うなぎ湯が自慢の鳴子温泉「ゆさや」無料の貸切露天が最高すぎる!

| 宮城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

うなぎ湯が自慢の鳴子温泉「ゆさや」無料の貸切露天が最高すぎる!

うなぎ湯が自慢の鳴子温泉「ゆさや」無料の貸切露天が最高すぎる!

更新日:2017/11/22 15:59

野水 綾乃のプロフィール写真 野水 綾乃 温泉ライター、安くていい宿案内人

宮城の鳴子温泉といえば、日本にある11種の泉質のうち9種類が揃うほど多彩な温泉が魅力です。そんな鳴子を象徴する宿がいちばんの老舗旅館「ゆさや」。鳴子のシンボル的共同浴場「滝の湯」の隣にあり、お湯はここだけにしか湧いていない、とろみのある「うなぎ湯」が楽しめます。さらに無料で貸し切りにできる離れの露天風呂も。格式を感じさせながらも1万円台で泊まれるお得感たっぷりの宿の魅力をご紹介しましょう。

宿は昭和初期に建てられた文化財!

宿は昭和初期に建てられた文化財!

写真:野水 綾乃

地図を見る

JR陸羽東線の鳴子温泉駅から歩ける範囲に温泉街が広がる鳴子温泉。「ゆさや」があるのは温泉街のシンボルでもある共同浴場「滝の湯」の隣という中心地で、駅からは歩いて4分ほど。

鳴子温泉は滝の湯から始まった温泉街。その湯守をまかされたのが「ゆさや」でした。創業は江戸初期の1632年、現在の館主で17代になります。滝の湯の隣ながら、異なる泉質の温泉が評判となり、古くから「うなぎ湯」と呼ばれ親しまれました。

宿は昭和初期に建てられた文化財!

写真:野水 綾乃

地図を見る

昭和11年に建てられた建物は国の登録有形文化財にも指定されています。飾り障子が美しい写真の「鶴の間」をはじめ、客室も歴史を感じさせる造り。表通りに面した部屋から温泉街を行き交う人々を眺めるのも風情があります。

つるつるアルカリ泉の「うなぎ湯」とさっぱり硫黄泉の「滝の湯」

つるつるアルカリ泉の「うなぎ湯」とさっぱり硫黄泉の「滝の湯」

写真:野水 綾乃

地図を見る

こちらが「ゆさや」の内湯「うなぎ湯」です。泉質は含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で、天候や気温によって湯の色がエメラルドグリーンや白濁、カラス色まで変化します。㏗8.9のアルカリ性でややぬるっとした感触があり、皮膚に皮膜をつくりしっとり肌に導いてくれる泉質です。

つるつるアルカリ泉の「うなぎ湯」とさっぱり硫黄泉の「滝の湯」

写真:野水 綾乃

地図を見る

こちらは隣の共同浴場「滝の湯」。ゆさやはアルカリ性ですが、滝の湯は㏗2.8の酸性で、熱めだけど爽快感のある硫黄泉です。同じ温泉街の隣り合った建物なのに、全然違うお湯が湧いているのが不思議。

うれしいことに「ゆさや」に泊まると、この滝の湯にも無料で何度でも入浴ができます。芋洗い状態になることも多い人気の共同浴場ですが、とくに朝いちばんは入浴客もほとんどなく、とっても贅沢な気分にひたることができるのでおすすめですよ。

とっておきの場所、貸し切り露天の「茜の湯」へ

とっておきの場所、貸し切り露天の「茜の湯」へ

写真:野水 綾乃

地図を見る

ゆさやのお風呂はもうひとつ。無料の貸し切り露天風呂「茜の湯」です。玄関から下駄に履き替え、少し歩いた高台にそれはあります。

とっておきの場所、貸し切り露天の「茜の湯」へ

写真:野水 綾乃

地図を見る

扉を開けると、開放感たっぷりの露天風呂が広がり、思わずため息がもれてしまいます。木々に囲まれたお風呂は本当に静かで、すぐそばに温泉街があることを忘れてしまうほど。このお風呂が30分無料で貸し切りにできます。到着時の予約制なので早めにチェックインするのがおすすめです。

とっておきの場所、貸し切り露天の「茜の湯」へ

写真:野水 綾乃

地図を見る

まるで森の中にいるような清々しい気分。貸し切りですので、思いっきり手足をのばして、開放感にひたれるお風呂です。秋は紅葉、冬は一面の雪景色と、四季を通じて美しい景色が目の前に広がります。内湯のうなぎ湯とは別の源泉になりますので、入りくらべて湯の違い感じてみるのもいいでしょう。

メインが選べる夕食を部屋食で

メインが選べる夕食を部屋食で

写真:野水 綾乃

地図を見る

料理は朝晩とも客室まで運んでくれます。テーブルではなく、写真のようにお膳でいただくのも非日常感があって楽しいもの。メインの料理は仙台黒毛和牛のステーキやしゃぶしゃぶ、すっぽん丸鍋など6〜7種類から選ぶことができます。ふたりで来たらひとつずつ違うものを選んでシェアするのもいいですね。

看板猫「しまお」にも会いに行こう

看板猫「しまお」にも会いに行こう

写真:野水 綾乃

地図を見る

ゆさやに暮らす看板猫の「しまお」。長く外ネコとして生きてきましたが、10年ほど前にふらっとゆさやの玄関に現れて、そのまま居着いてしまったそうです。独特の存在感と哀愁ある表情がなんともかわいい。そののんびりとした日常を収めた「しまおのインスタグラム」も人気です。

「ゆさや」はひとり旅でも宿泊可能

いかがでしたでしょうか。「ゆさや」の宿泊料金は平日2名1室の利用でひとり1泊2食1万3800円〜と比較的リーズナブル。貸し切り露天風呂も滝の湯の入浴も無料なので非常にお得感があります。

また、繁忙期を除く平日にはひとり旅の宿泊も可能です。ひとりでも部屋食なので、気兼ねなく過ごせるのも嬉しいですね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/27−2017/08/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -