JR岐阜駅から徒歩3分!無料が嬉しい『岐阜シティ・タワー43』からの夜景!

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

JR岐阜駅から徒歩3分!無料が嬉しい『岐阜シティ・タワー43』からの夜景!

JR岐阜駅から徒歩3分!無料が嬉しい『岐阜シティ・タワー43』からの夜景!

更新日:2014/02/14 11:55

岐阜県内で見ることができる夜景のひとつ、岐阜シティ・タワー43からの眺望。ここはビルの最上階が展望室になっており、誰でも無料で景色を楽しむことができます。駅からも近く、大変便利!今回は、岐阜シティ・タワー43から見る夜景をご紹介します。

無料とは思えない!とってもレベルの高い夜景!

無料とは思えない!とってもレベルの高い夜景!
地図を見る

JR岐阜駅の西側に建つ、岐阜シティ・タワー43。この“43”の数字は、43階建ての意味の数字になります。

JR岐阜駅からだと徒歩わずか3分で到着しますよ。名鉄岐阜駅からも徒歩5分と大変便利な場所。お車の場合は、駐車場がありますのでご安心を。こちらの駐車場は有料で、30分150円かかり、4時間超えても12時間までなら1200円になっています。

では、専用エレベーターで展望室へ行きましょう! 1階から43階まであっという間に約45秒で到着。ちなみに高さは地上152m。そして、この展望室。なんといっても無料が嬉しい! 開場時間は、10時から23時。最終入場は22時までですので、ご注意ください。

こちらのJR岐阜駅北側は、とても絵になる夜景。ここ10年程で駅前が随分変わり、写真中央のバスターミナル周辺は、こうして夜に上から眺めると幻想的な夜景です。

岐阜で一番高いビルの最上階から夜景を眺める♪

岐阜で一番高いビルの最上階から夜景を眺める♪
地図を見る

北側を眺めると、すぐ隣に建つ大きなビルが見え、こちらは岐阜スカイウイング37といい、37階建ての建物です。岐阜シティ・タワー43は、43階建てなので岐阜県で一番高いビルのため、どちらも大きなビルですが、この展望台からだと隣のビルも見下ろすことができてしまいます。

ちなみにこの明るい道路は、忠節橋通りと言って北へ向かうと忠節橋があり、そこに流れる川が長良川になります。道路のネオン灯が鮮やかですね。長良川は暗く、横に伸びているのがわかりますよ。

北東には金華山も見ることができて、山頂には岐阜城が確認できるので探してみてください。こちらも岐阜の夜景スポットとして有名なので、お時間がある方は行かれてみるといいかもしれません。金華山から眺める、岐阜シティ・タワー43のビルの夜景も面白いですよ♪

高さ地上152mから見る電車は、まるでミニチュアの世界!

高さ地上152mから見る電車は、まるでミニチュアの世界!
地図を見る

写真は西側の夜景で、西岐阜や大垣市方面。住宅街が多い雰囲気になりますが、道路ではなく線路がよく見えますよ。夜に走る電車は面白いもので、キレイに光っており、43階の高さから見ているとまるでミニチュアの世界を楽しんでいる気分。こちらにも長良川が横に伸び、よく見ると橋があったり、国道21号も見えるので車がたくさん通る道は、やはり明るいですね。

また南側の夜景は展望レストランから見ることができます。こちらのレストラン『forty three』では、夜景を眺めながらお食事をすることができるのです。大切な人とディナーなど、ロマンチックで素敵なひと時を過ごされてみてはいかがですか。

晴れた日には、昼間の景色もオススメ!

晴れた日には、昼間の景色もオススメ!
地図を見る

夜景はもちろん、こちらの展望台では、昼間も楽しめるところがポイント! 天気がいい日には、名古屋駅周辺の高層ビルや、西方向には伊吹山も見ることができますよ。岐阜シティ・タワー43の開場時間は10時からになりますので、ご注意ください。夕焼けの時間帯には、西側に流れる長良川が夕焼け色に染まったり、とても美しい夕焼けもオススメです。

他にも、元旦には初日の出を見ることもでき、こちらは定員が120名と決まっており、事前に申し込みが必要です。人気の場合は抽選になる可能性がありますのでご注意ください。

おわりに

岐阜シティ・タワー43は、JR岐阜駅から近く、とても便利な場所です。そして無料で利用できるのが嬉しく、岐阜駅で途中下車して夜景を見るのもいいかもしれません。そして展望台は全面ガラス張りのため、暑さや寒さ、風などを気にせず一年中楽しめるのが嬉しいですね。室内照明も明るすぎず、雰囲気もよく、夜景鑑賞が楽しめますので、ぜひ行かれてみることをおすすめします。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -