ミニチュアの芸術!台北・大人も子供も楽しめる「袖珍博物館」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ミニチュアの芸術!台北・大人も子供も楽しめる「袖珍博物館」

ミニチュアの芸術!台北・大人も子供も楽しめる「袖珍博物館」

更新日:2017/12/28 18:14

鶴長 あきのプロフィール写真 鶴長 あき 台湾在住ライター

台湾台北には「袖珍博物館」というとても珍しい博物館があります。こちらには本物と見まごうばかりの、お家や部屋の様子がミニチュアサイズで再現されたドールハウスや縮尺模型といった、国内外の貴重なコレクションが収蔵されています。一つ一つのクオリティの高さはまさに芸術品。雨の日でも楽しめる、子供連れはもちろん、大人も大満足のおすすめ博物館を今回はご紹介いたします。
家族で楽しめる旅行先はこちら

台北「袖珍博物館」のミニチュアコレクション

台北「袖珍博物館」のミニチュアコレクション

写真:鶴長 あき

地図を見る

台湾台北のMRT「松江南京駅」から徒歩約10分の所にあるのが今回ご紹介する「袖珍博物館」です。「袖珍」というのは、昔中国では幅の広い袖部分に、貴重な小さな宝物を入れていたというところから転じて、「小さな芸術品」という意味があります。

台北「袖珍博物館」のミニチュアコレクション

写真:鶴長 あき

地図を見る

こちらの博物館の収蔵品は、まさに「小さな芸術品」と呼ぶにふさわしいものばかり!アメリカやカナダ、イギリスなど各地で製作されたドールハウスやルームボックスと呼ばれる精緻なつくりのミニチュアコレクションが200点以上展示されています。中には日本語の解説もついている作品もあり、より楽しむことができます。

16世紀の貴族から始まったドールハウス

16世紀の貴族から始まったドールハウス

写真:鶴長 あき

地図を見る

ドールハウスというのは日本ではあまり馴染みがなく、子供の遊び用かな?と思われる方もいると思いますが、もともとは16世紀のドイツ貴族が家の中のことを嫁入り前の娘に教えるために作ったのが始まりだそう。「袖珍博物館」にも19世紀のドイツで作られた作品が収蔵されています。

過去イギリスでは、エレベーターや給湯設備までついたドールハウスが女王に献上されたそうで、世界中にコレクターや製作者が多くいます。

16世紀の貴族から始まったドールハウス

写真:鶴長 あき

地図を見る

入口を入ってすぐの所に展示されているのが、「ローズマンション」。アメリカのロサンゼルスに実際にあった豪邸を、建築博士である作者が12分の1スケールで製作したもの。文献などをもとに当時の姿をそのままに再現された建物は圧巻です!こちら、大人が両腕を広げたくらいの大きさがあります。

16世紀の貴族から始まったドールハウス

写真:鶴長 あき

地図を見る

なんとイギリスのバッキンガム宮殿や、フランスのベルサイユ宮殿もミニチュアに!内部の様子が肖像画まで再現されていて、台湾にいながらにヨーロッパ旅行の気分?

繊細なルームボックスは大人がじっくり鑑賞するにもおすすめ!

繊細なルームボックスは大人がじっくり鑑賞するにもおすすめ!

写真:鶴長 あき

地図を見る

「袖珍博物館」のミニチュアコレクションでドールハウスと並んで力をいれているのが、「ルームボックス」。限られた小さな空間の中に、様々な部屋や場面を再現しています。
写真はクリスマスを迎えたお部屋。小さなツリーに、もっと小さな小さな飾り、暖炉の装飾も美しいですね。

繊細なルームボックスは大人がじっくり鑑賞するにもおすすめ!

写真:鶴長 あき

地図を見る

こちらは「初夏」と名付けられた作品。窓の外には初夏の新緑、台所ではピクニックの準備でしょうか。窓や棚にいたるまで作りこまれていて、立体の絵画を見ているようです。

繊細なルームボックスは大人がじっくり鑑賞するにもおすすめ!

写真:鶴長 あき

地図を見る

「ファントムオブオペラ」という作品の中では、鏡の中に突然怪人が現れる仕掛けも。

ガリバーやアリス・各種ジオラマも見ごたえあり!

ガリバーやアリス・各種ジオラマも見ごたえあり!

写真:鶴長 あき

地図を見る

お子さんにも嬉しい、物語を再現した作品も「袖珍博物館」では展示されています。こちらはご存じ「ガリバー旅行記」ですね。「不思議の国のアリス」をモチーフにしたものや、他にも恐竜がたくさん登場するものなど子供が喜ぶ作品もあります。

ガリバーやアリス・各種ジオラマも見ごたえあり!

写真:鶴長 あき

地図を見る

中には日本の昭和30年代を再現したものもありました。これは日本のミニチュア製作会社から寄贈されたものだそうです。

ガリバーやアリス・各種ジオラマも見ごたえあり!

写真:鶴長 あき

地図を見る

その他、館内には大掛かりなジオラマも多数展示してあります。テーマも様々ながら、どれも緻密で完成度が高く、見ごたえがある作品ばかりです。

台湾台北・MRT松江南京駅が最寄りの「袖珍博物館」

台湾台北・MRT松江南京駅が最寄りの「袖珍博物館」

写真:鶴長 あき

地図を見る

台北MRT「松山新店線」か「中和新蘆線」の地下鉄が止まる「松江南京駅」は手頃な値段のホテルも多く、行天宮などの観光地も近い駅。「袖珍博物館」はそこから徒歩約10分です。

博物館といっても、大きな建物があるわけではなく、商業ビルの地下一階に位置しています。ビルの入り口からある表示の矢印にそって、階段やエレベーターで地下に降ります。

台湾台北・MRT松江南京駅が最寄りの「袖珍博物館」

写真:鶴長 あき

地図を見る

チケットを買って中に入ります。館内は写真撮影などは自由ですが、フラッシュや三脚の使用は不可なので注意しましょう。

台湾台北・MRT松江南京駅が最寄りの「袖珍博物館」

写真:鶴長 あき

地図を見る

博物館に併設されたお土産コーナーも面白いものが色々あります。自分でドールハウスが作れるキットや、小さな市販のドールハウスの部品などなど手作りが好きな方にはおすすめ!写真は中正紀念堂や台北駅などが作れるペーパークラフト。台湾土産としてお子さんと一緒に作ってみてもいいですね。

台湾台北の大人も子供も楽しめる「袖珍博物館」はおすすめですよ。ぜひ台北旅行の際は寄ってみてくださいね。

「袖珍博物館」の基本情報

住所:台北市10489建國北路一段96號B1
電話番号:+886-2-25150583
アクセス:台北MRT「松江南京駅」4・5番出口から徒歩約10分

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -