地図から消されていた毒ガスの島、広島「大久野島」に残る戦争遺跡

地図から消されていた毒ガスの島、広島「大久野島」に残る戦争遺跡

更新日:2017/12/10 18:15

政田 マリのプロフィール写真 政田 マリ 仏像ナビゲーター
広島県竹原市の沖合に浮かぶ大久野島は周囲約4kmの小さな島。島のほとんどが国立公園に指定され、唯一国民休暇村があり、700羽もの野生ウサギが出迎えてくれる癒しの島として、国内外問わず観光客に人気の場所です。しかしこの島はかつて毒ガスを製造する島として稼働していました。島内あちこちに点在する廃墟と化したコンクリートの無機質な建造物たちが、決して忘れてはならない太平洋戦争の記憶を今の世に伝えています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

700羽の野生ウサギに囲まれる癒しの島として大人気

700羽の野生ウサギに囲まれる癒しの島として大人気

写真:政田 マリ

地図を見る

竹原市忠海港からフェリーで10分ほどで到着する「大久野島」。周囲約4kmほどの瀬戸内海に浮かぶこの小島には民家はなく、島内には宿泊施設「休暇村 大久野島」があるのみ。島民はこの休暇村の関係者数十人なのに対し、野生のウサギは約700羽もいて、休暇村周辺を中心に様々な色、大きさ、耳の形をしたウサギたちが私たちを迎えてくれます。

このウサギたちは近くの小学校で飼われていた8羽から自然繁殖したもの。とても人に慣れていて、昼夜問わず人影を見れば近寄ってきてくれます。
可愛いウサギたちの歓迎が噂を呼び、「ウサギの島」や「癒しの島」として国内外問わず多くの観光客が大久野島に訪れています。

昭和初期には地図から抹消されていた特異な島

昭和初期には地図から抹消されていた特異な島

写真:政田 マリ

地図を見る

そんな癒しの顔とは真逆の暗い過去がこの島にはあります。

昭和初期までの大久野島は数軒の農家が農耕をする静かな島でしたが、昭和2年に陸軍の管理下に置かれることになります。その目的は「毒ガス製造」。昭和4年から終戦まで秘密裏に作られ、機密保持のため昭和13年には島の存在自体が地図から消されたのでした。なので、大久野島が毒ガス製造の島だったことは私たち日本人でさえも知り得る機会がほとんどなかったのです。

今でも島内には当時使われていた施設が廃墟と化して存在しています。

島に点在する毒ガス施設

島に点在する毒ガス施設

写真:政田 マリ

地図を見る

島内は周囲4km、舗装道路は3kmほどで、休暇村で借りた自転車で一周しても30分ほど、もちろん徒歩でも周れます。

休暇村前の海沿いへ出て北へ向かうとすぐに見えてくる施設跡は「三軒家毒ガス貯蔵庫跡」です。

ここでは猛毒の「イペリット」が貯蔵されていました。大きな10トンタンクがそれぞれの部屋の台座に設置され管を使ってタンク内に直接毒ガスが送り込まれていたのです。イペリットのような液体毒ガスは腐食しないように内部に鉛を貼り付けたタンクに保管しました。

各部屋の大きさを見ただけでも人間よりはるかに大きなタンクの中に猛毒ガスが多数保管されていたのが容易に想像できます。

島に点在する毒ガス施設

写真:政田 マリ

地図を見る

三軒家毒ガス貯蔵庫跡を過ぎ、坂道を少し上がると「北部砲台跡」があります。ここは設備が集合していて、照明所、観測所、12p速射加農砲砲台、24p加農砲砲台、砲側庫、地下兵舎(写真)・発電機関舎で構成されていました。

島に点在する毒ガス施設

写真:政田 マリ

地図を見る

こちらはその北部砲台跡の一角にある24p速射加農砲砲台跡です。しかし、砲台は残っておらず、砲台を置いていたと思われる跡も見当たりません。代わりにあるのは何かを支えるようなカーブを描くコンクリート台。

砲台自体は日露戦争の時に使用されていましたが、その後役割を終え撤去されたのち昭和初期に毒ガス貯蔵庫として新たにこの台座が設置されたのです。

砲台はその他に「中部砲台跡」もあり、そこには16門の大砲が据えられていましたが同じく日露戦争で役割を終えた後に取り外されて毒ガス貯蔵庫になり、鉄の砲台は第一次世界大戦の時に武器に変えられました。

島内で一番大きな遺跡「発電場跡」

島内で一番大きな遺跡「発電場跡」

写真:政田 マリ

地図を見る

北部砲台跡から坂道を下り、再び海沿いへ。桟橋の手前にトンネルが見えてきます。そのトンネルを越えると時が止まったような静かな空間があります。「発電場跡」です。

毒ガスを製造する際に必要な電力を供給していた施設で、内部にはディーゼル発電機が8機設置され重油を燃料にしていました。

終戦間際にはここで風船爆弾の風船部分を膨らませたり補修したりする作業が、動員学徒の女学生によってされていました。

島内で一番大きな遺跡「発電場跡」

写真:政田 マリ

地図を見る

以前はトンネルより先は立ち入ることができませんでしたが、現在は建物前まで進むことができます。窓枠は曲がり、ガラスは割れ落ち、コンクリート片も剥落が激しいため、許可なく内部へ立ち入ることは禁止されていますのでご注意ください。

島は平和を考えるための教材

「ウサギの島」「癒しの島」として平和の象徴のように捉えられている「大久野島」に未だに点在する戦争の爪痕。世界中から注目され多くの方が訪れるようになった今だからこそ、これまでの大久野島の本来の歴史も知ってほしいと島には「毒ガス資料館」もあります。 これからの平和を願い、過去の過ちを繰り返さないためにも是非立ち寄ってみてください。

また、瀬戸内海を360度見渡すことができる「展望台」からの眺め(写真)は絶景です。どこまでも続くような多島美が心を穏やかにしてくれますよ。

島は平和を考えるための教材

写真:政田 マリ

地図を見る

「大久野島」の基本情報

住所:広島県竹原市忠海町大久野島
アクセス:竹原市・忠海港よりフェリーで15分、大三島・盛港よりフェリーで15分、大久野島桟橋着

2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -