奈良公園で知性と食欲を満たす

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

奈良公園で知性と食欲を満たす

奈良公園で知性と食欲を満たす

更新日:2013/06/21 17:52

MASALA Chaiのプロフィール写真 MASALA Chai トラベラー

歴史は古いのに、何かと京都に負けてしまう奈良。
でも、京都にはない「のんびり感」はとても魅力的です。一日、鹿がゆったりと草を食む奈良公園を
のんびり歩いてみませんか?

美しい若草色を堪能する。

美しい若草色を堪能する。

写真:MASALA Chai

春は桜や藤、夏は百日紅、秋は紅葉が楽しめる奈良公園ですが、
この美しい緑の芝が一番の魅力。
660ヘクタールの広大な公園で鹿と人が一緒に過ごす風景は
優しく、心癒されます。

公園内には東大寺や春日大社、興福寺、奈良国立博物館など
数々の寺社と文化施設が点在し、
たっぷり一日をかけて楽しめます。
心地よい風が吹く秋は、ひたすら鹿と緑と戯れるのもおすすめ。
奈良公園内をくまなく歩き、
若草山に昇れば市内の景色も楽しめます。

10月(6・7・8日)には、立派になった角を切る伝統的な
「角きり」の行事があります。
場所は公園内にある春日大社の西側にある鹿苑。
見逃せないイベントです。

ちなみに、名物の鹿せんべいは歩きながらあげてください。
立ち止まると囲まれて身動きがとれなくなります。

人気の正倉院展は毎年秋開催!

人気の正倉院展は毎年秋開催!

写真:MASALA Chai

公園内にある奈良国立博物館では、
毎年秋に「正倉院展」が開催されます。
平城京を造った聖武天皇ゆかりのもの、
シルクロードを通ってやってきた宝物が
大切に保管された正倉院から、
毎年テーマを決めて宝物が出され、
博物館で展示が行われます。

今年2012年の第64回正倉院展のポイントは、
聖武天皇ゆかりの北倉の宝物が展示されること。
宮廷生活を忍ばせる螺鈿紫檀琵琶(らでんしたんのびわ)と
これに附属する紅牙撥鏤撥(こうげばちるのばち)、
木画紫檀双六局(もくがしたんのすごろくきょく)などが見所。
コバルトブルーの瑠璃坏(るりのつき)は18年ぶりの出展。
古代の美しいガラスはシルクロードの先の国々を思い起こさせる品々も見逃せません。

この他にも日本最古の戸籍など、
話題になりそうな文物がお目見えします。

第64回正倉院展は10月27日(火)〜11月12日(月)まで。

ほくほくおいしい釜飯がおすすめ。

ほくほくおいしい釜飯がおすすめ。

写真:MASALA Chai

博物館で展示を見たら、向いにある
行列のできるおいしい釜飯屋「志津香」へ。
創業50年のこじんまりした古民家風のお店です。
おなじみの「奈良7種釜飯セット」「若鶏釜飯セット」など
定番のいくつかのメニュー以外に、
季節の食材をテーマにしたメニューもあります。
秋は松茸や栗、冬に向けて牡蠣・・・かな。

ほくほくとおいしい釜飯はオーダーしてから炊き上げるので
30分ぐらい時間がかかります。
それでもおいしいので、並んで待つ人多数。
外人観光客もガイドブックでチェックして来るのか、
気がついたら周りは外人さんばかり・・・ということもあります。

うれしいのはランチが16時までと長いこと。
ランチタイムをはずし、3時過ぎぐらいが狙い目。
釜ごとお持ち帰りもできますので、
公園でゆっくり食べる?!なんてこともできますね。
でも、鹿にはあげないでください。

オープンエアの隠れ家カフェ。

オープンエアの隠れ家カフェ。

写真:MASALA Chai

春日大社の参道からささやきの小径を歩いて高畑方面へ。
志賀直哉邸の向いにオープンガーデンのカフェがあります。
「たかばたけサロン」。
かつて文人たちが滋賀直也邸に集った集まり「高畑茶論」に
ちなんで名付けられ、洋画家のオーナーが
自宅の庭を解放し、東屋を建てて開かれているカフェです。
奥様が接客されています。
フランスの田舎をイメージする洋館と和風の庭。
真ん中に大きなヒマラヤ杉が植わっています。
その木陰で風に吹かれて過ごす時間はとても幸せ。
このカフェでは、メニューよりも、この庭の空気がごちそうです。

公園を歩き疲れたら、ここへどうぞ。
灯りが灯る夕暮れ時が素敵です。

美しい夕方の飛火野。

美しい夕方の飛火野。

写真:MASALA Chai

たかばたけサロンを出て、再び奈良公園、近鉄奈良駅方面へ。
小道を抜けて、広い通りへ出たら右手が飛火野です。
夕方には鹿たちが大集合。
一日の終わりに見ておきたい風景です。

なんと、この日は虹が出ました!

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/09/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ