いまアツい秘湯 静岡・梅ヶ島温泉郷の絶景と美味に出合う旅

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

いまアツい秘湯 静岡・梅ヶ島温泉郷の絶景と美味に出合う旅

いまアツい秘湯 静岡・梅ヶ島温泉郷の絶景と美味に出合う旅

更新日:2018/02/14 12:25

猫田 しげるのプロフィール写真 猫田 しげる 編集者、ライター

静岡県の温泉といえば伊豆や熱海が有名ですが、静岡市エリアにも良質な温泉が湧いています。その一つが「梅ヶ島温泉」。標高1000mほどの険しい山間にあり、武田信玄の隠し湯として長い間地元の人に愛されてきました。その梅ヶ島温泉が今、「美肌の湯」として話題上昇中です。今回はあまり知られていない、“隠れ里の温泉郷”の見どころやグルメをご紹介します。

驚異のPH値、全国有数の美肌の湯

驚異のPH値、全国有数の美肌の湯

写真:猫田 しげる

地図を見る

梅ヶ島温泉郷は住所でいえば静岡県静岡市葵区ですが、ほとんど山梨県との県境にあり、かつては「梅ヶ島村」だった地域です。梅ヶ島温泉、梅ヶ島新田温泉、梅ヶ島金山温泉、コンヤ温泉の4つから成り、約1700年前に木こりによって発見されたと言われています。

驚異のPH値、全国有数の美肌の湯

写真:猫田 しげる

何と言ってもその美容効果に注目。PH値は10.2と平均値より高く、全国でも10を超える温泉は珍しいのだとか。その源泉のひとつが、写真の「穴風呂」(入浴はできません)。湯温39度という優しい温度の天然硫黄泉が洞窟内の岩肌全体から滴り落ち、あたりは硫黄泉の香りに包まれています。この源泉から、梅ヶ島温泉の11の旅館にそのまま温泉が供給されています。

驚異のPH値、全国有数の美肌の湯

写真:猫田 しげる

地図を見る

梅ヶ島温泉を流れる安倍川沿いの景観も見事で、秋は紅葉、春は桜が楽しめる絶景ポイントです。2017年5月に梅ヶ島温泉は「国民保養温泉地」の指定を受けましたが、この指定を受けるには温泉そのもの以外の景観の良さも重要。つまり、梅ヶ島温泉は、入ると効果があり景勝地としての環境も良い、というお墨付きをいただいたということです。

<基本情報>
アクセス:JR静岡駅からしずてつジャストライン「梅ヶ島温泉」行きで1時間45分の「梅ヶ島温泉」下車

是非寄ってほしいおでんの名店「湯元屋」

是非寄ってほしいおでんの名店「湯元屋」

写真:猫田 しげる

地図を見る

源泉から最も近い温泉として人気がある「虹の湯 湯元屋」。お湯もさることながら、体験してほしいのは「静岡おでん」! 鍋では和牛の脂でコクを加えた黒おでんがグツグツと湯気を上げています。玉子、大根、コンニャク、ちくわ、ジャガイモ、昆布、ガツ……すべて一串100円です。

是非寄ってほしいおでんの名店「湯元屋」

写真:猫田 しげる

地図を見る

名物の黒はんぺんはイワシの味がしっかり感じられ、出汁がよく染みています。ここのおでん、地元の人が「静岡でナンバーワン」と絶賛するほど有名なのだそうです!

是非寄ってほしいおでんの名店「湯元屋」

写真:猫田 しげる

地図を見る

もちろんお風呂も自慢ですが、湯上りに一杯飲みながらくつろぐのに絶好の座敷もあり。山小屋風の素朴な雰囲気がいいですね。

<基本情報>
電話:054-269-2318
住所:静岡県静岡市葵区梅ヶ島5258-13
営業時間:9:00〜16:00
定休日:木曜日

4つのお湯を楽しめる「湯の島館」

4つのお湯を楽しめる「湯の島館」

写真:猫田 しげる

梅ヶ島温泉郷には安倍川沿いに10の旅館が並んでいます。温泉好きにオススメなのが、そのうちの『湯の島館』。信玄にちなんだ「風林火山の湯」と名付けた4つのお風呂を備えています。畳敷きの床に五右衛門風呂が特徴的な「風の湯」(写真)と、畳敷きの湯上がり処で休憩できる「林の湯」に……。

4つのお湯を楽しめる「湯の島館」

写真:猫田 しげる

地図を見る

湯上がり処に囲炉裏を備えた「火の湯」(写真)はとてもユニークですね。また、「山の湯」は岩で作られた洞窟風呂で、屋外にあるので露天風呂のような雰囲気を楽しむことができます。

4つのお湯を楽しめる「湯の島館」

写真:猫田 しげる

地図を見る

客室はわずか6室。和モダンの空間は全室デザインが異なり、8〜16畳の広い居間と寝室という構成。ソファや揺れる籐椅子などもあり、日常を離れてのびのびと過ごすことができます。

「湯の島館」の料理は静岡・梅ヶ島の名物満載!

「湯の島館」の料理は静岡・梅ヶ島の名物満載!

写真:猫田 しげる

地図を見る

「湯の島館」の食事は、部屋ごとに違う個室でいただくことができるのが魅力。料理職人はおらず、すべて女将と主人による手作り。地元で有名な山葵に、駿河軍鶏など山と川の美味をふんだんに使った料理が並びます。

「湯の島館」の料理は静岡・梅ヶ島の名物満載!

写真:猫田 しげる

地図を見る

駿河軍鶏は、静岡産緑茶を与えて育った梅ヶ島育ちの地鶏。弾力があって噛むほどに地鶏独特の旨味が溢れます。シメに鶏ガラ出汁のよく出たスープのラーメンを頂けるのも嬉しいですね。

「湯の島館」の料理は静岡・梅ヶ島の名物満載!

写真:猫田 しげる

地図を見る

朝食には静岡おでん!そしてこの茶碗蒸しが絶品なのです。程よい甘みがあり、ここにも鶏の出汁がふんだんに利かせてあります。ボリュームもちょうど良いのでランチにも響きません。

<基本情報>
住所:静岡県静岡市葵区梅ヶ島5258-7
電話: 054-269-2032
アクセス:JR静岡駅よりしずてつジャストライン「梅ヶ島温泉行」で約1時間45分「梅ヶ島温泉入口」バス停下車1分

コンヤ温泉あげて売出し中の「わさびパスタ」

コンヤ温泉あげて売出し中の「わさびパスタ」

写真:猫田 しげる

地図を見る

もう一つ、名物を紹介。梅ヶ島温泉郷の中の「梅ヶ島コンヤ温泉」エリアで売り出している「秘湯のわさびパスタ」。なんと、あの『アルケッチャーノ』のイタリアンシェフ奥田政行シェフの協力のもと考案したご当地グルメで、同温泉エリアの「大野木荘」「民宿志むら」「こんや銘酒館」で提供しています。

写真は「大野木荘」のもの。すりおろしたわさびがたっぷり入り、結構な辛みがあります。バターで絡めてあるのでまろやかなコクも感じられ、辛くてもぺろっと完食できます。

コンヤ温泉あげて売出し中の「わさびパスタ」

写真:猫田 しげる

地図を見る

「大野木荘」もとても良い宿です。囲炉裏のある離れのバーベキュールームで、木のぬくもりに包まれた空間で牡丹鍋、駿河軍鶏鍋、ヤマメの塩焼きといった地元食材を味わうプランも。

コンヤ温泉あげて売出し中の「わさびパスタ」

写真:猫田 しげる

地図を見る

「大野木荘」は湯も自慢。温泉は透明、柔らかい湯でしっとりつるつる肌に。

<基本情報>
住所:静岡市葵区梅ヶ島4269-10
電話:054-269-2224
アクセス:JA静岡駅よりしずてつジャストラインバス「安倍線」にて大野木バス停まで約1時間30分
料金:わさびパスタ+立ち寄り湯2000円(税別)

秘湯・古湯好きにオススメの梅ヶ島温泉郷

有名な温泉地よりも穴場感のある温泉に行きたい…という時は、ぜひ梅ヶ島温泉郷に。春は桜も楽しめ、川魚や山菜など里山の味覚も豊富。バスアクセスもあるので、ぶらりと一人旅もいいかもしれませんね!

2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/16−2017/11/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -