アメリカ西海岸縦断!アムトラック「コースト・スターライト号」で鉄道旅を満喫

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アメリカ西海岸縦断!アムトラック「コースト・スターライト号」で鉄道旅を満喫

アメリカ西海岸縦断!アムトラック「コースト・スターライト号」で鉄道旅を満喫

更新日:2017/12/15 14:42

大川原 明のプロフィール写真 大川原 明 旅行ジャーナリスト(ライター)

広大な土地を有するアメリカ合衆国。そんなアメリカ国内を移動する手段は多くありますが、時間をかけて移動できるのであれば、アムトラックの長距離旅客列車での旅をお薦めします。大自然の中を突き進むアムトラックでの旅は最高です。
今回は、アムトラックの長距離旅客列車の中でも西海岸のシアトル⇔ロサンゼルスを片道35時間で運行している「コースト・スターライト号」を皆様にご紹介いたします。

アメリカ西海岸を片道35時間で縦断している「コースト・スターライト号」

アメリカ西海岸を片道35時間で縦断している「コースト・スターライト号」

写真:大川原 明

地図を見る

アムトラックは、アメリカで1971年に発足した、全米をネットワークする鉄道旅客輸送を運営する公共企業体で、広大なアメリカ国内に縦横無尽に線路を設けて列車を運行しています。

そんなアムトラックの長距離旅客列車の中で、西海岸シアトル⇔ロサンゼルスを片道2216キロ、約35時間の所要時間で運行しているのが「コーストスターライト号」です。

アメリカ西海岸を片道35時間で縦断している「コースト・スターライト号」

写真:大川原 明

地図を見る

「コーストスターライト号」は、シアトル⇔ロサンゼルス間のいたるところで停車しますので、皆さんの目的に合わせてチケットの予約をするとよいでしょう。シアトル⇔ロサンゼルスは飛行機だと所要時間3時間程ですが、時間に余裕のある方はぜひとも、長距離旅客列車で移動していただきたいものです。それだけ満足感のある鉄道旅が出来ます。

早めのチェックインを心がけよう!

早めのチェックインを心がけよう!

写真:大川原 明

地図を見る

チケットの予約は旅行会社だけでなく、アムトラックのホームページからネット予約、駅の予約カウンターでの直接予約があります。「コースト・スターライト号」はコースト・スターレイトと揶揄されるように、出発時間の遅れはよくあるので、出発当日に駅の電光掲示板で運行状況を確認するようにしましょう。

早めのチェックインを心がけよう!

写真:大川原 明

地図を見る

チェックインは出発の30分前には済ませたいところですが、混雑も予想されるので余裕をもって、出発の1時間前には駅に到着しているようにしましょう。ちなみに寝台でなく普通席の場合、指定ではなく自由席となりますので、早くチェックインしたほうが好きな席がとれます。

お手頃な普通席と快適な寝台

お手頃な普通席と快適な寝台

写真:大川原 明

地図を見る

客車は普通席から寝台とありますので、お財布と相談してきめるとよいでしょう。ちなみに寝台は人気があり、早めに予約をしない満席になることが多いです。各料金は下記です。

・普通席=136ドル
・ビジネス席=192ドル
・寝台=350ドル〜550ドル
ファミリー寝台=一部屋で700〜1000ドル
※時期や空き状況により料金の上下あり

お手頃な普通席と快適な寝台

写真:大川原 明

地図を見る

普通席であっても大きなアメリカ人用に設計されていますので、シートピッチがあり、後ろに座席を倒せるので、しっかりとした睡眠をとることができます。列車内は無料でWi-Fiに繋ぐことができますので、PCやスマホ持参すれば、インターネットを楽しめます。コンセント差し込み口は寝台だけでなく、普通席にもついていますので重宝します。

展望室から絶景を堪能

展望室から絶景を堪能

写真:大川原 明

地図を見る

列車内には誰でも利用可能な展望室があります。1階は売店になっているので、スナック菓子や飲み物を購入し、2階の展望室でスナック菓子をつまみながら景色を堪能するとよいでしょう。夜になればきれいな星空を見る事もできます。

展望室から絶景を堪能

写真:大川原 明

地図を見る

シアトル⇔サンフランシスコ間は山々や湖の景色を楽しむ事ができるのに対し、サンフランシスコ⇔ロサンゼルス間は海の景色を堪能できます。それに合わせて座席を選択するとよいでしょう。

食事と他の乗客との交流を楽しめる食堂車

食事と他の乗客との交流を楽しめる食堂車

写真:大川原 明

地図を見る

列車内にはダイニングカーと呼ばれる食堂車があり、朝、昼、晩と利用する事ができます。寝台利用者は全食事つき、普通席利用者は有料にて利用できます。食堂車のテーブルは限りがあるため基本的には予約制。自分が食事をしたい時間を乗務員に事前に伝えねばなりません。また相席での利用なので、アメリカ人や他国の乗客との交流を楽しむ事ができます。

食事と他の乗客との交流を楽しめる食堂車

写真:大川原 明

地図を見る

メニューは豊富でハンバーガー、サンドイッチからステーキまで注文する事ができます。単品で注文するもよし、フルコースで注文するもよしです。味も上出来で満足できます。

最後に

いかがでしたか?アメリカは、国別面積でカナダに次ぐ3位という広大な国。航空路線も充実しており、安価な国内線の航空券も手に入りますので、時間に余裕がない方は、飛行機利用がよいでしょう。しかし、アメリカという広大な国の自然を知る上では、長距離旅客列車の旅をお薦めします。時間に余裕のある方は、ぜひアムトラックの長距離旅客列車で鉄道旅を満喫してください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/30−2017/12/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -