千葉・長生郡の「笠森観音」は天空の城ならぬ天空の寺院

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

千葉・長生郡の「笠森観音」は天空の城ならぬ天空の寺院

千葉・長生郡の「笠森観音」は天空の城ならぬ天空の寺院

更新日:2018/01/08 09:50

Yuma A.のプロフィール写真 Yuma A. 観光学修士、インバウンド観光推進施設代表
岩の上の空中寺院といえば、世界遺産のメテオラ(ギリシャ)が有名ですし、日本では長い柱で空中に固定する懸造りで有名な京都の清水寺を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?実は千葉県長生郡の森の中にその両方の要素を兼ね差備えた、「岩の上に懸造りをした」寺院があるんです!それが今回ご紹介する笠森寺、通称「笠森観音」です。近隣の史跡「大多喜城」と合わせて、その魅力と迫力をお伝えします。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

笠森観音は山の上!

笠森観音は山の上!

写真:Yuma A.

地図を見る

笠森寺は734年に開かれた天台宗のお寺。この時代のお寺といえば、人里離れた山の中に建立するのが倣いですが、この笠森寺もご多分に漏れず、森の中を登っていかないといけません。

大変だなと思うかもしれませんが、実はこの山道の名前は「女人坂」。無料の駐車場からすぐ目の前にあるショートカットコースなのです。昔の人はもっと長い表参道(現在もあり、熊野神社を経由して笠森寺に至ります)から参拝していたのですから、我々は恵まれているほうですね。

笠森観音は山の上!

写真:Yuma A.

地図を見る

女人坂を登って行くと巨大な三本杉や子授楠など自然と宗教の融合を体現したようなスポットに出会います。この森自体が禁伐林として笠森寺によって保護されてきた背景から、古来からの自然が保たれてきた結果ですね。実際、この森は笠森寺自然林として天然記念物に指定されていますので、自然美も堪能しましょう。

笠森観音は山の上!

写真:Yuma A.

地図を見る

笠森寺は天台宗の開祖である最澄自らが開いた古刹(比叡山延暦寺建立よりも前!)。昔から巡礼が盛んであり、とある有名人も訪れています。「五月雨にこの笠森をさしもぐさ」と読んだ松尾芭蕉です。なお、この写真の碑は芭蕉の弟子の弟子の弟子が1777年に立てたものです。芭蕉の死後70年もたっていますからタイミングとして遅い気もしますが、奈良時代からの悠久の時の流れの中では特に気になりません。実際240年後も変わらず巡礼者が訪れてこの碑を見ているわけですから、遅まきながらも!?建てておいて正解ですね。

日本唯一の「四方」懸造り建築!

日本唯一の「四方」懸造り建築!

写真:Yuma A.

地図を見る

参道ならぬ山道を昇ること約15分で笠森寺の境内に到着です。う〜んデカイ!
横に大きな寺院は多いですが縦に大きな寺院というのは珍しいですよね。ということで、やはりまた登るわけですが、境内にはちょっとしたお茶屋さんがあるので、一休みしてからでOKです。なお参拝料はお寺の上部で支払います。

日本唯一の「四方」懸造り建築!

写真:Yuma A.

地図を見る

しかしこの笠森寺、いったいどうやって建っているのでしょうか。ぐるっと周囲を巡るとびっくり!清水寺のように寺のどこかが地面に接しているわけではなく、その四方が長い柱で支えられて巨岩のうえに建立されているのです。この四方懸造り(しほうかけづくり)と呼ばれる建築技法をお目にかかれるのは国内で笠森観音だけ!まさに空中寺院ですね。

日本唯一の「四方」懸造り建築!

写真:Yuma A.

地図を見る

懸造りは日本の古来の木組みによる釘やねじを一切使わない工法。観音堂に登る階段からその構造を間近にみることができます。古来からの技術を今も使用しているからこその重要文化財というわけですね。

眺め最高!全方向清水の舞台

眺め最高!全方向清水の舞台

写真:Yuma A.

地図を見る

上部の観音堂へは靴を脱いでそれを持って登っていきます。けっこう急な階段ですのでのぼり・くだり(階段は分かれています)とも気をつけましょう。なお、いつでも登れるというわけではなく、秋冬は午前8時〜午後4時まで。また雨天は閉堂となりますので留意してください。

眺め最高!全方向清水の舞台

写真:Yuma A.

地図を見る

階段を登りきったところで参拝料(大人200円)を支払います。観音堂はぐるっと廊下で囲まれており、4方向全てが清水の舞台状態です。一通り周囲の眺望を楽しんだら、観音堂へお参りしましょう。ご朱印などもこちらの観音堂の中で受け付けています。なお内部は写真撮影禁止ですので注意してください。

眺め最高!全方向清水の舞台

写真:Yuma A.

地図を見る

「見ろ!人がゴミのようだ!」と不謹慎なことを言いたくなる、空中寺院からの写真です。かなりの高度です。この写真の境内にある樹木の多くは実は桜の木。春は花祭りが開催されるので、桜を木の下からではなく、ぜひ空中から眺めたいですね。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

自然遊歩道もお忘れなく

自然遊歩道もお忘れなく

写真:Yuma A.

地図を見る

前述のとおり、このあたりの森は天然記念物として指定されており、散策できるよう笠森寺周辺に自然遊歩道が設けられています。話題になった「チバニアン」ほど有名ではないですが、笠森層という50〜60万年前の地層から貝の化石などが見つかるなど、自然公園としてもなかなか興味深い場所です。

自然遊歩道もお忘れなく

写真:Yuma A.

地図を見る

笠森寺から南に散策路を歩いていくと大きな展望台が見えてきます。しかしながら残念なことに周りの木々が生い茂り過ぎて、上に登っても十分な展望がとれません。笠森寺の屋根が枝の隙間からかろうじて見える状態です。

ただこの展望台を通って、もと来た駐車場に下って戻ることができますので、無駄足ではありません。駐車場には昔ながらのドライブインもあり食事もできますので、散策してカロリーを消費をしても問題なし!?です。

笠森観音とセットが定石「大多喜城」

笠森観音とセットが定石「大多喜城」

写真:Yuma A.

地図を見る

長生郡にある笠森寺を訪れた旅行者の多くがセットで訪れるのが、その隣の夷隅郡にある「大多喜城」です。徳川家康の家臣、本田忠勝が藩主となった大多喜藩の城砦です、が実はかなり荒廃してしまい明治時代に一度取り壊されています。現在の城は江戸時代の図面をもとに1975年に再建されたもの。中は県立博物館の分館となっており、展示物を見ながら展望の良い天守閣まで昇れる構造になっていることから、こちらも人気のスポットになっています。笠森寺からクルマで30分程度ですので、せっかくですから一緒に訪れておきたいですね。

<大多喜城の基本情報>
所在地:千葉県夷隅郡大多喜町大多喜481
TEL:0470−82−3007
アクセス:圏央道市原鶴舞ICから約20分
または、いすみ鉄道大多喜駅下車、徒歩約15分

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

笠森観音の基本情報

所在地: 〒297-0125 千葉県長生郡長南町笠森302
電話: 0475-46-0536
アクセス:圏央道茂原長南ICより5km 約7分
または、JR外房線「茂原駅」下車 小湊バス「上総牛久駅」行「笠森」下車 徒歩5分
または、小湊鉄道「上総牛久駅」下車 小湊バス「茂原駅」行「笠森」下車 徒歩5分

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/22−2017/12/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -