150年前の巨大木桶で仕込む醤油蔵を見学!小豆島「ヤマロク醤油」

150年前の巨大木桶で仕込む醤油蔵を見学!小豆島「ヤマロク醤油」

更新日:2017/12/26 15:20

キヨコ パーマーのプロフィール写真 キヨコ パーマー トラベルコンサルタント、 トラベルブロガー
温暖でカラっとした気候の小豆島。オリーブの島として有名ですが、醤油の産地でもあります。現在22軒ある醤油蔵の中でも、ヤマロク醤油では、いまだに木桶を使った昔ながらの製法で醤油が造られています。

私たち日本人の生活に欠かせない、醤油。でも、実は醤油のことをあまり知らないのでは?小豆島を訪れた際には、奥深い醤油の世界を知るべく、ヤマロク醤油で醤油蔵の見学をしてみるのはいかがでしょうか?

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

小豆島の醤油づくりのルーツは塩にあった

小豆島の醤油づくりのルーツは塩にあった

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

小豆島の醤油造りのルーツは、塩田にあります。その昔、島では塩が盛んに造られていましたが、のちに大阪城を築城する際に石を切り出すために島を訪れた人びとによって醤油がもたらされました。小豆島は物資を運ぶ航海上の拠点だったため、醤油の材料である大豆が手に入りやすかったことや、温暖で雨の少ない気候が醤油づくりに向いていたのです。

小豆島の醤油づくりのルーツは塩にあった

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

島の東側には、“醤(ひしお)の郷”という醤油蔵が集まるエリアがありますが、ヤマロク醤油は郷から少し離れた住宅街にあります。道で誰かと出会ったら、笑顔で「こんにちは〜」と言い合うような、のどかな空気がただよう一画の奥にあり、蔵に近づくにつれ、どことなく醤油の甘い香りがしてきます。

予約がいらない、無料でできる醤油蔵見学

予約がいらない、無料でできる醤油蔵見学

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

ヤマロク醤油での蔵見学は、当日、ふらっと訪ねても大丈夫。予約も必要ありません。蔵の見学は、島のあちこちでやっていますが、大抵は事前に予約が必要なことを考えると、気軽に立ち寄ることができます。

ただし、1点気をつけなければならないことがあります。それは、蔵を見学する前には、納豆を食べてはいけないということ。

蔵には、醤油の原料である、もろみの発酵を促す酵母菌や乳酸菌など、自然界に存在する菌がたくさん住み着いています。納豆菌はとても強い菌なので、他の菌たちを脅かす存在なのです。

巨大な木桶が自然界と一体化する神秘

巨大な木桶が自然界と一体化する神秘

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

蔵の中へ一歩足を踏み入れると、杉でできた巨大な木桶の大きさに圧倒されます。高さは2メートルはあるでしょうか。ひっそりとした蔵の中は、醤油の原料であるもろみの匂いが立ち込め、微生物たちが静かに息をしているのが聞こえてくるようです。

醤油、味噌、酒、みりん....など、日本の伝統的な調味料は、微生物の働きによってできる発酵調味料。古来より醸造には木桶が使われてきました。

醤油と味噌は現在でも木桶で生産しているところもありますが、それでも全体の生産量の1%にしか満たないんだとか。大量生産が進むにつれ、昔ながらの製法が消えつつあるのが現状なのです。同時に、醸造用の木桶を作れる業者も今となっては大阪に1社あるだけになってしまいました。

巨大な木桶が自然界と一体化する神秘

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

木桶の表面にびっしりと微生物が張り付いているのを、間近に見ることができます。創業当時、150年以上前から使われている木桶もあります。微生物たちの住処として時を経てきたその静かな佇まいは、神秘的な光景です。

巨大な木桶が自然界と一体化する神秘

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

約2年をかけて蔵のもろみが十分に発酵したら、いよいよ醤油が絞られます。何枚にも重ねられた布の重みで、醤油が溢れ出てきます。こうやって醤油が造られているなんて、実際に見てみないと知ることもないですね。

「木桶職人復活プロジェクト」

「木桶職人復活プロジェクト」

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

木桶だからこそ生み出される醤油の味は、まろやかで奥深い味に仕上がっています。木桶がこの世から消えてしまえば、もう木桶で醤油を造ることができなくなってしまい、本来の醤油の味も消えてしまうことになります。

今日まで受け継がれてきた、この醤油本来の味を絶やさないために、ヤマロク醤油5代目山本康夫さんは、2011年に「木桶職人復活プロジェクト」を立ち上げ、小豆島の大工さんと共に、残り1社となった木桶の会社へ弟子入りをしました。自ら醸造用の木桶作りを学び、木桶で造られる醤油の製法、その味を後の世代へ伝えていくためです。

そんな熱い想いが詰まった醤油が、どのように造られるか知りたくありませんか?私たちが世界に誇る和食の要である醤油について、ここ小豆島で、見て、聞いて、味わってみましょう!

ヤマロク醤油の基本情報

住所:〒761-4411 香川県小豆郡小豆島町安田甲1607
電話番号:0879-82-0666
アクセス:安田上バス停より徒歩10分、または、安田バス停より徒歩20分

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -