ばしてみましょう。

こちらの写真はロタ島の初級ダイビングスポットであるコーラルガーデンのもの。かなり広い範囲にサンゴ礁が広がっていて、魚の楽園のような場所にお邪魔することができますよ。

サイパンで海を満喫するなら?ダイビングしかないでしょ!

サイパンといえば、南国リゾートというイメージが強く、ゆったりとした滞在を考える方が多いかもしれませんが、観光だけではもったいない!!その海の魅力を最も体感できるアクティビティはやはり海の中に入ること。つまり、ダイビングやシュノーケリングです。

しかも体験ダイビングの料金は、日本国内よりもサイパンの方がリーズナブルなので、気軽に参加できるというのも嬉しいポイント。

サイパンやロタ・テニアンという世界的にもダイバーに人気の地で、ぜひマリアナブルーの世界に飛び込んでみてください。

【この記事は マリアナ政府観光局 とのタイアップです】

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/10−2017/11/13 訪問

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ