サンリオ好きの女子必見!多摩センター駅前のイルミネーション

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

イルミネーションといえば都心の観光スポットに飾られることが多いですが、昨今は郊外の駅前で飾られることも。特に、「多摩センターイルミネーション」は郊外でも最大級!多摩センター駅はサンリオピューロランドの最寄駅でもあることから、イルミネーションの中にサンリオキャラクターも登場します。サンリオ好きの女子はもとよりそうでない方も、綺麗なイルミネーションを見に多摩センターを訪問してみましょう!

駅の改札を出たらすぐにツリーがお出迎え!

多摩センター駅は、周囲を広大なニュータウンで囲まれた東京都多摩市の中心的な駅のうちのひとつ。都心の新宿から京王線もしくは小田急線1本でアクセスできることから、現在でも人口が増えつつある街です。そんな多摩センター駅前には、11月中旬になるとイルミネーションが飾られます。その規模、東京都の郊外で最大級!

イルミネーションは多摩センター駅の南側に飾られますが、駅の改札を出てすぐさまツリーが出迎えてくれます。煌びやかに輝くツリーにテンションもアップ!まずはツリーの前で記念撮影してみましょう!

駅の改札を出たらすぐにツリーがお出迎え!

写真:木村 優光

地図を見る

ツリーの後ろには海中トンネルをイメージしたイルミネーションが飾られます。まるで、夢の世界への入口のようで、ときめいてしまいますよね。スマートフォンのカメラでもイルミネーションというものは意外と綺麗に撮れるものですので、インスタ映え目的でしたら是非ともチャレンジしてみてください。

駅の改札を出たらすぐにツリーがお出迎え!

写真:木村 優光

地図を見る

この海中トンネル、よく見るとあちこちに魚やカニ、エビなどを模ったイルミネーションが施されています。こんなところも本当の海中トンネルを潜っていると思わせる要因なのでしょうね。その先に待っている次なる世界は??

駅の改札を出たらすぐにツリーがお出迎え!

写真:木村 優光

地図を見る

海中トンネルを潜って現実から夢の国へLet’s go!

海中トンネルを潜って現実から夢の国へLet’s go!

写真:木村 優光

地図を見る

海中トンネルを抜けた先にはホワイトパールに輝く大きなツリーが飾られています。そして両側の落葉樹にはシャンパンカラーのイルミネーション、その手前にはさまざまなカラーが輝くツリーが2本置かれています。

大きなツリーの根元に置かれたトナカイのオブジェも、周囲のイルミネーションを引き立たせる名脇役!まるで多摩センターという現実的な鉄道駅を降りて海中トンネルを潜ったら、その先に待ち構えるものは夢の国のように思いませんか?

落葉樹にシャンパンカラーのイルミネーションが施されたエリアは、多摩センター駅前付近から、約300m先の多摩中央公園の顔でもあるパルテノン多摩まで続いているため、遠近法で見ると素晴らしい眺め!ちなみに、この大通りはパルテノン大通りと呼ばれ、いかにも夢の国のような名称に乙女心がくすぐられますね。

海中トンネルを潜って現実から夢の国へLet’s go!

写真:木村 優光

地図を見る
海中トンネルを潜って現実から夢の国へLet’s go!

写真:木村 優光

地図を見る

シャンパンカラーの森林のようなイメージで出来上がったパルテノン大通りには、所々に森林で生息するかのような動物のイルミネーションが数多く置かれています。中でも多いのはトナカイ!季節的なものもありますが、光り輝く森林にはトナカイが良く似合います!まるで、サンタクロースを乗せたソリを牽いて来そうな気配!

パルテノン多摩へアクセスしてみる!

パルテノン大通りをちょうど中間までアクセスすると、真正面の丘の上に宮殿のような建物が見えます。これこそがパルテノン多摩で、遠くから見るとまるで海外のお城のよう!イルミネーションを楽しみながら徐々に近づいてみると、パルテノン多摩へアクセスできる広い階段があります。この階段の前にはサンリオキャラクターの巨大キティーちゃんの姿が!これにはキティーちゃんファンの女子は萌えるでしょうね!

パルテノン多摩に負けないくらいのインパクトがあるキティーちゃんは、周囲のイルミネーションと共にライトアップされます。ここではパルテノン多摩を背景にキティーちゃんと記念撮影するとインスタ映え間違いなし!

パルテノン多摩へアクセスしてみる!

写真:木村 優光

地図を見る

多摩センターのイルミネーションはここで終わりと思う方が多いようですが、実はさらなるクライマックスがあることを知っている方は意外と少数派!パルテノン多摩の広い階段を上り詰めると、そこからはパルテノン大通りの全景が見下ろせます。

つまり、今まで歩いてきたシャンパンカラーの森林を俯瞰できるわけで、その全貌は下の写真のように、多摩センター駅までまっすぐに伸びる光の筋!目を凝らしてみると、現実と夢の国の境でもある海中トンネルも見えます。素晴らしい光景をパルテノン多摩の階段に座って眺めるのも良いでしょうね。

パルテノン多摩へアクセスしてみる!

写真:木村 優光

地図を見る
パルテノン多摩へアクセスしてみる!

写真:木村 優光

地図を見る

イルミネーションが飾られる期間は、パルテノン大通りでは様々なクリスマスイベントが行われます。そんな様子をパルテノン多摩から見ることができるため、クリスマスムードも一気に最高潮になるでしょう。是非、大切な人と二人っきりでこの最高の眺めを分かち合って見てくださいね。

きらめきの池も見ごたえあり!

きらめきの池も見ごたえあり!

写真:木村 優光

地図を見る

パルテノン多摩の最上部南側にはきらめきの池があり、こちらもイルミネーションによって鮮やかに彩られます。写真は2009年のものですが、年によってイルミネーションパターンは様々!年々パワーアップしていますので、こちらも見忘れないようにしましょう。

風がないときは池の水面が真っ平らになりますので、そんなときこそシャッターチャンス!シャッタースピードを遅くして撮ってみると、イルミネーションが鏡面反射し、素晴らしい光景となります。が、こんな写真を撮るには三脚は必須!なお、ほかのイルミネーションでも三脚を用いて撮影すれば綺麗な写真が撮れるので、インスタ映え間違いなし!

きらめきの池も見ごたえあり!

写真:木村 優光

地図を見る

イルミネーションを芸術的に撮る方法はピンキリですが、一眼レフカメラを持っていれば絞りやシャッタースピードを用いて、素晴らしい1枚を撮ってインスタ映えを狙ってみましょう。特に、写真のように絞りを開放気味にさせて、前後どちらかのイルミネーションを暈すと、面白い1枚が出来上がりますよ。

なお、多摩センター駅から距離にして約300m、パルテノン多摩がメイン入口となる多摩中央公園は、広大な敷地に緑あふれる木々、そして芝生広場などがあります。イルミネーションが飾られる季節も紅葉が綺麗になりますので、併せて訪問するのも良いでしょう。また、多摩センター駅の約300m西側にはサンリオピューロランドもあるため、こちらも併せて訪問しても良いでしょう。

「多摩センターイルミネーション」の基本情報

電話番号:090-8946-9909
アクセス:小田急多摩線または京王相模原線多摩センター駅より徒歩すぐ

2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/12/23−2011/12/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -