徳島・阿波の土柱は世界三大土柱の一つ!奇観と超スリルある眺め

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

徳島・阿波の土柱は世界三大土柱の一つ!奇観と超スリルある眺め

徳島・阿波の土柱は世界三大土柱の一つ!奇観と超スリルある眺め

更新日:2019/03/12 16:13

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、タイと台湾に詳しい旅作家
徳島県阿波市阿波町桜ノ岡にある「阿波の土柱(あわのどちゅう)」は、アメリカロッキー山脈、イタリア南ティロル地方と合わせ、世界三大土柱と呼ばれる奇観で国の天然記念物。

観光地としての整備が出来ており、しっかりとした遊歩道を歩きながら上から下からと、様々な角度から楽しめます。そして何と言っても土柱を足元で見下ろす上からの眺めはスリル満点!ぜひとも歩いてみましょう。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

阿波の土柱とは

阿波の土柱とは

写真:大里 康正

地図を見る

見事な奇観の阿波の土柱(earth pillar、hoodoo)は、どのように形成されたのでしょうか。その歴史は徳島県を雄大に流れる吉野川が関係しています。約100万年前、このあたりは吉野川の川底でした。その後の地形変動で底部が露出し、風雨にさらされることで作られていったのです。

阿波の土柱とは

写真:大里 康正

地図を見る

段丘礫層(土柱礫層)と呼ばれる特別な地形。直立した崖が砂礫層によって出来ていることが条件であり、その状況そのものが世界を見渡しても珍しいとのこと。

特殊な条件により、アメリカ合衆国ユタ州南西部に位置するプライス・キャニオン国立公園内、イタリア北部の南ティロル地方(トレンティーノ=アルト・アディジェ州ボルツアーノ自治県)、そしてこの阿波の土柱の3か所でしか見ることが出来ません。

土柱を見上げる迫力

土柱を見上げる迫力

写真:大里 康正

地図を見る

「阿波の土柱」観光ですが、お勧めは障害者専用の駐車場からのコース。駐車場から小道を100m程行くと、土柱を中腹から見ることが出来る展望台に到着します。

土柱を見上げる迫力

写真:大里 康正

地図を見る

展望台からの眺めを楽しんだら、階段を使って下に降りてみましょう。

土柱を見上げる迫力

写真:大里 康正

地図を見る

下から見上げると、土柱の高さを感じることが出来ます。なお、この場所では、柵の中に立ち入らないように注意をして下さい。国の天然記念物であり、少しでもこの状況を残すために大事なこととなります。

上の一般展望台から一望

上の一般展望台から一望

写真:大里 康正

地図を見る

土柱を見上げた後は、土柱を右手に見ながら奥に進んで下さい。そこから一番上の一般展望台まで階段を使って上がることが出来ます。

上の一般展望台から一望

写真:大里 康正

地図を見る

土柱の発見は800年前と記録が残されています。その当時はこのように整備された展望台は無かったのですから、比較して現代は手軽に全景を楽しめとても便利。

ところで千帽子山・高歩頂山・円山にまたがる阿波の土柱は、場所によって橘嶽、延嶽、不老嶽、燈篭嶽と呼ばれ、展望台正面からの波涛嶽と合わせて六嶽と言われています。どこがどの嶽か、探してみましょう。

上の一般展望台から一望

写真:大里 康正

地図を見る

昭和9年(1934年)に国の天然記念物に指定された歴史がありますが、他にも「とくしま88景」にも選定されています。この素晴らしき景観も、刻一刻と変化しているのが現実。

長い年月で出来た姿は、崩れていくことはあってもこのままということは無いので、どこかの時点ではやがて見られなくなることでしょう。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

遊歩道を歩いて土柱の真上に

遊歩道を歩いて土柱の真上に

写真:大里 康正

地図を見る

阿波の土柱観光でとても便利なことは、遊歩道がきっちりと整備されていることです。標識に従って歩きましょう。

遊歩道を歩いて土柱の真上に

写真:大里 康正

地図を見る

橋を通り、石段を歩いて進みます。

遊歩道を歩いて土柱の真上に

写真:大里 康正

地図を見る

自然豊かな遊歩道ですので、周囲の雰囲気も楽しんでみてはいかがでしょうか。

土柱を見下ろすスリル

土柱を見下ろすスリル

写真:大里 康正

地図を見る

石段が終わると公衆トイレがあり、その奥の右手に土柱があります。

土柱を見下ろすスリル

写真:大里 康正

地図を見る

上から見下ろす土柱に一切の柵はありません。ということは、スリル満点!

土柱のはるか下に、下から見上げた通路や展望台を見ることが出来ます。

土柱を見下ろすスリル

写真:大里 康正

地図を見る

くれぐれも足元には注意をし、自分の安全はもちろんのこと、同時に貴重な地形を崩さないように留意して下さい。

土柱は周囲をぐるりと一周することが出来ます。土柱を真上から観光したら、来た道を戻るのではなく階段を下る道を進んでみましょう。すぐに舗装された道路に出て、そのまま右手に進むと最初の道に戻ることが出来ます。

気の遠くなる長い年月をかけて作られた「阿波の土柱」の奇観を、思う存分楽しんでみましょう。

最後に、その他の徳島県観光と坂本龍馬で有名な高知県からの見どころをピックアップし、下記の関連MEMOにリンク設定しまいます。ぜひご覧のうえ、旅行の参考としてみて下さい。

阿波の土柱の基本情報

住所:阿波市阿波町桜ノ岡
電話番号:0883−35−7875(阿波市商工観光課)
アクセス:JR徳島線「阿波山川駅」下車一事で15分 徳島自動車道・阿波PAから徒歩で10分

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -