お正月は岡山で!元日はいろいろお得な岡山市の観光スポット

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

お正月は岡山で!元日はいろいろお得な岡山市の観光スポット

お正月は岡山で!元日はいろいろお得な岡山市の観光スポット

更新日:2017/11/30 21:06

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員

皆さん、お正月はどこでお過ごしになられるでしょうか。なかには、どこか旅先で…と思っている方もいらっしゃるはず。そんな方におすすめしたいのが、岡山です。元日の岡山は観光スポットの無料解放も多く、非常にお得。初詣がてら無料で岡山の観光スポットをめぐってみてはいかがでしょうか。

まずはやっぱり初詣!岡山県の名の由来となった岡山神社

まずはやっぱり初詣!岡山県の名の由来となった岡山神社

写真:乾口 達司

地図を見る

お正月といえば、やはり初詣。お正月を岡山で過ごす方はまずは初詣に出掛けましょう。今回、おすすめしたいのが、岡山神社。主祭神は倭迹迹日百襲姫命(ヤマトトトビモモソヒメノミコト)。副祭神として吉備津彦命(キビツヒコノミコト)や日本武尊(ヤマトタケルノミコト)などがまつられています。創建は平安時代前期の貞観年間。もとは、現在、岡山城がそびえる「岡山」の地に鎮座していました。天正元年 (1573)、当地を支配していた戦国大名・宇喜多直家が岡山城を築くにあたり、現在の地に遷座。それにともない、岡山城の守護神としての地位を獲得しますが、現在の岡山県の名前の由来がここから来たこと、意外と知られていないのではないでしょうか。

そんな由緒のある神社ゆえ、お正月ともなると、大勢の参拝者で賑わいます。ちなみに、写真の随神門は、延享2年 (1745)に造立された八脚門。戦時下の岡山空襲で焼失をまぬかれたもので、現在、岡山市の文化財に指定されています。

<基本情報>
住所:岡山県岡山市北区石関町2-33
電話番号:086-222-7198
アクセス:岡山駅より徒歩15分

岡山に「お伊勢さん」!?伊勢神宮と深いかかわりを持つ伊勢神社

岡山に「お伊勢さん」!?伊勢神宮と深いかかわりを持つ伊勢神社

写真:乾口 達司

地図を見る

初詣といえば、岡山神社から旭川沿いを北へ20分ほどさかのぼったところに鎮座するこちらの神社も紹介しないわけにはまいりません。その名も「伊勢神社」(いせじんじゃ)。「伊勢」の名のとおり、三重県伊勢市の伊勢神宮と同様、主祭神として天照皇大神と豊受大神がまつられています。

実はこの伊勢神社、伊勢神宮の源流にある神社の一つなのです。第十代・崇神天皇の御代、伊勢神宮の祭神となる天照大神は宮中にまつられていましたが、あまりに強い神威がわざわいし、宮中にまつることに差し障りが生じてまいりました。そこで豊鋤入姫命(とよすきいりひめのみこと)によって大和国笠縫の地に遷されたのを皮切りに、天照大神は全国各地を転々とします。そして、最終的に鎮座したのが現在の伊勢の地でした。「元伊勢」とは、天照大神が伊勢の地に落ち着くまでに滞在した各地の神地を指し示していますが、今回、ご紹介している伊勢神社もその「元伊勢」の一つなのです。「元伊勢」としての伊勢神社、に参拝し、新年を祝いましょう。

<基本情報>
住所:岡山県岡山市北区番町2-11-20
電話番号:086-222-5018
アクセス:岡山駅より徒歩30分

元日は入園無料!鶴の放鳥もおこなわれる日本三名園の一つ・後楽園

元日は入園無料!鶴の放鳥もおこなわれる日本三名園の一つ・後楽園

写真:乾口 達司

地図を見る

元日ならではの役得は、岡山を代表する庭園である後楽園にもあります。後楽園は、江戸時代初期、岡山藩主・池田綱政によって造営された大規模な大名庭園。日本三名園の一つとして、国の特別名勝に指定されています。そんな後楽園の入園料は、元日に限り、無料!

元日は入園無料!鶴の放鳥もおこなわれる日本三名園の一つ・後楽園

写真:乾口 達司

地図を見る

もちろん、入園が無料ということもあり、元日の園内はたくさんの観光客で賑わっています。写真のように、着物姿のお嬢さんたちもたくさんおり、お正月らしい華やいだ雰囲気が園内に立ち込めています。

元日は入園無料!鶴の放鳥もおこなわれる日本三名園の一つ・後楽園

写真:乾口 達司

地図を見る

なかでも見逃せないのが、元日に限っておこなわれる鶴の放鳥!後楽園は、園内に降り立った鶴を藩主・綱政が瑞兆として喜んで以来、鶴とは深いかかわりを持っています。後楽園では現在も鶴を飼育しており、そのうちの数羽が、元日の空に舞うのです。写真は飛翔を終えて鶴舎に戻っていくところを撮影したものですが、自分の足で戻っていく光景、どこかしらユーモラスですね。お正月らしい、おめでたいイベントなので、元日にはぜひ後楽園に足を運んでみて下さい。

<基本情報>
住所:岡山県岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148
アクセス:岡山駅から徒歩約20分

岡山ゆかりの貴重な文化財が勢揃い!元日は無料の岡山県立博物館

岡山ゆかりの貴重な文化財が勢揃い!元日は無料の岡山県立博物館

写真:乾口 達司

地図を見る

後楽園の向かいにあるのは、岡山県立博物館。岡山にゆかりの貴重な文化財が多数収蔵されており、岡山の歴史を学ぶのに格好の施設。そんな県立博物館も元日は入館無料です。毎年、この時期は「岡山の歴史と文化」と題した企画展が開かれています。後楽園とセットで訪れましょう。

<基本情報>
住所:岡山県岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1149
アクセス:岡山駅から徒歩約20分

お正月風景を俯瞰的に眺めよう!元日はやはり入城無料の岡山城

お正月風景を俯瞰的に眺めよう!元日はやはり入城無料の岡山城

写真:乾口 達司

地図を見る

旭川をあいだに挟んだ後楽園の対岸には、岡山城がそびえています。岡山神社を紹介した項目でも触れたように、岡山城は当地の戦国大名・宇喜多氏が本拠とした城で、宇喜多氏の没落後は小早川氏や池田氏によって整備と拡張が繰り返され、現在の規模となりました。そんな岡山城も元日は無料で入城することが出来ます。

お正月風景を俯瞰的に眺めよう!元日はやはり入城無料の岡山城

写真:乾口 達司

地図を見る

天守閣の最上階に上ったら、岡山の街並みを俯瞰的に眺めましょう。お正月らしい華やいだ様子も目にすることが出来るはず。ご覧のように、後楽園も見下ろすことも出来ますよ。

<基本情報>
住所:岡山県岡山市北区丸の内2丁目3-1
電話番号:086-225-2096
アクセス:岡山駅から徒歩約20分

おわりに

岡山で過ごすお正月がいかに魅力的か、おわかりいただけたでしょうか。岡山ならではの由緒のある神社に初詣した上、代表的な観光スポットを無料でまわれるとは、嬉しい限り。お正月は岡山でぜひお過ごしください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -