一度は見たいご来光!アンコールワットで初日の出を拝め

| カンボジア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

一度は見たいご来光!アンコールワットで初日の出を拝め

一度は見たいご来光!アンコールワットで初日の出を拝め

更新日:2017/12/01 10:09

まつり はるこのプロフィール写真 まつり はるこ 編集者

普段からたくさんの観光客が訪れるカンボジアの「アンコールワット」。ひときわ多くの人が押し寄せるのが元旦です。漆黒の闇から少しずつ空を染めていく新年最初のサンライズを、世界中の旅行者と共に見守ってみませんか?アンコールワットでの初日の出の魅力を、鑑賞のコツやポイントとともにご紹介します。

アンコールワットで初日の出が見たい!

アンコールワットで初日の出が見たい!

写真:まつり はるこ

地図を見る

カンボジア・シェムリアップにある「アンコールワット」。世界文化遺産に登録されているアンコール遺跡群の中心的な存在だということはご承知の通りですね。西向きに立てられているため、太陽が背後から昇るように見える、世界有数のサンライズスポットでもあります。

アンコールワットで初日の出が見たい!

写真:まつり はるこ

地図を見る

今回ご紹介するのは「アンコールワット」での初日の出鑑賞。そう、元日に拝むアレです。普段でさえ世界中から多くの旅行者がサンライズを見るために集まってくるアンコールワット。初日の出が拝める元日はかなりの人出になるので、鑑賞するためには十分な用意と覚悟(笑)が必要なのです。

アンコールワット入場にはチケット「アンコールパス」が必要!

アンコールワット入場にはチケット「アンコールパス」が必要!

写真:まつり はるこ

地図を見る

まずはチケットを購入しましょう。アンコールワットをはじめとするアンコール遺跡共通のパス(一部別途料金が必要な遺跡あり)で、シェムリアップ市内からアンコールワットへ向かう途中のチケットセンターで買うことができます。顔写真はその場で撮影してくれるので、持参する必要はありません。

チケットセンターは早朝5時から営業。サンライズ目当ての観光客がトゥクトゥクやレンタサイクルで詰めかけ、この時間帯は混みあいますが、カウンターも多いのでどんなに混んでいても待ち時間は15分程度と考えておいていいでしょう。

アンコールワットの初日の出、時間や場所は?

アンコールワットの初日の出、時間や場所は?

写真:まつり はるこ

地図を見る

アンコールワットの入場時間は5時30分から。シェムリアップ市内のホテルからトゥクトゥクで向かう場合、遅くとも5時には出発したいところです。(チケットを当日に買う場合はもう少し早く)

トゥクトゥクでの移動中や朝日待ちの時間はかなり冷え込みますので、長袖の上着(ダウンでもいいレベル)は持っていきましょう!ちなみにこの時間、普通にまだ真っ暗ですので懐中電灯をお忘れなく。はやる気持ちを抑え、足元を照らしつつ進んでください。

アンコールワットの初日の出、時間や場所は?

写真:まつり はるこ

地図を見る

アンコールワットの朝日鑑賞スポットとしてよく知られているのが、向かって左にある「北の聖池」。ここは水鏡に映るアンコールワットの姿が楽しめます。初日の出ともなれば池の周りをズラリとカメラが取り囲むような混雑ぶり。特に正面は幾重にも列ができるので、ここで撮影したいという人は迷わず突き進んでなるべく早く陣取りましょう。暗闇に浮かぶ無数の液晶モニターの光も楽しめます(笑)。

アンコールワットの初日の出、時間や場所は?

写真:まつり はるこ

地図を見る

徐々に空が白みはじめ、アンコールワットの印象的なシルエットが浮かび上がる様はまさに感動もの。そのうえ初日の出とくれば、そのありがたさも半端なし。一生に一度は見たい!多くの人がそう思うのも納得の光景をじっくり堪能してください。

穴場鑑賞スポットは南の聖池!

穴場鑑賞スポットは南の聖池!

写真:まつり はるこ

地図を見る

多くの人が集まる北の聖池に対し、水が干上がってしまって水鏡が望めない南の聖池は比較的空いているので、心穏やかに初日の出を拝みたいという人におすすめ。持参したレジャーシートや新聞紙に座り、あたたかい飲み物でも飲みながら朝日を待つのもオツなものです。前後やお隣さんとの距離もいい感じで保てるので、「前の人のカメラの液晶の灯りが邪魔だよ……」「ちょっ……そこの自撮り棒っ!」と、新年早々落ち込んだりイラついたりすることもありません。

穴場鑑賞スポットは南の聖池!

写真:まつり はるこ

地図を見る

元日の初日の出の時間はだいたい6時30分頃。もう言わずもがなですね。小難しい歴史に興味がないという人でも、この荘厳な光景はグッとくるはず。ぜひ実際に体感してみてください!

ちなみにアンコールワットから太陽が顔を出すのは7時頃。ツアーの団体客はこの時間を待たずに帰ってしまうので、北の聖池の混雑もかなり緩和されます。力強く光を放つ朝日に、一年の幸せを願いましょう。

初日の出を堪能した後は…第三回廊に急行せよ!

初日の出を堪能した後は…第三回廊に急行せよ!

写真:まつり はるこ

地図を見る

初日の出を十分に堪能した後は、アンコールワット内部に。早朝の涼しいうち、混雑しないうちにじっくりとレリーフなどを鑑賞できる貴重な時間帯です。また、混雑時は入場制限がかかり行列になってしまう第三回廊も、この時間なら並ばずに入れるでしょう。

アンコールワットの基本情報

アクセス:シェムリアップ中心部から北へ6.5km
時間:5:30〜17:30
入場:年中無休(ただし仏日には第三回廊はあがれません)
遺跡入場券「アンコールパス」の料金:
1日券:37ドル/3日券:62ドル/7日券:72ドル
※クレジットカードの利用も可能

2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -