名門フレシネのワイナリーがメキシコに!フィンカサラビベで味わうスパークリング

| メキシコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

名門フレシネのワイナリーがメキシコに!フィンカサラビベで味わうスパークリング

名門フレシネのワイナリーがメキシコに!フィンカサラビベで味わうスパークリング

更新日:2018/05/19 09:59

Chanos Mayaのプロフィール写真 Chanos Maya トラベルアドバイザー

メキシコといえばテキーラ、いやいやワインも忘れてはいけません。メキシコワインの歴史はあのカリフォルニアのナパよりも古く、アメリカ大陸で最古といわれています。そんなメキシコに日本でもおなじみ、スペインの有名スパークリングワイン・フレシネが手がけるワイナリー「フィンカ・サラビベbyフレシネ」があります。世界一のカヴァを生産するフレシネが醸造する、もう一つのカヴァを味わいに出かけませんか?

メキシコの上質ワインが生まれるケレタロ州

首都のメキシコシティを北に200q、ケレタロ州は長い歴史に彩られる街です。州都のケレタロには16世紀の聖堂やカラフルな家が並ぶ古い街並みが残されています。また1.3キロに及ぶ水道橋は今も当時の姿そのままに。75のアーチが美しい水道橋は写真におさめたくなる美しさです。そんなケレタロの歴史地区と水道橋は世界遺産に指定されています。

一方で豊かな自然もまたケレタロ州の顔。旧市街を一歩出ると渓谷に囲まれます。針葉樹のある山から熱帯の植物が生息する低地まで、様々な気候が複雑に混ざり合う環境はワイン造りにぴったり。ケレタロ州には現在12のワイナリーがあり、良質のスパークリングを中心としたワインが生産されています。アメリカ大陸で最初にワインの生産が始まったのはメキシコ。ケレタロ州でも19世紀末頃からぶどうが植えられていたといわれています。

ケレタロ州ではその恵まれた環境の下、近年品質の高いワインが生産されています。メキシコで最も古いワイナリーなど、ケレタロ州にはそれぞれにテーマのあるユニークなワイナリーが点在しています。その一つフィンカ・サラビベbyフレシネ。現地の人からはフレシネ・メキシコと呼ばれる標高2000mワイナリーです。

メキシコの上質ワインが生まれるケレタロ州

写真:Chanos Maya

地図を見る

カヴァの名門フレシネが作るもう一つのカヴァ

カヴァの名門フレシネが作るもう一つのカヴァ

写真:Chanos Maya

地図を見る

かつてはカヴァ(スペイン語で洞窟の意味)で発酵させ発泡ワインが作られたことから、このタイプのスパークリングワインをカヴァと呼ぶようになりました。

真っ黒なボトルに金色のラベルのついたボトル。フレシネのワインボトルはワインがとりわけ好きという方でなくても記憶にある人も多いのではないでしょうか。フレシネが作るカヴァは世界一の売り上げを誇ります。肩ひじを張らずに手頃な値段で美味しいスパークリングを味わうことができるのが世界でも人気のゆえんでしょうか。

そんなフレシネがメキシコに作るワイナリー、フィンカ・サラビべ。ワインを発酵させるためのセラーは地下25mにあります、フレシネと同じようにかつての伝統をできるかぎり踏襲して丁寧に醸造されるメキシコのカヴァ。職人の思いが伝わってくる美しいワイナリーです。

25mの地下洞窟セラー見学&テイスティング

25mの地下洞窟セラー見学&テイスティング

写真:Chanos Maya

地図を見る

フィンカ・サラビべでは醸造の様子や施設を見学するツアーが毎日行われています。ぶどう畑の様子、樽での醸造の様子やボトリングの工程まで、スタッフの方がその製造過程やカヴァ造りへの思い入れを説明してくださいます。(ツアーは要予約・スペイン語もしくは英語のみ)

本家のフレシネと同じ理念の下、サラビべでもぶどうはすべて手で収穫されます。一次発酵は樽の中で、そしてその後ワインボトルに入れられたワインは瓶内二次発酵のために地下25mのセラーで18か月じっくりと熟成されます。何といってもツアーで見逃せない目玉はこのレンガ造りの美しいセラー。メキシコの強い日差しの下でも地下に入るとひんやり。何千ものワインボトルが並ぶ光景に圧倒されます。発酵途中にボトル中にできる「おり」を瓶口に集めるためのワインボトルを回す作業、ルミアージュもすべて手作業で。

職人の手によって丁寧に1本1本に時間をかけて作られています。この空間があって極上カヴァができあがるのです。じっくり見学をしたらそのスパークリングを味わってみたくなるものです・・・

25mの地下洞窟セラー見学&テイスティング

写真:Chanos Maya

地図を見る

フィンカ・サラビべにはぶどう畑を望むテイスティングルームがあります。ワイナリー見学ツアーにはテイスティングがついており、このテイスティングルームでカヴァを味わうことができます。

瓶での熟成期間を経て自然と炭酸ガスが生まれるのがスパークリングワイン。通常よりもじっくりと長く、18か月セラーで寝かしてできあがったサラビべのカヴァ。グラスに注がれると繊細な泡がグラスいっぱいに広がります。炭酸ジュースとスパークリングワインの泡の違いから食事との楽しみ方まで、スタッフの方がワインにまつわる楽しいお話をしながらのテイスティングです。カヴァ以外にも赤と白のワインも生産しているサラビべ。赤白ワインのテイスティングも可能です。

さらに家に持ち帰ってその味わいを楽しみたい方には、施設内にあるワインショップで購入も可能です。150ペソから350ペソ程度(約900円〜2000円)のお手頃なお値段で美味しいスパークリングやワインが買えるのもフィンカ・サラビベの魅力です。
(2018年3月現在/1メキシコペソ=6円)

フィンカサラビべ(Finca Sala Vive)の基本情報

住所:Carretera San Juan del Río - Cadereyta Km. 40.5, Los Perez, 76686 Ezequiel Montes, Queretaro, Mexico
電話番号:+52-800-277-5100
営業時間:10:00〜17:00
不定休(クリスマスや年末年始は休館です)
アクセス:メキシコシティなどからの公共の交通機関がないため、この地域へは移動手段の手配など事前の計画が必要です。メキシコには日系旅行会社も複数ありますので、訪問の際は信頼のおける旅行会社に相談するのが一般的です。

2018年3月現在の情報となります。変更となる場合がありますので、公式サイトなどで最新情報を必ずご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -