駒ケ根ロープウェイを使って登るたおやかな雪の三ノ沢岳

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

SHIZUKOのプロフィール写真 SHIZUKO 舞台演出者

中央アルプス・木曽駒ケ岳の南にポツンと佇む静かで美しい三ノ沢岳。ロープウェイを降りてすぐに登れる木曽駒ケ岳から少し離れた位置にあるため、訪れる人が少ない秀峰。登山者が少ないということは、手付かずの自然がそのまま残されている聖地。花の時期は、大人気の千畳敷カールとは比べ物にならない美しさ。そんなお花畑も、岩場も雪の下に眠る冬の三ノ沢岳。美しい稜線を辿って、静かで荘厳な雪の三ノ沢岳へ行ってみませんか。

冒険のスタートは、しらび平駅

冒険のスタートは、しらび平駅

写真:SHIZUKO

地図を見る

雪山に登るには、雪山用の装備と経験が必要!と言われるのでハードルが高く、なかなか一歩が踏み出せない人も多いはず。

確かに雪山装備の初期投資はそれなりですし、経験のない人はガイドさんがいないと、決して登ることのできないエリアです。今まで経験したことのない冒険の旅は、そんなに簡単にはスタートできません。それでもやっぱりお勧めしたいのは、その特別な美しさと静けさと、自然の厳格な姿に触れることが出来るから。

冒険のスタートは、しらび平駅

写真:SHIZUKO

地図を見る

準備を整えたら、冒険のスタートは駒ケ根ロープウェイ・しらび平駅。菅の台バスターミナルからバスに揺られておよそ40分。標高1,662メートルに位置する、中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイの山麓駅・しらび平に到着。

ここからおよそ8分で、山頂の標高2,612メートルの千畳敷駅に到着。標高差950メートルを一気に登ります。この標高差、日本一なんです。

冒険のスタートは、しらび平駅

写真:SHIZUKO

地図を見る

途中には、日暮れの滝が見られます。ロープウェイから眺める急峻に切れ墜ちた斜面を流れる美しい滝。この滝だけを目指す人には、ハイキングロードが設置されています。

ホテル千畳敷前で、雪上訓練

ホテル千畳敷前で、雪上訓練

写真:SHIZUKO

地図を見る

ロープウェイを降りると、そこはホテル千畳敷。ホテルから一歩外へ出れば、宝剣岳へ続く厳しい稜線が目の前に。三ノ沢岳に登るには、ホテル千畳敷で泊まって、翌日にアタックします。

雪山が初めてだったり、あまり登ったことがない場合は、荷物を置いて雪上訓練が行われます。明日の登山への装備チェックも兼ねているので、ハードシェルで身を包み、ヘルメット、ハーネスを身につけ、冬用の分厚い手袋も用意します。アイゼンを履いて、ピッケルは斜め掛けにしたスリングで手を離しても無くさないようにしましょう。そして万が一に備え、ビーコンと呼ばれる、もしも雪崩で雪の下に埋もれてしまった場合に即座に位置を教えてくれる機器の使い方の練習もします。夏山に比べるといろいろと面倒なことも多いですが、安全第一。新しい経験を楽しんでください。

ホテル千畳敷前で、雪上訓練

写真:SHIZUKO

地図を見る

雪上訓練が済めば、お風呂に入って、明日への英気を養いましょう。ここは、ホテルですので、食事はとっても豪華です。

ホテル千畳敷前で、雪上訓練

写真:SHIZUKO

地図を見る

ステーキも食べられますから、お昼ご飯を食べ過ぎないようにしておいた方がいいかも。早めに就寝。明日に備えて下さい。

日の出と共に冒険に出掛けよう!

日の出と共に冒険に出掛けよう!

写真:SHIZUKO

地図を見る

三ノ沢岳往復のコースタイムは、およそ6時間。でも、何があるかわからないので、日の出とともにスタートします。そのために日の出前には起床。

日の出と共に冒険に出掛けよう!

写真:SHIZUKO

地図を見る

前夜に受け取っていた朝食セットをいただき、熱いお茶やお湯を水筒に補給。雪山では温かい飲み物は大切。お湯は、凍ってしまって脱げなくなったアイゼンを溶かすために使ったりするので、必ず持って行きましょう。

日の出と共に冒険に出掛けよう!

写真:SHIZUKO

地図を見る

登山準備を整えたら、お互いにハーネスのチェックなどをして、厳しい場面で慌てないように、安全第一で協力して登山開始。

急斜面はアイゼンをしっかり効かせて

急斜面はアイゼンをしっかり効かせて

写真:SHIZUKO

地図を見る

まずは、極楽平までの急登。

夏道はギザギサに登っていくようになっていますが、雪に覆われた山は自分で道を切り開きます。誰も登っていない斜面に、自分たちだけのトレースを刻んでいく。これ、雪山の醍醐味です。およそ30分で極楽平へ到着。眼下にさっき出発したホテル千畳敷が見えます。

急斜面はアイゼンをしっかり効かせて

写真:SHIZUKO

地図を見る

稜線に上がれば風が強くなるので注意しましょう。目を転じれば、今から登る三ノ沢岳の美しい姿が。

急斜面はアイゼンをしっかり効かせて

写真:SHIZUKO

地図を見る

急な斜面を横切って歩くトラバース。斜面に対してアイゼンをうまく効かせないと滑ります。慎重かつ丁寧に一歩一歩進みましょう。朝方は雪面が凍っていて、朝日に照らされるとキラキラと輝き、とても素敵な光景です。

山頂を極めたら、下山後のお楽しみはソースかつ丼

山頂を極めたら、下山後のお楽しみはソースかつ丼

写真:SHIZUKO

地図を見る

2676メートルのピークを越えて、最低鞍部と呼ばれる場所までいったん下ります。ケルンを目指して最後の登りを頑張れば、やがて三ノ沢岳の頂上に。

山頂を極めたら、下山後のお楽しみはソースかつ丼

写真:SHIZUKO

地図を見る

独立峰だけに、見事な眺望が広がっています。でも、雪山のピークは寒いので長居は無用。歩いてきた道を戻ります。

山頂を極めたら、下山後のお楽しみはソースかつ丼

写真:SHIZUKO

地図を見る

無事に下山した後のお楽しみは、ご当地グルメ!
駒ケ根の名物はなんと言ってもソースかつ丼。とにかくボリューミー。
でも、腹ペコのお腹にスルスルと納まって行くから不思議。サクサクの豚カツがとっても美味しいので、ぜひお試しください。

知る人ぞ知る三ノ沢岳

駒ケ岳ロープウェイを使って登ることが出来る雪山は、木曽駒ケ岳、宝剣岳が代表格。三ノ沢岳に登ったことのある人は、かなり少ないでしょう。だからこそ、ぜひ、チャレンジして下さい。とても美しい山です。

どの山にチャレンジするにも、ホテル千畳敷が登山基地になります。カールの底に建っているホテルですから、どこに行くにも、きつい登りにきつい下りは覚悟しましょう。およそ30分。耐えて登れば、清冽な風景は貴方のものです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/26−2016/04/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -