最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

大阪・冬の風物詩「なんば光旅2020-2021」で幻想の世界へ!

大阪・冬の風物詩「なんば光旅2020-2021」で幻想の世界へ!

更新日:2020/11/30 16:09

モノホシ ダンのプロフィール写真 モノホシ ダン 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者
大阪・なんばの冬の風物詩として知られる「なんば光旅」。2020年で9回目となる今回は、約70万球以上のLEDを使用し、なんばエリア一体を彩り、訪れる人々をイリュージョンの世界へといざないます。クリスマスから正月をはさんで、バレンタインデーにかけて開催される光の祭典へ行ってみませんか?

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「なんば光旅2020-2021」とは

「なんば光旅2020-2021」とは

写真:モノホシ ダン

地図を見る

なんばの冬の風物詩「なんば光旅」の主なイルミネーション設置場所は、なんばパークス、なんばカーニバルモールなど。観覧料金は無料です。

写真は、「なんば光旅」の玄関口となる南海ビルで、1937年(昭和7年)に竣工した歴史的建造物。高島屋大阪店などの商業施設や南海電鉄難波駅のターミナルになっています。開催期間中は美しくライトアップされます。

「なんば光旅2020-2021」とは

写真:モノホシ ダン

地図を見る

「なんば光旅」の会場を俯瞰するには、スイスホテル南海大阪6階ロビーとの連絡通路がおすすめです。ここからは、美しく輝く会場を見渡すことができます。

「なんば光旅2020-2021」とは

写真:モノホシ ダン

地図を見る

メイン会場のなんばパークスには、2階から階段でアプローチできます。階段を上っていくのはどうもという方は、エレベーターで最上階の9階まで移動し、そこからイルミネーションを見物しながら、階段を降りてくるという方法もあります。

なんばパークスガーデンの“煌く草原”は必見

なんばパークスガーデンの“煌く草原”は必見

写真:モノホシ ダン

地図を見る

なんばパークスのイルミネーションを象徴する“煌く草原”は、8階の円形劇場にあります。2018年に新登場し、今回はさらに輝きを増して、アップグレードされています。

なんばパークスガーデンの“煌く草原”は必見

写真:モノホシ ダン

地図を見る

さらに“煌く草原”は、時間とともにシルバーからゴールドへと色が変化します。その瞬間、来場者からは大きな歓声が上がることも。

なんばパークスガーデンの“煌く草原”は必見

写真:モノホシ ダン

地図を見る

そして“煌く草原”は、ただ眺めるだけでなく、光の草原の中に入って写真を撮ることもできます。

光のトンネルから垣間見える「通天閣」のライトアップ

光のトンネルから垣間見える「通天閣」のライトアップ

写真:モノホシ ダン

地図を見る

8階の円形劇場で幻想的な光景を満喫したら、光のトンネルをくぐって、なんばパークスの最上階の9階、はらっぱ広場に行ってみましょう。

はらっぱ広場には、“アイスモンスター”が出現。キッズの方は、動き回るクリオネなどのアイスモンスターたちを追いかけてきっと夢中になることでしょう。

光のトンネルから垣間見える「通天閣」のライトアップ

写真:モノホシ ダン

地図を見る

なかなか気づきませんが、光のトンネルのLEDの光を反射するガラス越しには、なにわのシンボル「通天閣」を垣間見ることもできます。漆黒の空間に浮かび上がる通天閣の光景は、とてもフォトジェニック。

光のトンネルから垣間見える「通天閣」のライトアップ

写真:モノホシ ダン

地図を見る

さらに、はらっぱ広場を抜けたところには、スーパーフラワーが。スーパーフラワーは、8階の円形劇場のかつてのメインイルミネーションで、懐かしさを感じる方もいるかも知れません。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

音楽とともに移り変わり輝く“光の滝”は圧巻

音楽とともに移り変わり輝く“光の滝”は圧巻

写真:モノホシ ダン

地図を見る

さらに、なんばパークスの9階からは“煌く草原”と双璧をなす、流麗なイルミネーション“光の滝”を見ることができます。

音楽とともに移り変わり輝く“光の滝”は圧巻

写真:モノホシ ダン

地図を見る

“光の滝”は、9階から2階のキャニオンストリートのグレイシアコートまで連なる全長約18mの迫力満点の光の滝。峡谷から豪快に水か落下する様子を表現しています。

滝の下には自撮りができるスタンドが準備されているので、ここで写真を撮れば、光の滝をバックに記念撮影を楽しむこともできます。

音楽とともに移り変わり輝く“光の滝”は圧巻

写真:モノホシ ダン

地図を見る

キャニオンストリートでは、“オーロラフォレスト”にも注目です。時間とともに色彩が鮮やかに変化する様子は見ていて飽きることはありません。

なんばカーニバルモールでは特急ラピートのイルミも

なんばカーニバルモールでは特急ラピートのイルミも

写真:モノホシ ダン

地図を見る

2020年、新登場のイルミネーションとしては、、パークスガーデンの3階と4階のウッドデッキに施されたシャンパンゴールドのイルミが。ウッドデッキには、ベンチも設置されているので暖かい光に包まれながら、幻想的な光景を楽しむのもおすすめです。

なんばカーニバルモールでは特急ラピートのイルミも

写真:モノホシ ダン

地図を見る

なんばパークスと、なんばCITYをつなぐ個性豊かなライブストリート、なんばカーニバルモールのイルミネーションでは、南海電鉄が誇る空港特急“ラピート”のオブジェも。きらびやかな空間の中で「なんば光旅」の来場者を出迎えます。

なんばカーニバルモールでは特急ラピートのイルミも

写真:モノホシ ダン

地図を見る

ほかに注目スポットとしては、なんばパークスの最上階の9階の一角にある、「南海ホークスメモリアルギャラリー」が。

南海ホークス(現在の福岡ソフトバンクホークス)は、関西私鉄界では、阪神、阪急に続く3番目の電鉄系職業野球団。大阪球場(現在のなんばパークス)を本拠地とし、50年の歴史の中で、日本一2回、リーグ優勝12回という大記録を残した球団です。

メモリアルギャラリーでは、球団の創成期から有終期までの歴史を知ることができます。ホークスファンの方は必見のコーナーです。

なんば光旅で、煌めく冬の宴を楽しもう

さらに、なんば光旅では、高島屋大阪店8階屋上ガーデンでもイルミネーションが楽しめます。屋上ガーデンはレストラン街にもつながっていますので、イルミを楽しんだ後は、暖かい食事をいただくというのもおすすめです。

2020年〜2021年の冬は、さらにアップグレードしたなんば光旅で、素敵な夜を過ごしてみてはいかかでしょうか?

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/30−2020/11/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -