週末観光にぴったり!広島県「大久野島」で歴史とうさぎに触れあおう

週末観光にぴったり!広島県「大久野島」で歴史とうさぎに触れあおう

更新日:2017/12/14 11:14

釜井 知典のプロフィール写真 釜井 知典
最近、テレビや旅行雑誌にも取り上げられている広島県の瀬戸内海国立公園「大久野島」をご存知ですか?ここは自由に暮らすうさぎを見られる、絶好のフォトスポットとして近年人気が出ています。

さまざまな毛色のうさぎたちを写真に収めたり、大久野島の歴史に触れながら素敵な休日を過ごしてみましょう。こんなに安い!広島ツアーの最安値はこちら
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「毒ガスの島」から「うさぎ島」へ

「毒ガスの島」から「うさぎ島」へ

写真:釜井 知典

地図を見る

今でこそフォトスポットとして人気の大久野島ですが、かつては「毒ガスの島」と呼ばれる場所でした。

事の発端は昭和2年。陸軍が毒ガス製造を目的として管理下に置いたことが始まりです。その後、昭和20年まで毒ガス製造が続けられ、実態を秘匿(ひとく)するために昭和初期には地図からその存在を消されました。当時作られていたのは、催涙剤や嘔吐剤、びらん剤といった劇物で、製造や無毒化処理に関わった人は現在も障害に悩まされているといいます。朝鮮戦争時にはアメリカ軍の弾薬庫として使用され、昭和30年代になりようやく今に近い大久野島へと変わっていったのです。

このころの日本は観光の一般化などによりレクリエーション施設が増加し、大久野島にも白羽の矢が立ちました。国民休暇村が整備され、現在も「休暇村大久野島」での宿泊が可能です。

さて、皆さんが気になるのは、大久野島が「うさぎ島」と呼ばれるようになったのはいつからか、ではないでしょうか?大久野島でたくさんのうさぎが繁殖した理由については、小学校で飼われていたうさぎが放されて野生化したことが有力とされていますが、大久野島という名前自体、全国的に決して有名とは言えませんでした。なにしろ、かつては一度地図から消された場所ですので、当時島の存在を知っていたのは地元広島県民の方など一部の人々だけです。

このきっかけとなったのは2011年、うさぎ年を理由に日本のメディアが紹介したことです。2000年代には休暇村利用率も低かったものの、メディアが紹介してからというもの年々観光客が増加し、海外からの来島者も増えています。

レンタルサイクルで島の美しい風景を堪能!

レンタルサイクルで島の美しい風景を堪能!

写真:釜井 知典

地図を見る

島に訪れてまず楽しみたいのは、かわいらしいうさぎがあちこちを走り回る島の風景です。フェリー乗り場から、「休暇村大久野島」へ向かう無料シャトルバスが出ていますので、まずはこれに乗って島の中心地に向かいましょう。

レンタルサイクルで島の美しい風景を堪能!

写真:釜井 知典

地図を見る

「休暇村大久野島」ではレンタルサイクルが利用できるため、近くのコインロッカーに荷物を預けて、自転車に乗りながらうさぎたちとの触れ合いタイムを楽しめます。

島そのものはとても小さく、1周は自転車で約30分。前かごにうさぎのエサを入れておくと、うさぎたちが自然と近寄っておねだりしてくれます。これは、写真を撮るのに絶好のチャンス!

もちろん、歩いてもそれほど時間はかかりませんので、余裕のある方は島の風景を楽しみながら散策してみてはいかがでしょうか。

レンタルサイクルで島の美しい風景を堪能!

写真:釜井 知典

地図を見る

また、うさぎだけでなく瀬戸内海ならではの美しい島の風景も見どころです。

島内には海水浴場やキャンプ場、テニスコートなどもありますので、思いっきりスポーツやアウトドアを楽しむこともできます。自転車で島内を回りながら、レジャーを満喫してみてはいかがでしょうか。

何といってもかわいいうさぎたち!

何といってもかわいいうさぎたち!

写真:釜井 知典

地図を見る

島の自慢は、何といってもかわいらしいうさぎたちです。

島内に生息するうさぎには自由にえさがあげられますが、マナーとして食べてはいけないもの(お菓子やパン、ネギ、ニラ、ニンニク、アボカドなど)は事前にリサーチしておきましょう。

フェリー乗り場ではうさぎのエサも販売されているので、そちらを活用してみるのもおすすめです。

何といってもかわいいうさぎたち!

写真:釜井 知典

地図を見る

写真をたくさん撮りたいなら、人参をスティック状にカットしておいたり、キャベツをざく切りにして持って行くのがおすすめ。手に持った野菜を狙って、我先にとうさぎたちが走り寄ってきます。

真夏は暑くて日陰に隠れていることもあるので、春や秋がぴったりです。

島内に残された砲台跡や発電所跡、毒ガス貯蔵庫跡などのそばにも、かわいらしいうさぎたちが伸び伸びと暮らしています。小さな軍艦島のような不思議な風景と、うさぎたちとのコラボも楽しんでみてください。

何といってもかわいいうさぎたち!

写真:釜井 知典

地図を見る

島唯一の宿泊施設である休暇村には、うさぎにちなんだかわいらしいメニューやお土産も販売されていますので、ぜひ楽しんでみてください。

こちらは、「うさんちゅカフェ」で販売されている定番メニュー。島を回って歩き疲れたときにぴったりです。写真の「うさんちゅバゲット」は、瀬戸内レモンカード、メープルシロップをを塗った2種類のバゲットに、ソフトクリームを添えたもの。うさぎの耳のようなかわいらしいメニューで、疲れた体と心を癒してくれます。

土日限定のメニューも多いので、訪れるなら休日がベスト。数量限定の「竹原いもタコカレー」も必見ですよ。

小さいながらも魅力にあふれた大久野島は、歴史好きにも動物好きにも、廃墟マニアにもたまらないエリア。

1日もあれば回り切れるので、近くにお住いの方はもちろん、愛媛や広島などへ観光に行った際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

かわいらしいうさぎに癒される旅へ、出発しましょう!

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「大久野島」の基本情報

住所:広島県竹原市忠海町大久野島
アクセス:竹原市・忠海港よりフェリーで15分、大三島・盛港よりフェリーで15分、大久野島桟橋着

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。こんなに安い!広島ツアーの最安値はこちら

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -