フィリピン セブからたったの15分!秘境オランゴ島の楽しみ方

| フィリピン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

フィリピン セブからたったの15分!秘境オランゴ島の楽しみ方

フィリピン セブからたったの15分!秘境オランゴ島の楽しみ方

更新日:2018/08/14 09:52

インディカ マイのプロフィール写真 インディカ マイ 3泊4日トラベラー

フィリピン セブ空港のあるマクタン島から東へ5キロ、ボートで約15分の距離にオランゴ島はあります。マクタン島に比べて大きなリゾート開発が行われていないため、手付かずの自然が残り、数件の宿泊施設と観光施設があるのみ。そんなオランゴ島のおすすめ観光地や楽しみ方を紹介します!

マリン サンキュチュアリへの行き方

マリン サンキュチュアリへの行き方

写真:インディカ マイ

地図を見る

San Vicente Marine Sanctuary(マリン サンキュチュアリ)は島の南西にあります。海洋保護地区に指定されているため、漁業や釣りが禁止され、綺麗な珊瑚と魚が集まる場所です。

マリン サンキュチュアリへの行き方

写真:インディカ マイ

地図を見る

島の移動はトライシクロまたはレンタル自転車にて可能です。オランゴ島の港からはトライシクロで約15分、20ペソほどです。受付小屋の手間に駐輪場があり、駐車代金はかかりません。受付にて、ライフジャケットやシュノーケルセットを有料でレンタルすることも可能です。受付けのおばちゃんは、近くのレストランに待機しているため、声をかけて対応してもらいましょう。

マリン サンキュチュアリへの行き方

写真:インディカ マイ

地図を見る

エントランス:25ペソ、スイミング:75ペソ、シュノーケリング:175ペソ、
キャンピング:150ペソ、ダイビング:100ペソと記載があります。いくら払う必要があるか、受付けの人によって説明と解釈が違うので、こちらの金額は目安として現地にて確認しましょう。

マリン サンクチュアリでシュノーケルを楽しもう!

マリン サンクチュアリでシュノーケルを楽しもう!

写真:インディカ マイ

地図を見る

受付を済ませ、シュノーケルセットを準備していざポイントへ。
どれほど遠浅なのか、マングローブの森を越え、更に海の上にかかる長い長い桟橋を渡った奥にシュノーケルポイントである小屋が見えてきます。足場の悪い道を歩くため、ビーチサンダル等の履物が必要です。

マリン サンクチュアリでシュノーケルを楽しもう!

写真:インディカ マイ

地図を見る

小屋にロッカーのような設備はありませんが、一時的に物を置いたり、休憩に利用する事が出来ます。午前中の方が海の透明度は良好ですが、かなり浅い場所でシュノーケルをする事になるため、珊瑚で足や手を怪我しないようにラッシュガードがあると便利です。

マリン サンクチュアリでシュノーケルを楽しもう!

写真:インディカ マイ

地図を見る

シュノーケルでは、ニモやチョウチョウウオ、ハタタテダイ、モンガラなど、南国の魚をみることができます。カサゴやウツボなど、危険な魚もいます。魚影が濃いため、パンを持っていくと魚が勢いよく集まり、楽しめます。

<基本情報>
住所:Barangay San Vicente, Olango Island Group, Lapu-Lapu City, Cebu
電話番号:0919-4815052; 0932-6378551
アクセス:オランゴ港からトライシクロで約15分

バード サンクチュアリへの行き方

バード サンクチュアリへの行き方

写真:インディカ マイ

地図を見る

Olango Island Wildlife Sanctuary(バード サンクチュアリ)は島の南西、マリン
サンクチュアリの更に南にあります。
自然保護地区に指定されており、監視員用の小屋が受付けになっています。野鳥観察を行う目的で観光客が訪れ、入場料の100ペソを払うと、監視員が案内人を請け負ってくれます。オランゴ島の港からはトライシクロで約20分、30ペソほどです。

バード サンクチュアリへの行き方

写真:インディカ マイ

地図を見る

受付を済ませ、湿地帯の広がる野鳥観察場所までの道は標識も目印もないため、監視員である案内人頼りです。

バード サンクチュアリへの行き方

写真:インディカ マイ

地図を見る

野鳥観察場所まで、足場の悪い道を歩きます。途中没落していたり、濡れていたりするため、歩きやすい靴で行きましょう!最後にガイドさんへ要チップです。

バード サンクチュアリでの楽しみ方

バード サンクチュアリでの楽しみ方

写真:インディカ マイ

地図を見る

キングフィッシャー、メジロ、サギなどの鳥を見ることができます。慣れない望遠鏡の操作もガイドに任せ、鳥を発見したらピントと角度を合わせて教えてくれます。

バード サンクチュアリでの楽しみ方

写真:インディカ マイ

地図を見る

鳥が集まる時間も狙い目ですが、刻一刻と変わる景色も圧巻です。夕日がオーロラのように空を包み込む瞬間、マングローブの海水に空が映り込み、鏡張りのように見える瞬間、どこまでも続く湿地帯等、訪れる時間によって変わりゆく自然の景観を楽しむことが出来ます。

<基本情報>
住所:San Vicente, Olango, Lapu-Lapu City
電話番号:+63 915 386 2314
アクセス:オランゴ港からトライシクロで約20分

オランゴ島のおすすめランチ場所

オランゴ島のおすすめランチ場所

写真:インディカ マイ

オランゴ島にはローカルレストランしかないため、島に数件建っているホテルのレストランを利用するという手段もあります。カサブランカ バイ ザ シーホテルでは、事前に問い合わせをすれば、昼食を受付けてくれます。日本人経営ですので、日本語で問い合わせが可能です。

オランゴ島のおすすめランチ場所

写真:インディカ マイ

ヨーロッパ建築に精通するオーナーによって建てられた白亜のリゾートでの滞在は、昼食だけであっても、優雅で贅沢な気分を演出してくれるでしょう。

<基本情報>
住所:Bas Coral, Olango Island Lapu-lapu City, Cebu
電話番号:+63 917 568 2641
アクセス:オランゴ港からトライシクロで約10分

オランゴ島へ日帰り観光の旅に出よう!

海洋保護地区と自然保護地区を有し、手付かずの自然が残るオランゴ島。
セブ島からのアクセスが容易であり、島内の道もほぼ1本で分かりやすく、日帰りでも充分楽しむ事ができます。セブでの滞在をアレンジして、オランゴ島へ訪れてみるのはいかがでしょうか。もちろん島内の宿泊も可能です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/10−2017/02/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -