三重県最大級の農園『こうちく男爵』でイチゴ狩り!デビュー5年目の新種かおり野を食べつくそう!

| 三重県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

三重県最大級の農園『こうちく男爵』でイチゴ狩り!デビュー5年目の新種かおり野を食べつくそう!

三重県最大級の農園『こうちく男爵』でイチゴ狩り!デビュー5年目の新種かおり野を食べつくそう!

更新日:2014/01/28 16:59

SHIZUKOのプロフィール写真 SHIZUKO 舞台演出者

寒い時期に家族みんなで楽しめる『イチゴ狩り』。ハウス栽培が大多数のイチゴは、1月から5月ごろまでが旬と言えます。日本は世界の中でもかなりのイチゴ好き国民。よりおいしいイチゴを求めて日々、品種改良が進んでいます。三重県のイチゴ農園『こうちく男爵』では、スーパーなどではあまり見かけないニューフェイスイチゴ『かおり野』がいただけます。新しいイチゴの味を求めて、三重県にお出かけされてはいかがですか。

頑固一徹『こうちく男爵』で50分一本勝負のイチゴ狩り

頑固一徹『こうちく男爵』で50分一本勝負のイチゴ狩り

写真:SHIZUKO

地図を見る

「こうちく」とは、三重県の方言で頑固者の意味。つまり『こうちく男爵』とは、頑固に食の安心・安全にこだわり、消費者と直接触れ合うことができる、地域に密着した農園を目指しているという心意気のネーミング。

三重県内最大級の広々としたイチゴ農園は、『高設栽培』と言って、棚の上でイチゴを栽培しているので、立ったままイチゴが収穫できます。車いすの人もイチゴ狩りが楽しめるように、通路が広めにとってあるのはありがたい配慮です。

ハウスの中は、寒い冬でもほんのり暖かく、柔らかな空気が漂っています。きっと、イチゴの優しい香りのせいですね。

園内に入ると、イチゴのへたを入れる容器が渡され、注意事項を聞いて、イチゴ狩りのスタートです。10時から15時までの毎時スタートで、入れ替え制。説明時間込みで50分間。イチゴの持ち出しは禁止ですが、もちろん食べ放題です。

デビュー5年目の三重県生まれのイチゴ『かおり野』

デビュー5年目の三重県生まれのイチゴ『かおり野』

写真:SHIZUKO

地図を見る

ここで栽培されているのが2009年に新品種として三重県で誕生した『かおり野』。

粒が大きくて、酸味が少なくとってもジューシー。実は柔らかく、優しい甘みでいくらでも食べられます。それが証拠に、なんと、私、30個も食べてしまいました。本当にしつこくないし、水分が多いのですごく食べやすくて食べ飽きません。今までに最高に食べた人は、男子高校生で70個だそうです。

そして、その名前からもわかるように、上品な香りが身上です。

また、イチゴの最大の敵・炭疽病に対してとても強いので、農薬の使用を抑えることができ、より安心で安全なイチゴを作ることができるんです。

イチゴ狩りのポイントはズバリ、これ!

イチゴ狩りのポイントはズバリ、これ!

写真:SHIZUKO

地図を見る

美味しいイチゴの見分け方は、まず「ヘタがぴんと反り返っている」こと。そして「根元までしっかり赤くなっている」こと。この2点に尽きます。大きさは、あまり小さなものは味が薄いので、丸々といい形に育っているものを選びましょう。かおり野は、大型品種なので、大きいから水っぽいなんてことはありません。

また、注意事項として、ミツバチによる自然交配を行っているので、園内にミツバチがいることもありますが、蜂が寄ってきても追い払わないこと。怖いのでついつい手で払ってしまいがちですが、下手に追い払うと、刺されることがあるかもしれないそうです。

そして、摘み取るときには実を引っ張らないこと。指先で茎を挟んで、爪を立てれば簡単に摘み取れます。

最も美味しい食べ方は、へたを外して、へたの側から食べる。そうすると最後まで美味しいんです。なぜなら、イチゴは細い先端部分の方が甘いから。とはいっても、摘み取る時にへたの部分を持っているので、そのままぱくりとかぶりついてしまう方がほとんどです。

お土産には『イチゴばっか』

お土産には『イチゴばっか』

写真:SHIZUKO

地図を見る

こちらの農園では、予約販売ですが『イチゴばっか』というロールケーキも製造・販売されています。

カットした部分を見せていただくと、まさにイチゴばっか。

イチゴ狩りを予約するときに、同時に予約しておけば、当日受け取れるということ。美味しそうですねー。もちろん、新鮮な取り立てイチゴも直売しているので、お土産に買うことができます。

※『こうちく男爵』詳細

イチゴ狩りは1月から5月下旬まで

三重県津市高野尾町字西大谷2275-3  電話:059-230-2833
営業時間10:00〜16:00

車の方:伊勢自動車道・芸濃ICより車で約10分 豊里ネオポリス内

電車の方:JR・近鉄・伊勢鉄道の津駅下車、三重交通バス岩田橋行きに乗り、京口立町で乗り換え、豊里ネオポリス行き「F教会前」もしくは「ネオポリス北」下車徒歩約10分

イチゴ狩りの楽しみ

ほんのり暖かなハウスの中で、思う存分イチゴを食べられる幸せ。そんなに食べられないだろうと思いつつ行ってみると、意外や意外、イチゴだけで満腹になるくらいいっぱい食べられました。イチゴはビタミンCが豊富で、ポリフェノールもたっぷりの健康食。電車では行きにくい場所ですが、ドライブがてら、お出掛けしてみてください。新しいイチゴの味のとりこになりますよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ