金穴子とのど黒茶漬け食べるなら大阪がお得?!しろや北新地

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

金穴子とのど黒茶漬け食べるなら大阪がお得?!しろや北新地

金穴子とのど黒茶漬け食べるなら大阪がお得?!しろや北新地

更新日:2017/12/20 11:39

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

大阪の魚介類といえばうなぎの蒲焼、もしくは鯖寿司や箱寿司が代表格ですが、実は、大阪南部では昔から穴子も有名なんです。和歌山近海のものや、最近では穴子の漁獲量が全国一位の長崎、特に対馬産の金穴子も大人気!
穴子のほか、白身魚のトロと呼ばれるのど黒をリーズナブルに食べられる「しろや 北新地」で高級魚三昧はいかが?初めての方にオススメなしろや会席をメインに紹介します!

対馬産の金穴子を知ったら他では食べられない

対馬産の金穴子を知ったら他では食べられない

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

金穴子・・・名前から高級そうな金穴子とは、主に長崎県対馬近海で採れる穴子のことで、一般的な穴子は、腹が白いのに対し、金穴子は、黄色くなっているのが特徴です。対馬に生息する豊富なエサを食べた金穴子は、脂のりもよく、身もふくよか。穴子の中でも高値で取引されています。

しろや 北新地では、この金穴子を対馬の港で直接漁師から先取りで買い付けを行っているため新鮮でリーズナブルな価格を実現。

そして新鮮だからこそ食べられるのが、穴子のうすづくりです。うま味、甘味、とろける食感は美味の極み!

対馬産の金穴子を知ったら他では食べられない

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

金穴子の中でも数パーセントの確率でしかとれない希少価値大の伝助穴子※を入荷しており、肉厚で脂ののりは上々!

そのおいしさを存分に味わえるのが、金穴子の岩塩焼き。すでに一度、軽くあぶった金穴子を特製の岩塩プレートで焼くことで、穴子のうまみがグッとあがります。そのまま食べるとホクホクとした食感、甘味があり、さらに、対馬の藻塩をほんのちょとプラスするとうまみアップ!

※伝助穴子は体長55cm以上の大きな穴子のことで、金穴子に限らず、他の穴子でも大きな穴子のことを伝助穴子と呼ぶ

対馬産の金穴子を知ったら他では食べられない

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

しろや 北新地は、金穴子の造りはもちろん、炙って、揚げて、さらに骨までカリカリにして食べつくす、穴子愛に満ちたお店。夜のコース料理の先付として出される穴子の骨煎餅は、カリカリとした適度な歯ごたえが病み付きになる味わいです。

対馬ののど黒ブランド「紅瞳」に舌鼓み

対馬ののど黒ブランド「紅瞳」に舌鼓み

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

コース料理の〆に出てくるのが、白身魚のトロ「のど黒」。対馬では、対馬オリジナルののど黒ブランド「紅瞳」が獲れるんです。

元々、脂のりがいいのど黒ですが、紅瞳はさらに脂たっぷりで、とろけるおいしさ。

対馬ののど黒ブランド「紅瞳」に舌鼓み

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

釜の蓋をあけるとほんのり炙られたのど黒がドドーンとお目見え。香ばしい香りが広がり、食欲をそそります。まずは、のど黒の甘味、うまみを堪能するために、そのまま何もつけずに食べてみてください。トロッと口の中でとける自然の甘味に感動必至!

2回目は、ほんのちょっと塩を振りかけます。少しの塩だけでうまみが倍増し、クセになる味わいが病み付きに。

対馬ののど黒ブランド「紅瞳」に舌鼓み

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

最後は門外不出の秘伝のダシをたっぷりかけて食べるのど黒茶漬けを。じんわりと染み入るようなマイルドな味わいのダシと、とろっととろけるのど黒の相性は抜群。のど黒自体の深い滋味がさらに引き出され、あっという間に平らげてしまいます。

コース料理の大人気メニューののど黒茶漬けは、ランチと21:00〜閉店の時間のみ、単品注文も可能。2800円とランチであれば割高と思ってしまう価格ですが、あののど黒をたっぷり食べられてこの値段はお得!ちょっと贅沢ランチがしたいな〜、飲み会のあと、小腹がちょっとすいたなというときにぜひどうぞ!

新鮮な魚介類をさまざまな調理法で

新鮮な魚介類をさまざまな調理法で

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

コース料理には、金穴子、のど黒とならび、高級魚とよばれるクエの小鍋も食べられます。幻の魚、鍋の王様と呼ばれるクエはフグのようなタンパクさとアンコウのようなうまみが絶妙。

その他、甘鯛と緋扇貝のムニエルなど、和と洋を融合した料理もあり、次から次へと出てくる料理に心躍ります。

新鮮な魚介類をさまざまな調理法で

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ふわとろ食感の蓮根饅頭の中にも、刻んだ金穴子がどっさり。メインの食材を引き立てる職人技が随所にみられる料理は、一度食べたら忘れられません。

大阪の繁華街北新地のど真ん中にある「しろや 北新地」

大阪の繁華街北新地のど真ん中にある「しろや 北新地」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ビジネスマンの夜を彩る北新地のど真ん中にある「しろや 北新地」。真っ白い暖簾が目印です。

大阪の繁華街北新地のど真ん中にある「しろや 北新地」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

木のぬくもりが温かい雰囲気の内装、そしてカウンター12席とテーブル3卓というこじんまりした店内は、北新地の真ん中にあるとは思えないほどのくつろぎ感と静けさ。

大阪は粉もんや串かつなどコテコテB級グルメが有名ですが、実は新鮮な魚介類も豊富に食べられます。大阪人にもひそかに人気の穴子や、全国的に人気の高いのど黒を大阪らしいリーズナブルな価格で食べられるのが「しろや 北新地」です。

しろや 北新地の基本情報

住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-5-32 ボネールビルB1F
電話番号:06-6459-7406
営業時間:11:00-14:30/17:00-22:30
アクセス:JR大阪駅、地下鉄梅田駅より徒歩10分、JR北新地駅より徒歩5分

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -