館内まるごと美術館!なのに子連れに優しい富山「リバーリトリート雅樂倶」

| 富山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

館内まるごと美術館!なのに子連れに優しい富山「リバーリトリート雅樂倶」

館内まるごと美術館!なのに子連れに優しい富山「リバーリトリート雅樂倶」

更新日:2017/11/23 17:02

渡辺 裕希子のプロフィール写真 渡辺 裕希子

富山空港から車で15分、富山駅からは40分の場所にあり、モダンアートで彩られた「リバーリトリート雅樂倶」。こんなラグジュアリーな宿に子連れで泊まっていいの?と尻込みしてしまいそうですが、心配無用! キッズプレートが楽しめるレストランや絵本のあるライブラリーなど、ファミリーへの心配りが隅々にまで行き届いているんです。

緑と川に癒されながら大人も子どももハッピーになる。特別な休日を約束してくれます。
家族で楽しめる旅行先はこちら

大人はビールで、子どもはジュースでチェックイン!

大人はビールで、子どもはジュースでチェックイン!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

「リバーリトリート雅樂倶」のシンボルとも言えるのが、こちらのロビーラウンジ。ガラスの向こうに広がる神通峡の風景は季節ごとに表情を変え、まるでひとつの絵画のよう。ソファにゆったりと身を沈め、冬には暖炉のぬくもりを感じながら、非日常のひとときが過ごせます。

大人はビールで、子どもはジュースでチェックイン!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

チェックインの際にはビール、抹茶、ジュースなどからワンドリンクを選択できます。子ども用のジュースは可愛らしいデザインのコップで提供。チェックインの瞬間から、子どもの笑顔が弾けます。

フリードリンクが楽しめるカフェには、子ども用のおもちゃも!

フリードリンクが楽しめるカフェには、子ども用のおもちゃも!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

アーティスティックなソファが並ぶカフェ&バー。ここは、浴衣姿で自由に利用できる宿泊客の専用スペース。自家製のハーブウォーターやジュース、ネスプレッソマシンで淹れるコーヒーなどが無料で提供されます(時間帯によってドリンクの内容に変更あり)。

有料ではありますが、アルコール類も提供。ルームサービスもOKなので、子どもが寝た後に夫婦で乾杯!といった使い方もおすすめです。

フリードリンクが楽しめるカフェには、子ども用のおもちゃも!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

カフェの片隅にさりげなく置かれている、2頭の馬。こちらは、子どもに大人気の乗り物なんです。床をキックすると前に進み、ハンドル操作で方向転換もできる本格派。

ほかにルービックキューブやけん玉などのおもちゃもあり、子どもたちを飽きさせません。

フリードリンクが楽しめるカフェには、子ども用のおもちゃも!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

宿泊者専用のライブラリにも、子ども向けの絵本がたくさん! 子ども用の椅子に座って、ビッグサイズの「ぐりとぐら」を広げたり、英語の絵本でお勉強をしてみたり。幅広い年齢の子どもが楽しめます。

もちろん、インテリア雑誌や小説など大人向けの本も充実。ゆったりとした椅子でくつろぎ、お茶を片手に読書タイムはいかがでしょうか。

客室にもアート作品が!子ども用のアメニティにも注目

客室にもアート作品が!子ども用のアメニティにも注目

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

客室はわずか22室。インテリアは部屋ごとにすべて異なり、どこを選んでも唯一無二の体験ができます。

写真は、バルコニー付きのデラックスルーム。広々としたリビング&ベッドルームの先にはバルコニーがあり、神通峡の眺めに癒されます。木の香りが漂うお風呂もあり、自然と一体となった感覚が味わえるつくりです。

客室にもアート作品が!子ども用のアメニティにも注目

写真:渡辺 裕希子

子ども用のスリッパやタオル、歯ブラシなども用意されているので、手ぶらでOK。予約時に年齢を伝えると、ちょうどいいサイズの浴衣とパジャマを用意してくれます。

大人は、チェックイン時に好きな色浴衣を選べるサービスが出色。女性は10種類前後、男性は5種類前後と、バラエティ豊かです。お洒落な浴衣で館内のレストランやカフェに出かけると、心まで華やぎます。

夕食・朝食ともにキッズプレートを注文できる!

夕食・朝食ともにキッズプレートを注文できる!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

夕食は和食、フレンチの2つのレストランから選択できます。写真は和食のお子さまワンプレート(2000円)。内容は日によって異なりますが、おにぎりや揚げ物、パスタにジュースとアイスが付いてボリュームたっぷり!
 
小学生以上の子どもには、より本格的なお子さま懐石(4000円)もおすすめです。

夕食・朝食ともにキッズプレートを注文できる!

写真:渡辺 裕希子

こちらは大人向け和食のメイン、「アワビステーキと和牛ロースト」。ほかにもお造りやタケノコご飯など、地元の素材を活かした品の良い料理が並びます(内容は季節によって異なる)。

一方のフレンチは、独創的で驚きに満ちた料理で評判。どちらを選ぶか、難しい選択になりそうです。

夕食・朝食ともにキッズプレートを注文できる!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

朝食は和定食。写真は大人メニューですが、子どもにはオムレツ、豆腐、サラダ、ジュースなどのセット(1700円/内容は時期によって異なる)が用意されます。小さな子どもなら、大人の料理を取り分けるだけで十分かもしれません。

2つのお風呂のうち、子連れにおすすめは本館!

2つのお風呂のうち、子連れにおすすめは本館!

写真:渡辺 裕希子

地図を見る

春日温泉のお湯が楽しめる大浴場は2カ所あり、それぞれ特徴的。半露天の岩風呂から川を眺める本館のお風呂は昔ながらの風情がある一方、サウナやジェットバスを備えた新館のお風呂は女性好みの洗練された雰囲気です。

客室が少ないこともあり、どちらのお風呂も混雑とは無縁。周囲に気兼ねなく、家族でゆったりと過ごせますよ。

アートと自然に包まれて、子連れで泊まる極上の宿

「大人の宿」という第一印象に反して、ハードもソフトも子連れに優しい「リバーリトリート雅楽倶」。館内にはベビーカーを押す三世代ファミリーや、おもちゃで遊ぶ小さな子どもの姿がちらほら。極上の宿で、家族の休日を過ごしてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/19−2017/11/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -