あのリンツの博物館がドイツに!ケルン「チョコレート博物館」は世界最大級

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

あのリンツの博物館がドイツに!ケルン「チョコレート博物館」は世界最大級

あのリンツの博物館がドイツに!ケルン「チョコレート博物館」は世界最大級

更新日:2018/01/07 17:17

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

皆さんは、ドイツのチョコレート生産量が世界一、消費量では、スイスに次いで第二位ということをご存知でしたか。そのドイツのケルンには、世界遺産の大聖堂だけでなく、世界最大級の「チョコレート博物館」があります。

チョコレートの歴史や原料・流通が学べ、スイスの有名メーカー「リンツ」の運営する工場で生産工程が見学でき、体験・試食コーナー、カフェやお土産売り場などに及ぶ、盛り沢山な観光スポットです。

ライン川に浮かぶ船形の建物が、チョコレート博物館!

ライン川に浮かぶ船形の建物が、チョコレート博物館!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ローマ時代からの古い歴史を持つドイツの文化都市ケルンは、世界遺産のケルン大聖堂がシンボル的存在としてよく知られていますが、それだけではありません。

見ごたえある博物館や美術館がいくつも存在し、地元でしか飲めない地ビール「ケルシュ」を提供するブラウハウスが軒を並べ、南北に流れるライン川沿いには、お伽の世界のようなパステルカラーの建物が建ち並びます。ライン川には、豪華なレストランも兼ね添えた大きな観光船が浮かび、素敵な風景が広がっています。

ライン川に浮かぶ船形の建物が、チョコレート博物館!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

そのケルンの数ある博物館の内、「チョコレート博物館」なるものが、ライン川に浮かぶ船のような形をした建物内にあって、観光客の人気を集めています。チョコレートと言えば、スイスやベルギーを思い浮かべる方が多いと思うのですが、生産量においては世界一のこのドイツにあるのが、世界最大級といわれるチョコレート博物館なのです。

ライン川に浮かぶ船形の建物が、チョコレート博物館!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ライン川にせり出したガラス張りの建物には、小さな鉄橋を渡って入ることができます。

博物館内を見学するには、先ず、クロークでリュックやコートなどを預け、チケットを購入しましょう。このチケットと一緒に渡されるのも、博物館内にある工場で作られた、一口サイズのチョコレートです。

リンツの運営する工場で見学!チョコレートの生まれるまで

リンツの運営する工場で見学!チョコレートの生まれるまで

写真:Hiroko Oji

地図を見る

改札係のチェックを受けて進むと、先ず、チョコレートの原料・カカオについての説明コーナーから始まります。生産や流通についての展示が続き、すぐそばには、ガラス張りの温室があって、カカオの樹や熱帯植物が栽培されています。カカオの育つ環境が実体験できるわけです。所々にクイズ形式で問題が提示されていて、楽しみながら進めます。

リンツの運営する工場で見学!チョコレートの生まれるまで

写真:Hiroko Oji

地図を見る

さらに進むとチョコレート工場の機械が並ぶスペースに。有名なスイスのチョコレートメーカー「リンツ」が運営しています。機械の一部がガラス張りになっているので、中でどのようにチョコレートができていくのかが見られます。

リンツの運営する工場で見学!チョコレートの生まれるまで

写真:Hiroko Oji

地図を見る

平べったい板状のチョコレートが、あっという間に一口サイズに分かれ、素早く包装されて流れていったり、チョコレートコーティングされたトリュフがコロコロと運ばれていったり、ずっと見ていても飽きることはありません。

体験や試食も楽しめる

体験や試食も楽しめる

写真:Hiroko Oji

地図を見る

上階のガラス張りの小さな部屋では、チョコレートづくりの体験ができるコーナーがあります。実際に体験できなくても外からその作業を見ているだけでも、結構楽しめます。

隣には、申し込めばチョコレートにトッピングしてくれるコーナーもあります。チョコはミルク、ビター、ホワイトの3種類から、トッピングは4種類まで選ぶことができます。自分好みのリンツチョコを作れますが、これには少々時間がかかります(40分前後)。時間の余裕がある方は、トライしてみて下さい。

体験や試食も楽しめる

写真:Hiroko Oji

地図を見る

また、見晴らしの良い船形の先端部分では、黄金に輝くカカオの実を模したチョコレートファウンテンが目を惹きます。高さ3メートルもあるファウンテンからは、200キログラムもの温かい液体チョコレートが、4つの噴出口から噴水ボウルへと流れ続けています。

ここでは、ウエハースにチョコレートをからめて手渡してくれますので、是非お立ち寄りを!

体験や試食も楽しめる

写真:Hiroko Oji

地図を見る

甘い香りが何とも言えず、生温かさの残る美味しいチョコレートが試食できます。混んでさえいなければ、数回でも試食させてくれるのも嬉しい心遣いです。

チョコレートに関しての博物館

チョコレートに関しての博物館

写真:Hiroko Oji

地図を見る

さらに階段を上って行くと、中南米のアステカ文明などでのチョコレートの役割から始まり、ヨーロッパに伝播して広まっていった様子を見ることができます。

チョコレートに関しての博物館

写真:Hiroko Oji

地図を見る

チョコレートは、最初は今のような固形物ではなく、飲み物として一般的だったもので、その頃のチョコレートを飲む為の食器などが各種展示されています。

チョコレートに関しての博物館

写真:Hiroko Oji

地図を見る

また、レトロで可愛らしいチョコレートの自動販売機や、昔のチョコレート屋さんを再現したコーナーがあったり、歴代のパッケージも各種見ることができます。

お土産用のショップやカフェも!

お土産用のショップやカフェも!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

出口でも、またリンツのチョコレートを小さな束にしたプレゼントを渡してくれます。出口のすぐそばには、お土産にふさわしいチョコレート売り場が設けられています。こちらは、色とりどりのチョコレートが、欲しい分だけ注文できるコーナー。

お土産用のショップやカフェも!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

また、他では買えないようなセットになったチョコやクッキーなどのコーナーもあります。

お土産用のショップやカフェも!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ショップの反対側にはカフェコーナーがあり、こちらで休憩することができます。チョコレートを使ったケーキはもちろん、色鮮やかで見た目にも綺麗な各種ケーキも取り揃えられています。ホットやアイスのココアにケーキなどいただいて、全面がガラス張りの窓からライン川を眺めながら、ゆっくり寛いでくださいね。

チョコレート博物館の基本情報

住所:Am Schokoladenmuseum 1A, 50678 Koln
電話:+49-221-93-8880
アクセス:ケルン中央駅から徒歩20分。地下鉄ホイマルクト(Heumarkt)駅から徒歩8分。ゼヴェリーン通り
開館時間:(火〜金)10〜18時、(土・日)11〜19時
休館日:月曜日

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -