城崎「大江戸温泉物語 きのさき」に泊まってレトロ可愛い女子旅!評判の高い温泉でのんびり

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

城崎「大江戸温泉物語 きのさき」に泊まってレトロ可愛い女子旅!評判の高い温泉でのんびり

城崎「大江戸温泉物語 きのさき」に泊まってレトロ可愛い女子旅!評判の高い温泉でのんびり

更新日:2018/02/09 14:15

陽月 よつかのプロフィール写真 陽月 よつか フリーライター、星空準案内人、興福寺阿修羅ファンクラブ会員

「日本一ゆかたが似合う」そう言われている街をご存知ですか?それは城崎、ミシュラン二つ星の歴史ある温泉地です。人気が高く、評判の城崎温泉が「日本一ゆかたが似合う」と言われる理由とは?ゆかた女子におすすめのお宿「大江戸温泉物語 きのさき」をナビゲーター陽月が友達とともに体験してきました。城崎を遊びつくすコツから楽しみ方までご紹介します!(PR)

ゆかたと温泉のレトロ情緒!城崎ってどんな街?

ゆかたと温泉のレトロ情緒!城崎ってどんな街?

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

「城崎」って読めなくても「きのさきおんせん」なら聞いたことある!そんなあるあるが出ちゃうのは、ここが古くからある地名だから。こちら「城崎温泉」は1300年もの歴史を持つ温泉街なんです。

城崎温泉は京都や大阪から特急で一本、兵庫県の日本海側。駅を降りれば耳に柔らかな但馬弁がお出迎え。そこかしこに足湯が湧き湯煙の漂う城崎温泉の街は、まるで街全体が大きな一つの温泉宿のようです。

ゆかたと温泉のレトロ情緒!城崎ってどんな街?

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

温泉あるある「夜の屋外が何にもなさすぎる」も、城崎温泉では心配ご無用。歴史のある街並みを燈籠灯りがぼんやりと照らす、幻想的な夜の顔が待っています。まるで「一の湯の前から小川は往来の真中をゆるやかに流れ…」と志賀直哉文学『城の崎にて』に記された時から、今もそのまま変わっていないかのよう。

温泉帰り、ゆかたの人影と行きかえば、カラリコロリと下駄の音。春には桜、秋には紅葉、真冬の雪景色、ミシュラン二つ星も納得のうっとりするような日本情緒の夜…。これはぜひ泊まりたい!

ゆかたと温泉のレトロ情緒!城崎ってどんな街?

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

城崎を目いっぱい楽しむなら、おすすめは「大江戸温泉物語 きのさき」!こちらのお宿は、日本一ゆかたの似合う街ならやっぱりゆかたが着たい、でも着付けには自信ない…そんな女子の強い味方です。

特にこのお宿は、街歩き前のチェックインがおすすめ。なぜってここでは、城崎を楽しみ尽くすためのサービスが大充実なんです!

城崎をゆかたで可愛く歩けることで評判の「大江戸温泉物語 きのさき」

城崎をゆかたで可愛く歩けることで評判の「大江戸温泉物語 きのさき」

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

「大江戸温泉物語 きのさき」に入ったら、一番先に選ぶのが館内向けの無料ゆかた。無料なのにサイズも種類も選べるので、可愛く過ごせる一枚をじっくり選んで!

館内向けとは言え、この無料ゆかたで外歩きに行っても大丈夫。男性用・子ども用ゆかたももちろん各種そろっています。

城崎をゆかたで可愛く歩けることで評判の「大江戸温泉物語 きのさき」

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

お部屋は和室・洋室・メゾネット(和洋室)などバリエーション豊か。ゆったり広々くつろぐのもいいし、大人数で一つの部屋にワイワイ泊まったりもできちゃいます。(最大12人まで)

川側の部屋から見える円山川の景色は、朝には川霧が立ち込める日が多く、まるで見渡す限りの水墨画のように幻想的です。

城崎をゆかたで可愛く歩けることで評判の「大江戸温泉物語 きのさき」

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

さあ城崎温泉街へ出発しましょう!街歩きには無料ゆかたでも行けますが、ここは色ゆかたがおすすめです。なぜって作り帯があるのとないのとでは、後ろ姿の可愛さが断然違うから。しかもゆかた・帯は、大人っぽいものから可愛らしいものまで豊富な色柄の中から自由な組み合わせで選べる上、下駄までついて1000円のお手頃価格です。

そのほか外歩きに必要な手籠や寒い日用の羽織などもぜ〜んぶ無料で借りられます。つまり、ゆかたの為の準備は一切不要!

「外湯巡りパス」で温泉巡り!ジェラートに足湯に温泉タマゴ…効率よく遊ぶコツって?

「外湯巡りパス」で温泉巡り!ジェラートに足湯に温泉タマゴ…効率よく遊ぶコツって?

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

城崎温泉の街歩きと言えば、やっぱりメインは外湯巡り!七つの外湯はすべてもちろん温泉です。施設ごとに入場料が必要ですが、「大江戸温泉物語 きのさき」で貰える外湯めぐりパスがあればどのお風呂も無料で入り放題に!更にお宿発着の便利な街巡り無料バスに乗れば、湯冷め知らずの癒やし旅です。

一つ一つ趣の違うレトロ情緒な七つの湯、実はインスタ映えする写真スポットでもあります。のれんをくぐる前に記念撮影をお忘れなく。

「外湯巡りパス」で温泉巡り!ジェラートに足湯に温泉タマゴ…効率よく遊ぶコツって?

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

温泉で癒された後の一口は、身体に優しいものがいい!城崎ジェラートカフェ「Chaya」では、天然材料で作った城崎ジェラートが待ってますよ。一番人気は果実本来の甘さが嬉しい「木いちご」、丹波黒豆のごろごろ入った「黒豆よもぎ」はここでしか食べられないオリジナルです。

更にこちらの店頭は、城崎で唯一自分で温泉タマゴが作れるスポット。ナマでも美味しい但馬産のこだわり玉子を、温泉のお湯が生み出す自然な塩気でぜひどうぞ。

「外湯巡りパス」で温泉巡り!ジェラートに足湯に温泉タマゴ…効率よく遊ぶコツって?

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

七つの外湯の他に、城崎の街にはあちらこちらに無料の足湯が湧いています。もちろん予約だって不要。街中で突然座って足湯しているのにちっとも不思議な感じがしない、温泉街ならではの楽しさですね。

足湯を楽しむコツは、手籠にタオルを忘れずに用意してくること。ゆかたに下駄で疲れた足を、優雅に温泉の足湯で癒す贅沢ったらたまりません!

評判が高い温泉、ゆったり露天「くるひ」とくつろぎ半露天「げんぶ」をチェック!

評判が高い温泉、ゆったり露天「くるひ」とくつろぎ半露天「げんぶ」をチェック!

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

外湯巡りもいいけれど、移動要らずでゆったり入れるお宿のお風呂は温泉旅行の醍醐味ですよね!「大江戸温泉物語 きのさき」のお風呂はもちろんすべて城崎温泉の湯。

お風呂は二種類。雲海の美しさで知られる来日岳をモチーフとした「くるひの湯」では、ヒノキ作りの露天風呂を楽しめます!

評判が高い温泉、ゆったり露天「くるひ」とくつろぎ半露天「げんぶ」をチェック!

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

もう一つのお風呂も、近隣の観光名所の玄武洞をモチーフとした「げんぶの湯」。こちらには半露天風呂が用意されています。「げんぶ」「くるひ」二つの浴場は時間入れ替え制なので、一泊で両方のお風呂を楽しむことができますよ。

城崎温泉は、無色透明でクセのないカルシウム・ナトリウム塩化物泉。身体に強い負担や刺激のかからないこちらのお湯は、保湿効果が高く湯冷めしにくいのが特徴です。冷え性女子への地球からの贈り物、ぜひ満喫しましょう!

評判が高い温泉、ゆったり露天「くるひ」とくつろぎ半露天「げんぶ」をチェック!

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

温泉あがりはマンガコーナーでちょっと一息つくのはいかが?こちらのマンガコーナーは何回入ってもどれだけいてもずーっと無料。チェックイン前に立ち寄る人も多い、リラックススポットです。

マッサージチェアに座れば、前方は静かな円山川。気になってた話題の本や読み返したい名作マンガを手に持って、浮世を忘れてくつろぎましょう。(マッサージチェアは有料です。)

日本海の幸!但馬の恵み!温泉の夜はバイキングで好きなものを好きなだけ!

日本海の幸!但馬の恵み!温泉の夜はバイキングで好きなものを好きなだけ!

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

温泉旅で重要なものは、1に温泉・2にご飯!「大江戸温泉物語 きのさき」のお食事は、街歩きで食べ過ぎた人から温泉でお腹ペコペコな人まで、みんなに嬉しいバイキングです。

日本海の豊富な海の幸や但馬の地元食材をはじめとする料理の数々は、朝夕合わせて150種類と食べきれないほどの品ぞろえ。朝と夜の他、昼にもランチバイキング(宿泊料金とは別途)を開催しています。

日本海の幸!但馬の恵み!温泉の夜はバイキングで好きなものを好きなだけ!

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

バイキングの目玉・ライブキッチンは毎日開催。もちろん食べ放題です。目の前で揚げてくれる天ぷらの美味しいことったら!お隣ではステーキが香ばしく焼き上がり中。朝のライブキッチンでは、ドーナッツやフレンチトーストが待っています。

定番だけでなく、季節ごとに限定メニューも登場。温泉宿には珍しく、和食でなく洋食ラインナップも強いのが魅力なのです。

日本海の幸!但馬の恵み!温泉の夜はバイキングで好きなものを好きなだけ!

提供元:トラベルjp編集部

地図を見る

そして、城崎と言うからには…冬場のカニ!こちらでは地元のブランドガニ「津居山カニ」や本ズワイガニをいただけますよ。(別料金、冬期限定)

それに兵庫県と言えば、忘れちゃいけない日本酒の名産地。地元のお酒を飲み比べできる利き酒や、女性にも飲みやすい日本酒カクテルもあるので、お酒に弱い人から強い人まで無理せず美味しい日本酒を楽しむことができますよ。

ゆったりと過ぎてゆく城崎の夜、カニに日本酒カクテルで乾杯…なんていかがですか?

日本情緒満喫も手ぶらでOK!

「大江戸温泉物語 きのさき」で楽しむ城崎の旅、いかがでしたでしょうか?

「大江戸温泉物語 きのさき」は様々なサービスの中から自分の好きなところだけをチョイスできるのが大きな魅力。日本情緒のしっとり旅からみんなではしゃぐワイワイ旅まで、楽しみ方は自由自在です。アクセスは駅から徒歩約12分、無料シャトルバスなら約5分。

本格的なのに気軽に楽しめる、ゆかたでくつろぐ温泉旅。ぜひ癒されてみてくださいね。

【この記事は 大江戸温泉物語グループ株式会社 とのタイアップです】

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/28−2017/11/29 訪問

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ