ナッシュビル「ハッチ・ショー・プリント」で出会う18世紀と21世紀の共作

ナッシュビル「ハッチ・ショー・プリント」で出会う18世紀と21世紀の共作

更新日:2017/12/26 09:01

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級
カラフルな色彩満載のポスターや雑貨はお好きですか。ナッシュビルの「ハッチ・ショー・プリント(Hatch Show Print)」は、全米屈指の凸版印刷の会社。音楽の街らしく、コンサートのポスターを多数デザイン、印刷し続けてきた歴史があります。ショップに併設された工房からは18世紀の印刷機が今でもカタンコトンと音を鳴らし、最新デザインの作品が一枚一枚丁寧に手作業で作られています。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

赤いロゴが目印

赤いロゴが目印

写真:浅井 みらの

地図を見る

「ハッチ・ショー・プリント」があるのは、カントリー・ミュージック殿堂博物館(the Country Music Hall of Fame and Museum)の建物内部。博物館とホテルが繋がっていて、お土産屋さんやレストランが建ち並ぶ一角に構えています。

整列されたポスターはまるで美術館のよう

整列されたポスターはまるで美術館のよう

写真:浅井 みらの

地図を見る

ショップにはこちらで作成したポスターが張られ、購入することも。ナッシュビルを鮮やかにデザインしたものや、ミュージシャンの渋いイラスト付きなどデザインや色合いも様々です。

特にお店が活躍したのが1920年代中盤から1950年代の期間。1925年から今も続く“グランド・オール・オープリー(Grand Ole Opry)”は、カントリー・ミュージックの公開ライブを毎週放送する長寿番組。その会場だったライマン公会堂(Ryman Auditorium)に隣接していたため、出場する有名アーティストのポスターを手掛けていました。

整列されたポスターはまるで美術館のよう

写真:浅井 みらの

地図を見る

ポスター以外にも、アルファベットのポストカードやノートなどの文房具も販売されています。丁寧に印刷された表紙からは、手作業だからこそのぬくもりや手ざわりの良さが感じられますので、ぜひ手に取って触れて頂きたいものばかりです。

活気ある工房は見どころいっぱい

活気ある工房は見どころいっぱい

写真:浅井 みらの

地図を見る

ショップの傍らから聞こえる活気ある声と機械音。工房は今も現役の印刷所として活動中です。待ちかまえる門には“1879年 設立(EST. 1879)”の文字が。全米でも屈指の歴史を誇る老舗、醸し出す雰囲気も重厚感が感じられます。

活気ある工房は見どころいっぱい

写真:浅井 みらの

地図を見る

年間500-600枚ものポスターがここから生み出されていきます。デザインから印刷までの全工程を手掛けていて、工房のあちらこちらで熱心に話し合う姿が。

活気ある工房は見どころいっぱい

写真:浅井 みらの

地図を見る

棚いっぱいに保管されているのは、印刷に必要な逆アルファベットの型やイラストなど。部屋を取り囲むほどの多さは、歴史の長さと比例しているんですね。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ポスターが出来上がる過程を見られることも

ポスターが出来上がる過程を見られることも

写真:浅井 みらの

地図を見る

奥行きある工房に並ぶ複数の印刷機。18世紀に生み出された技術ですが、色合いや印刷具合がデジタルでは表現できないと言われていて、今でも多くの企業がポスターを依頼するほどの人気ぶりです。

ポスターが出来上がる過程を見られることも

写真:浅井 みらの

地図を見る

工房はガラス張りになっていて、作業中の様子を見ることができます。ここで行われている凸版印刷とは、印刷したい部分が突出しているので、そこにインクを塗りプリントしていく方法。1色ごとに色を塗り直すため、カラフルなデザインほど手順が多くなります。

ポスターが出来上がる過程を見られることも

写真:浅井 みらの

地図を見る

すべてが手作業で行われ、1ミリのズレも許されないという、まさに職人技が光る舞台です。

印刷の魅力に触れられるツアー

印刷の魅力に触れられるツアー

写真:浅井 みらの

地図を見る

1日3回(12:30、14:00、15:30)行われる見学ツアーは、1枚のポスターが出来上がるまでの流れや、工房内も入ることができます。当日予約とホームページからのオンライン予約の両方から受け付けていて、多くの人たちが参加する人気ツアーです。ショップの斜め向かいにはギャラリーもあり、昔のオリジナルポスターなども見ることができます。

音楽の街として賑わったナッシュビルにとって、多くの人たちを呼び集めることができるポスターは必要不可欠なツール。「ハッチ・ショー・プリント」の歩みは、アメリカ音楽の歴史と共にありと言っても過言ではないほど。ぜひ訪れた際は、大舞台を支え続けた職人技の色彩にうっとりしてみてはいかがでしょうか。

ハッチ・ショー・プリントの基本情報

住所:224 5th Ave S, Nashville, TN 37203
電話番号:+1-615-577-7710
営業時間:ショップ 9:30〜18:00 / 工房 月曜日-金曜日 9:30〜17:00
定休日:サンクスギビング、クリスマス・イブ、クリスマス
アクセス:ブロードウェイより徒歩5分

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

【取材協力:ミシシッピ・リバー・カントリーUSA、テネシー州観光局】

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -