ミケランジェロの貴重な素描も!フィレンツェ「ブオナッローティの家」

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ミケランジェロの貴重な素描も!フィレンツェ「ブオナッローティの家」

ミケランジェロの貴重な素描も!フィレンツェ「ブオナッローティの家」

更新日:2018/07/25 15:30

中山 久美子のプロフィール写真 中山 久美子 トスカーナ専門コーディネイター、日伊通訳

ルネサンス期を代表する芸術家の1人・ミケランジェロ。彼の作品はローマとフィレンツェに集中しており、この2都市を訪れる方はおそらくヴァチカンのシスティーナ礼拝堂やサン・ピエトロ寺院のピエタ、アカデミア美術館のダヴィデ像などを鑑賞されたのではないでしょうか?しかし、これらの有名なもの以外にもミケランジェロ・ファンには絶対はずせないのが、フィレンツェの「ブオナッローティの家」ミュージアムです。

ミケランジェロも滞在した一族の家「ブオナッローティの家」

ミケランジェロも滞在した一族の家「ブオナッローティの家」

写真:中山 久美子

地図を見る

「ブオナッローティの家」は、ミケランジェロのお墓もあるサンタ・クローチェ教会のすぐそばにあります。ミケランジェロ自身によって購入されたこの家は彼の定住先ではありませんでしたが、1516年〜34年のサン・ロレンツォ教会で仕事をしている間は滞在していたと言われています。ミケランジェロの死後はブォナッローティ家を継ぐ甥っ子・レオナルドに引き継がれ、更に彼の息子であるミケランジェロ・イル・ジョヴァネにより、現在の基礎となる改装が30年近くの年月をかけて行われました。現在は、財団によって管理されるミュージアムとなっています。

ミケランジェロも滞在した一族の家「ブオナッローティの家」

写真:中山 久美子

地図を見る

ミュージアムは1階・2階にありますが、ミケランジェロの作品があるのは2階。階段を上ったホールには、1500〜1800年代に描かれたミケランジェロの肖像画が飾られてます。ミケランジェロは彫刻、絵画、建築など、さまざまな分野で活躍した芸術家ですが、その多彩な才能の原点ともいえる作品たちが、この家に残っているのです。

天性の才能を証明する、10代の貴重な彫刻作品2つ

天性の才能を証明する、10代の貴重な彫刻作品2つ

写真:中山 久美子

地図を見る

ミケランジェロはアレッツォ県のカプレーゼに生まれましたが、生後まもなく一家はフィレンツェに移住。13才の時に彫刻家ドメニコ・ギルランダイオの工房に入るや否やその才能を発揮し、その2年後には当時のメディチ家の当主であるロレンツォ・イル・マニーフィコの芸術アカデミーに派遣されます。その時に製作したレリーフ作品が、この「階段の聖母」。小さな作品ながら、すでに壮大なドラマが感じられる作品として評価されています。

この作品は、ミケランジェロの甥っ子であるレオナルドからトスカーナ公のコジモ1世に贈られましたが、1616年に「偉大な祖先への賞賛」として、トスカーナ大公コジモ2世からレオナルドの息子であるミケランジェロ・イル・ジョヴァネに返却されました。それから現在までの400年間、このブォナッローティの家に保管・展示されています。

天性の才能を証明する、10代の貴重な彫刻作品2つ

写真:中山 久美子

地図を見る

「階段の聖母」の後、同じく芸術アカデミーで製作されたもう1つの作品が、この「ケンタウロスの戦い」。こちらはロレンツォ・イル・マニーフィコに捧げられた作品とされていますが、1492年の彼の死とそれによる政況変更により、作業は止まったと言われています。いくつもの体と頭が絡み合う迫力あるこの作品は、未完成ながらも、ミケランジェロ少年期の最高傑作とされています。

ミケランジェロの製作過程が垣間見える、500年前の粗型と素描コレクション

ミケランジェロの製作過程が垣間見える、500年前の粗型と素描コレクション

写真:中山 久美子

地図を見る

レリーフの部屋からホールを挟んで向かい側にあるのが、彫刻の粗型の部屋。1664年以前の記述が残っておらず、一時期不明となっていた粗型は19世紀半ばに再発見され、ミケランジェロのものと確定されたもの、不確定なものを含めて、この部屋に展示されています。

ミケランジェロの製作過程が垣間見える、500年前の粗型と素描コレクション

写真:中山 久美子

地図を見る

粗型は、ミケランジェロが若い頃から老いた頃まで年代は幅広く、また蝋、木、テラコッタなど、その素材や技法もさまざま。その中で最も秀逸な粗型が、1530年ごろ製作の「2人の闘士」。最終的に別の彫刻家により製作されたヴェッキオ宮殿前の「エルコレとカークス」や、ヴェッキオ宮殿の500人の間内にある「勝利の守護神」など、どの作品の粗型であるかは確定されていませんが、身体の緻密さや躍動感などミケランジェロ作品の特徴が、この小さな粗型からも十分に感じられます。

ミケランジェロの製作過程が垣間見える、500年前の粗型と素描コレクション

写真:中山 久美子

地図を見る

「芸術家列伝」作者のヴァザーリによると、ミケランジェロは「作品製作の苦労や不完全なものを見られないように」と、大半の素描を焼いてしまったそうです。しかし幸いにも、甥っ子であるレオナルドがローマの市などでそれらを見つけて買い戻し、現在はこの家に200もの素描が残っています。かつては額に入れて展示されていましたが、1960年から紙の劣化を防ぐ現在の展示方法となり、限られた点数が一定の期間で交代で展示されています。なので、時間をおいて再訪すると、また違う素描が見られるかもしれませんね。

未完に終わった、サン・ロレンツォ教会のプロジェクト2つ

未完に終わった、サン・ロレンツォ教会のプロジェクト2つ

写真:中山 久美子

地図を見る

同じく2階にある「サン・ロレンツォの製作所」では、メディチの菩提教会であるサン・ロレンツォ教会のためにミケランジェロが計画した、2つのモデルが残っています。

1つ目はファサートの木製モデル。現在は未完成で残っているサン・ロレンツォ教会のファサートですが、メディチ家出身の教皇・レオ10世の時代にミケランジェロに計画が託されていたのです。最終的には1520年に契約書は撤回され、その2代後のメディチ家出身の教皇・クレメンテ7世によって工事は再開計画がなされるも、彼の死によって工事が再び行われることはありませんでした。

未完に終わった、サン・ロレンツォ教会のプロジェクト2つ

写真:中山 久美子

地図を見る

もう1つは、ミケランジェロのサインが残る唯一の大型粗型「川の神」。彼の代表的作品である新聖具室のウルビーノ公のロレンツォ・ディ・メディチとヌムール公のジュリアーノ・ディ・メディチの霊廟の下に、この「川の神」が2体づつ合計4体置かれる予定でした。結局、政況の変化などでミケランジェロがローマに去ったために実現できなかったそうです。その粗型は現在、大規模な修復を終えた後、フィレンツェのストロッツィ宮殿の特別展へ貸し出しされています(写真はストロッツィ宮殿での展示)。この作品が見たい方は、2018年1月21日まではストロッツィ宮殿へどうぞ。

ミケランジェロ・イル・ジョヴァネの計画による、豪華な4部屋もお見逃しなく

ミケランジェロ・イル・ジョヴァネの計画による、豪華な4部屋もお見逃しなく

写真:中山 久美子

地図を見る

その他の見所は、ミケランジェロの甥っ子の息子、ミケランジェロ・イル・ジョヴァネの計画で装飾を施した4部屋。最初の「ギャラリー」は、ミケランジェロへの賛辞として壁面に彼と法王・権力者との面会のシーンが10枚描かれ、窓側の壁面中央にはミケランジェロの肖像が飾られています。

その後に続く、「夜と昼の間」「天使の間」「書斎」もギャラリーと同じく1600年代半ばまでに装飾された部屋ですが、面白いのが「書斎」。壁面上部には詩人、天文学者、人文学者、哲学者などトスカーナが輩出した偉大な人物の肖像画が描かれ、これはガリレオかな?ダンテかな?と想像しながら鑑賞するのが楽しいですよ。

ブォナッローティの家の基本情報

住所:Via Ghibellina 70, 50122 Firenze
電話番号:+39-055-241752
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩約20分、サンタ・クローチェ教会より徒歩約2分

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -