伊良湖岬にド迫力の絶景!渥美半島のパワースポット「日出の石門」

伊良湖岬にド迫力の絶景!渥美半島のパワースポット「日出の石門」

更新日:2018/09/16 16:32

波奈 美月のプロフィール写真 波奈 美月 伊豆地元案内人、絶景ドライブ探求家
「日出の石門」は、愛知県渥美半島の伊良湖岬付近にある巨岩。太平洋を背景にした姿は、美しさと迫力があふれ、屈指の景勝地になっています。真ん中に穴が開いたアーチ形をしており、「沖の石門」と「岸の石門」があります。
朝日を背景にした姿が特に美しく、パワースポットとしても有名!周辺の風景も素晴らしく、片浜十三里や恋路ヶ浜などを望めます。今回は、「日出の石門」を堪能できる絶景スポット4箇所をご紹介!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

絶景に囲まれた巨大な奇岩「日出の石門」!

絶景に囲まれた巨大な奇岩「日出の石門」!

写真:波奈 美月

地図を見る

「日出の石門」(ひいのせきもん)へ訪れるのに、もっとも一般的な方法は、伊良湖岬(いらごみさき)にほど近い、海岸沿いの「日出の石門駐車場」に駐車して歩いて行くことです。

国道42号線から見た目印は、入口にある「日出の石門」を型取ったモニュメント。大きな駐車場で、名物の大あさりが食べられる食事処やトイレもありますよ。
美しい景色を眺めながら、海沿いを5分ほど歩けば「岸の石門」に到着します。その迫力には、誰もがびっくりすること間違いなし!

絶景に囲まれた巨大な奇岩「日出の石門」!

写真:波奈 美月

地図を見る

驚くべきはその大きさ。右側に写っている人物がアリのように小さく見え、空いた口がふさがらないほどの大迫力!

「日出の石門」は、約2億年前の海底にできたチャートという岩です。地殻変動で隆起し、太平洋プレートの移動でこの地に運ばれてきました。うねるような形は激しい地殻変動の跡であり、洞穴は太平洋の荒波の浸食によってできたもの。
想像ができないほどの年月と、圧倒的な自然の力を感じて心打たれます。

絶景に囲まれた巨大な奇岩「日出の石門」!

写真:波奈 美月

地図を見る

石門の洞穴は貫通しており、背後の太平洋を覗くことができます。岩場の潮だまりでは、小魚やヤドカリなどを見ることができ、砂浜では、メダカラガイやハツユキダカラなどの美しいタカラガイが拾えますよ。よく拾えるのは秋から春までとのこと。

「岸の石門」の背後の海上には「沖の石門」があります。「沖の石門」をベストな角度で眺めるには、高台にある「日出園地」が一番!少々大変ですが、「岸の石門」の近くにある階段を登れば行くことができますよ。

沖の石門を眺めるベストスポット「日出園地」!

沖の石門を眺めるベストスポット「日出園地」!

写真:波奈 美月

地図を見る

「日出園地」(ひいえんち)は高台にあるだけに、大変眺望が素晴しいスポット。恋路ヶ浜が島崎藤村作詞の「椰子の実」の着想の舞台として有名ですが、園地内にその記念碑・歌碑があります。

駐車場は、国道42号線沿いに設けられています。伊良湖ビューホテル下の山側にあり、道路を横断する必要があるので注意しましょう。

沖の石門を眺めるベストスポット「日出園地」!

写真:波奈 美月

地図を見る

駐車場から向かうと、まずは東側に「岸の石門」を出発点に浜名湖まで約52kmも続く「片浜十三里」の雄大な絶景を堪能できます。
「岸の石門」まで降りて行く道がありますが、戻ってくる時が少々大変。足に不安のあるかたはやめておきましょう。

「沖の石門」をベストな角度で眺めるには、西側へ向かう道を進みます。その先には、「伊良湖防備衛所跡」がある展望所があり、「沖の石門」をはじめ、神島や伊良湖岬・恋路ヶ浜などを望むことができますよ。

沖の石門を眺めるベストスポット「日出園地」!

写真:波奈 美月

地図を見る

「日出園地」は、その絶景から撮影スポットとして人気があります。太平洋を照らす朝日を背景に「日出の石門」が美しいシルエットを見せる姿は、全国的にも評判!

特に10月中旬と2月中旬頃は、「沖の石門」の洞穴から朝日がのぼる瞬間を見ることができ、ベストショットを狙う写真愛好家で賑わいます。"初日の出スポット"としても有名ですよ。

超絶景!伊良湖ビューホテル「屋上展望台」

超絶景!伊良湖ビューホテル「屋上展望台」

写真:波奈 美月

地図を見る

「伊良湖ビューホテル」は、太平洋・三河湾・伊勢湾を望むことができるリゾートホテル。朝日の見える太平洋側の部屋と夕日の見える伊勢湾側の部屋が選べることが自慢です。

その屋上展望台は、「日出の石門」を直下に見下ろせる超絶景スポット。宿泊しなくても日中なら利用できるので、カフェ・レストランや日帰り温泉に訪れた際、ぜひ寄ってみてくださいね。

超絶景!伊良湖ビューホテル「屋上展望台」

写真:波奈 美月

地図を見る

「屋上展望台」からの眺めを、見覚えがあるかたも多いはず。それもそのはず、眺望の素晴らしさから、放送局用のライブカメラが設置されているんです。

「岸の石門」と「沖の石門」を眼下に見下ろし、「岸の石門」から片浜十三里がはるか東に延びる様子がはっきりとわかります。日出園地より高さがある分、より雄大なスケールで西側の伊良湖岬や恋路ヶ浜、神島・志摩半島なども眺めることができ、その素晴らしさは時間を忘れてしまうほど!

<伊良湖ビューホテル 基本情報>
住所:愛知県田原市日出町骨山1460-36
電話番号:0531-35-6111
アクセス:JR豊橋駅西口より無料送迎バスで70分〜100分・東名高速道路浜松西ICより約100分・音羽蒲郡ICより約90分・豊川ICより約90分

ロマンチックな「恋路ヶ浜」で眺める沖の石門!

ロマンチックな「恋路ヶ浜」で眺める沖の石門!

写真:波奈 美月

地図を見る

「恋路ヶ浜」は、伊良湖岬灯台から日出の石門まで約1kmにわたって続く、白く美しい砂浜。昔、高貴な男女が恋ゆえに都から逃れてきたというロマンチックな伝説があり、伊良湖岬灯台と共に、"恋人の聖地"に認定されています。

「恋路ヶ浜」からも、「沖の石門」を美しい角度で眺めることができます。高台にある伊良湖ビューホテル横の海上を探してみましょう。ちょっと遠いですが、洞穴もはっきり見えますよ。
日出園地と同様に、10月中旬と2月中旬頃、「沖の石門」の洞穴から朝日が昇る景色を眺めることができ、毎年、多くの写真愛好家が集まります。

ロマンチックな「恋路ヶ浜」で眺める沖の石門!

写真:波奈 美月

地図を見る

実は、「日出の石門」の洞穴から朝日が昇る瞬間を見ることができれば、パワーが得られると言われています。

恋路ヶ浜駐車場の横にある、「幸せの鐘」と「願いのかなう鍵」は有名な"恋愛パワースポット"。「沖の石門」の洞穴から朝日を眺め、「願いをかなう鍵」を掛けて「幸せの鐘」を鳴らせば、まさに最強!どんな災いにも打ち勝って、幸せが訪れそうですね。

<恋路ヶ浜 基本情報>
住所:愛知県田原市伊良湖町恋路浦
駐車場:無料、124台
アクセス:豊橋鉄道渥美線三河田原駅より、豊鉄バス伊良湖本線伊良湖岬行きで約50分、恋路ヶ浜下車・東名高速道路浜松西ICより約100分・音羽蒲郡ICより約90分・豊川ICより約90分

"初日の出"の名所!日出の石門・恋路ヶ浜を訪れるポイント!

"初日の出"の名所!日出の石門・恋路ヶ浜を訪れるポイント!

写真:波奈 美月

地図を見る

渥美半島は「日出の石門」をはじめ、恋路ヶ浜・片浜十三里・蔵王山など、素晴しい"初日の出スポット"がたくさん!元旦には、多くの人で賑わいます。

そのため、元旦の午前5時〜午前8時まで交通規制があり、国道42号の「恋路ヶ浜交差点」〜「伊良湖菜の花ガーデン交差点」は、東方向の一方通行になるのでご注意を!「恋路ヶ浜駐車場」・「日出の石門駐車場」も12月31日夜から1月1日朝まで有料(1台1000円)になります。時間に十分余裕を持ってお出掛けくださいね。

"初日の出"の名所!日出の石門・恋路ヶ浜を訪れるポイント!

写真:波奈 美月

地図を見る

日出の石門がある伊良湖岬近辺は、名物の「大あさり料理」を楽しめる食事処が幾つもあります。特に春の「焼き大あさり」が絶品でお薦め!訪れた折りにいかがでしょうか。

渥美半島の見どころは、別記事で紹介しています。下記の「関連MEMO」よりアクセスできますので、こちらも参考にしてくださいね。

「日出の石門」の基本情報

<基本情報>
住所:愛知県田原市日出町
駐車場:
・日出の石門駐車場 無料、55台。伊良湖菜の花ガーデンより伊良湖岬方面へ約1km
・日出園地駐車場 無料、11台。日出の石門駐車場より伊良湖岬方面へ約700m
アクセス:豊橋鉄道渥美線三河田原駅より、豊鉄バス伊良湖本線伊良湖岬行きで約50分、恋路ヶ浜下車、徒歩約15分・東名高速道路浜松西ICより約100分・音羽蒲郡ICより約90分・豊川ICより約90分

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/11−2017/09/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -