夜景をバックに!あべのハルカスで巨大テトリス(R)対戦

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

夜景をバックに!あべのハルカスで巨大テトリス(R)対戦

夜景をバックに!あべのハルカスで巨大テトリス(R)対戦

更新日:2018/01/12 11:02

さちのプロフィール写真 さち 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

高さ日本一の超高層複合ビル「あべのハルカス」は今や大阪の新しいランドマークとしてすっかり認知され、大阪旅行の定番観光スポットとなりました。
ハルカスの展望台「ハルカス300」が特に人気なのが夜景の時間。360度全方位美しい夜景に加え、その美しさを際立たせるプロジェクションマッピングも人気の秘密です。
そんなハルカス300に期間限定で巨大テトリス(R)が登場!親子やカップルで対戦して盛り上がろう!

あべのハルカス展望台「ハルカス300」ってどんな所?混雑は?

あべのハルカス展望台「ハルカス300」ってどんな所?混雑は?

写真:さち

地図を見る

「ハルカス300(展望台)」は日本一の高さ300mの超高層複合ビル、あべのハルカスの58階〜60階にある展望台です。気候条件が良ければ、京都から六甲山系、明石海峡大橋や関西国際空港なども一望でき、眺めはまさに絶景です!今まで出会ったことがない景色に出会える場所でしょう。

2014年の開業から約3年半で700万人の方が来場され、昨今は訪日外国人の方々にも大変人気の観光スポットです。

あべのハルカス展望台「ハルカス300」ってどんな所?混雑は?

写真:さち

地図を見る

「ハルカス300」へ上るにはまずはあべのハルカスの16階、チケットカウンターへ。
16階までは、北西角にあるエレベーター「ハルカスシャトル」が便利ですが、近鉄百貨店14階からもエスカレーターでアクセス可能です。

気になる混雑具合について、GWやお盆・年末年始などの行楽シーズン期間は多少チケットブースの列が長くなりますが、通常は比較的スムーズに流れているようです。
今まで混んでいるからちょっと・・・・・と行くのを躊躇されていた方もこの機会に行かれてみてはいかがでしょう?!

夜が特にオススメ!宝石箱をひっくり返したかのような大阪の夜景

夜が特にオススメ!宝石箱をひっくり返したかのような大阪の夜景

写真:さち

地図を見る

エレベーターが60階に到着し、扉が開くと・・・・「わあ!!」と歓声が上がります。そこにはまさに宝石箱をひっくり返したかのような夜景が広がっていて、一気に別世界に引き込まれます。

当たり前なことを言いますが、大阪の街は広いです、大都会です。だから大都会、大阪が見渡せる「ハルカス300」からの夜景は360度全方位キラキラなんです!

夜が特にオススメ!宝石箱をひっくり返したかのような大阪の夜景

写真:さち

地図を見る

ここにしかない夜景=唯一無二の特別なもの、を一緒に見る体験をすれば、それだけで距離がぐっと縮まる気がしませんか。

特にデートで訪れるのにこれ以上絶好のロケーションはないでしょう。

夜が特にオススメ!宝石箱をひっくり返したかのような大阪の夜景

写真:さち

地図を見る

「ハルカス300」展望台は、お子様がいるファミリーにもお勧めです。
一般的な展望台の足元は、手すりや柵などが多く小さなお子様の背の高さではそれらが邪魔をして見えづらいのが可哀想なのですが、「ハルカス300」の展望フロアは、足元から天井まで一面ガラス張りでとっても視界が広いんです。

お父さんお母さんも「見えないよ〜、抱っこして〜」と言われないので、お子さんと手をつないでゆったり夜景を楽しむ事ができそうですよ。

巨大テトリス(R)が期間限定で登場!無料で対戦できる

巨大テトリス(R)が期間限定で登場!無料で対戦できる

写真:さち

地図を見る

「ハルカス300」では、夜景を背景に期間限定でテトリス(R)が対戦できるイベントが開催されています。

テトリス(R)といえば、1980年代を中心に大ブームを巻き起こしたパズルゲーム。落ち系ゲームの元祖であり、ゲームボーイで遊んだ経験のあるお父さんお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。最近ではスマホゲームや最新のゲーム機でも遊べるとあって、若い世代や子供達にも親しまれています。

巨大テトリス(R)が期間限定で登場!無料で対戦できる

写真:さち

地図を見る

58階〜60階に突き抜けた大きな2本の柱がテトリス(R)の対戦場となります。
細長い柱が・・・・なるほど、テトリス(R)を映し出されるために造られたかのようで、全く違和感がありません!笑!

柱の正面の60階のフロアからコントローラーで操作したものがプロジェクターで柱に映し出される仕組みです。

体験時間は1人3分間。通常ルールとは少し違い、どれだけ列を消したかを競います。上にブロックが積みあがってしまっても終了にはならないので、ルールを知らない方やお子様も挑戦しやすいと思われます。

ゲーム終了時には、ハルカス300(展望台)のマスコット「あべのべあ」ちゃんが登場して勝敗をお知らせしてくれますので、お見逃しなく。

巨大テトリス(R)が期間限定で登場!無料で対戦できる

写真:さち

地図を見る

柱の両サイドにも小さめの対戦場があり、そちらは割と空いています。

ちなみにコントローラーは馴染みのある家庭用ゲーム機と同じようなもので、左側のプラスボタンで左右移動、右側の4つの丸ボタンで、回転させる操作になります。

Tetris (R) & (C) 1985~2017 and Tetris trade dress owned by Tetris Holding.

夜景をさらに盛り上げる体験型プロジェクションマッピングもお楽しみに!

夜景をさらに盛り上げる体験型プロジェクションマッピングもお楽しみに!

写真:さち

地図を見る

夜景タイムには、夜景と融合したプロジェクションマッピングが、音楽、スモークやレーザーとともに楽しめます。60階の展望フロアの5か所で随時上映されており、それぞれ違う映像が映されています。

夜景をさらに盛り上げる体験型プロジェクションマッピングもお楽しみに!

写真:さち

地図を見る

きらびやかな夜景を、背景としてうまく使った映像が見もの。花火などは実際に上がっているように見え、「夜景と融合した」プロジェクションマッピングというのが納得できる演出です。

夜景をさらに盛り上げる体験型プロジェクションマッピングもお楽しみに!

写真:さち

地図を見る

その他にも、あっと驚くような仕掛けが色々あって見ていて飽きません。例えば、足元に移されている映像では足元の床が崩れるような映像や、足で踏んだり風車を吹くと雲が晴れて景色が現れたり・・・楽しすぎてずっとその場から離れないお子様の姿も。

時間があれば「てんしば」からのあべのハルカスの全景xイルミもお勧め。

時間があれば「てんしば」からのあべのハルカスの全景xイルミもお勧め。

写真:さち

地図を見る

あべのハルカスを少し離れたところから見たい方は、あべのハルカスから徒歩3分ほどの「てんしば」に行ってみて下さい。

「てんしば」とはリニューアルされた天王寺公園のエントランスエリアで、広ーい芝生が気持ちいい公園です。飲食店も集まっており、夜はイルミネーションでライトアップもされています。
ここから写真を撮れば、あべのハルカスとイルミネーションが一緒に写真に撮れるので、フォトスポットとしても人気ですよ。

あべのハルカス展望台「ハルカス300」の基本情報

<基本情報>
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
電話番号:06-6621-0300(ハルカス300インフォメーション)
アクセス:(最寄駅)JR 天王寺駅、地下鉄 天王寺駅、近鉄 大阪阿部野橋駅

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ