ネイチャートリップに一押し!ベトナム中南部「バンメトート」

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ネイチャートリップに一押し!ベトナム中南部「バンメトート」

ネイチャートリップに一押し!ベトナム中南部「バンメトート」

更新日:2018/01/09 10:55

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

ベトナムの中南部に位置する「バンメトート」は、中部から中南部に広がるタイグエン(高原地帯)最大の町。近年は観光インフラも整備され、外国人観光客も増えてきました。都会のハノイやホーチミンとはまた違った、自然派のエンターテイメントを楽しむことができます。今回は山岳地帯「バンメトート」をご紹介します。

ホーチミンから1時間で行ける自然の楽園

ホーチミンから1時間で行ける自然の楽園

写真:古川 悠紀

地図を見る

バンメトートは国際線がありませんので、ハノイやホーチミンといった都市を経由して行くことになります。バンメトート旅行をする際は複数都市周遊されることをおすすめします。南部ホーチミンからは空路で約1時間。バンメトート空港から観光の拠点となる市街地まではタクシーで20分程度となります。滞在中は市街地であれば徒歩、郊外エリアはタクシーでの移動がメインとなります。メーターではなく往復料金をタクシーの運転手と交渉して決めるのが普通です。もし交渉が苦手ならば、宿泊ホテルに依頼して車を手配してもらうのもいいでしょう。

素朴な町並みを散歩。穏やかな時間を満喫しよう

素朴な町並みを散歩。穏やかな時間を満喫しよう

写真:古川 悠紀

地図を見る

バンメトートの観光エリアは市街地と郊外の2つに分けることができます。メインは郊外なので、市街地は半日程度散歩がてら楽しむといいでしょう。市街地ではバンメトート市場を中心に、ダクラック博物館、カイドアン寺、チュングエンコーヒービレッジなどが観光名所として人気があります。いずれも徒歩で行くことができますし、標高500メートルのバンメトートは日中でも過ごしやすい気温なので、気分よく散策することができます。

素朴な町並みを散歩。穏やかな時間を満喫しよう

写真:古川 悠紀

地図を見る

夜は繁華街や大規模なナイトマーケットはありませんが、バンメトート市場周辺に屋台が夜遅くまで営業しているほか、大衆食堂も深夜営業しています。治安は悪くありませんので夜歩きもしていただきたいところですが、スリやひったくりには注意が必要です。

自然派エンタメを満喫しに郊外エリアへ

自然派エンタメを満喫しに郊外エリアへ

写真:古川 悠紀

地図を見る

郊外はバンメトート観光の要所となります。中でもブオンドン村やラック湖といった観光スポットは、ゾウに乗って散歩するエレファントライディングを体験することができるとあって、外国人観光客が多く訪れます。

自然派エンタメを満喫しに郊外エリアへ

写真:古川 悠紀

地図を見る

バンメトートからタクシーで40分ほど走った場所にあるダライヌア滝。手つかずの自然に囲まれた大きな滝は荘厳。トレッキング気分で小川沿いを歩けば、滝の上や裏まで行くことができます。また、ダライヌア滝傍にはゲストハウスもあり、宿泊することもできます。

山岳地帯バンメトートは少数民族の町

山岳地帯バンメトートは少数民族の町

写真:古川 悠紀

地図を見る

バンメトートを省都に置くダクラック省は、タイグエンと呼ばれる中部から中南部にかけて広がる高原地帯の一つ。このタイグエンには20以上の少数民族が暮らしていると言われていて、旅先では少数民族との交流や文化学習なども非常に興味深いです。ダクラック省にはエデ族が最大の少数民族として暮らしていて、次いでムオン族やザライ族も多く、一部はバンメトートの町中で暮らしている人もいます。

彼らの家は特徴的で、ロングハウスと呼ばれる奥行のある高床式住居。ラック湖傍ではホームステイを受け入れている住居もあるほど、積極的に外部を受け入れている少数民族の家庭もあります。

山岳地帯の名物料理を食べよう

山岳地帯の名物料理を食べよう

写真:古川 悠紀

地図を見る

バンメトートの市街地では冷房の効いている小奇麗なレストランはありません。市街地にあるのは現地人が行くような大小の大衆食堂くらい。ホテルのレセプションにおすすめのお店を訊いてみるのもいいでしょう。また、ブオンドン村やダライヌア滝、ラック湖のような観光名所には決まってレストランが併設されているので、そこでバンメトートの山岳料理や少数民族の民族料理を食べることができます。また、お腹が心配な方もいるかもしれませんが、夜遅くまで営業している屋台グルメも一度は試してほしいところ。ブンドー(Bun do)という麺料理がバンメトートの名物で、基本は屋台でしか食べることができません。

都会とは違った癒しの時間を体験

観光のハイライトはエレファントライディングとなりますが、それ以外にも市街地をゆっくりと散歩したり、郊外スポットで自然を満喫する時間を楽しんでほしいところです。山岳地帯独特のゆっくりと流れる時間に身を委ね、日ごろ日本社会で溜まったストレスを癒してみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ