ニューオーリンズ「ロイヤルストリート」は街一番のオシャレ通り!

ニューオーリンズ「ロイヤルストリート」は街一番のオシャレ通り!

更新日:2017/12/26 09:03

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級
ウィンドウショッピングはお好きですか。ギャラリーやセレクトショップなど数多くのお店が建ち並ぶニューオーリンズのロイヤルストリート(Royal Street)は、昼夜通して多くの人たちが訪れます。地元の人たちが自信を持っておすすめする、オシャレ雑貨やかわいいクラフト作品など魅力的なものが次から次へとウィンドゥ超しに飛び込んでくる、街歩きが楽しくなる通りです。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

昼夜で違う表情を持つストリート

昼夜で違う表情を持つストリート

写真:浅井 みらの

地図を見る

フランス・スペイン植民地時代の名残りが残るフレンチクォーター(French Quarter)。このエリアを東西に通る「ロイヤルストリート」は、道路の看板にハートマークをつけちゃうほど魅力的なストリートとして有名です。

昼夜で違う表情を持つストリート

写真:浅井 みらの

地図を見る

道路の両側に並ぶのは、18世紀に建設されたスパニッシュ・カリビアン様式の建物。パステルカラーの明るい色あいが印象的で、昼間は和やかな空気が流れています。

昼夜で違う表情を持つストリート

写真:浅井 みらの

地図を見る

明かりが灯れば違う雰囲気に。特に賑わっているのがカナルストリート(Canal Street)からセントフィリップストリート(St. Philip Street)までの約800m。歩行者天国になる場所もあり、ストリートミュージシャンやパフォーマーの登場でより活気づきます。

アイデアファクトリーで触れる木の温かさ

アイデアファクトリーで触れる木の温かさ

写真:浅井 みらの

地図を見る

様々な雑貨屋さんと出会えるのも、この通りの魅力のひとつ。木のぬくもりが心地良いウッドクラフトを扱う「アイデアファクトリー(The Idea Factory)」は、子供だけでなく大人も十分楽しめるお店です。

アイデアファクトリーで触れる木の温かさ

写真:浅井 みらの

地図を見る

アメリカ国内でつくられた木工品が並びますが、インテリア用品からおもちゃ、それにアクセサリーにお土産など種類が豊富。カウンター近くに飾られたインテリアも大きさが違う滑車が組み合わさって回り続けるという、まるでピタゴラススイッチに登場しそうな仕掛けに目がくぎ付けになります。

<Idea Factoryの基本情報>
住所:924 Royal St, New Orleans, LA 70116
電話番号:+1-504-524-5195
営業時間:月曜日-土曜日 10:00〜18:00 / 日曜日 10:00〜17:00
定休日:なし

レッド ランタンでお気に入りの一枚を

レッド ランタンでお気に入りの一枚を

写真:浅井 みらの

地図を見る

好奇心がくすぐる赤い入り口が目印の「レッド ランタン(Red Lantern)」。こちらではニューオーリンズをテーマにしたアパレルを主に取り扱っています。

レッド ランタンでお気に入りの一枚を

写真:浅井 みらの

地図を見る

洋服以外にも靴下や帽子、アクセサリーにカバンなどが並び、次に何が出てくるのか、おもちゃ箱のような店内。色使いが綺麗なものもあれば、クスっと笑ってしまうユーモアなメッセージ入りのものなど、見ているだけでワクワク気分になります。

<Red Lanternの基本情報>
住所: 824 Royal St, New Orleans, LA 70116
電話番号:+1-504-561-1017
営業時間:10:00〜18:00
定休日:なし

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

トゥリゾーラァーで楽しむ色彩

トゥリゾーラァーで楽しむ色彩

写真:浅井 みらの

地図を見る

色鮮やかな配色に目を奪われるのが「トゥリゾーラァー(Tresor Rare)」の石けん。オーガニックの材料で作られ、芳醇な香りにうっとりしてしまいます。

トゥリゾーラァーで楽しむ色彩

写真:浅井 みらの

地図を見る

まるでカップケーキのようなキュートなデザインのものも。装飾にはニューオーリンズのシンボル、アイリスが使われています。

<Tresor Rareの基本情報>
住所:614 Royal St, New Orleans, LA 70130

ギャラリーやレストランなども豊富

ギャラリーやレストランなども豊富

写真:浅井 みらの

地図を見る

ちょこんとした素朴なたたずまいの「アンティーク アート コレクティブル(Antiques Art Collectible)」。2階は珍しいコインや切手が展示されていて、1階はギャラリーになっていて、ニューオーリンズを題材にしたアートを見ることができます。

<Antiques Art Collectibleの基本情報>
住所:818 Royal St, New Orleans, LA 70116
電話番号:+1-504-524-6918

ギャラリーやレストランなども豊富

写真:浅井 みらの

地図を見る

秘密のお屋敷のような、ロマンティックな雰囲気が感じられるのはレストラン「カフェ アメリエ(Cafe Amelie)」。実はアメリカ人で初めてモナコ大公の妃となったアリス・ヘイン公妃が生まれた場所で、アメリエは彼女の母親の名前です。優雅な中庭や建物は当時と変わらない状態で、今でも訪れる人たちを穏やかに迎え入れます。

<Cafe Amelieの基本情報>
住所:912 Royal St, New Orleans, LA 70116
電話番号:+1-504-412-8965
営業時間:水曜日-日曜日 11:00〜15:00 / 水・木・日曜日 17:00〜21:00 金・土曜日 17:00〜22:00
定休日:月・火曜日

午後から夕方にかけて訪れたい場所

フレンチクォーターを代表するショッピング通り、「ロイヤルストリート」。地元アーティストがデザインした雑貨は、どれもユニークで面白いものばかり。他にも良質なものを取り揃えた文房具屋さんがあったり、ルイジアナ州の初代最高法務官を務めた邸宅が現在ホテルになっていたりと色々な発見があります。ぜひ訪れた際は、自分のとっておきを見つけてみてはいかがでしょうか。

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

【取材協力:ミシシッピ・リバー・カントリーUSA、ニューオーリンズ観光局】

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -