耳で聴く新しい旅のスタイル『ON THE TRIP』とは?

| 旅の専門家がお届けする観光情報

耳で聴く新しい旅のスタイル『ON THE TRIP』とは?

耳で聴く新しい旅のスタイル『ON THE TRIP』とは?

更新日:2018/01/11 18:48

LINEトラベルjp NEWSのプロフィール写真 LINEトラベルjp NEWS

旅の中で新しいものに出会い「詳しく知りたい!」と思うことは誰にだってあるはず。そんな時、旅先にいながらにして、そこで出会った景色や芸術に根付く物語を語ってくれる自分だけのガイドがあれば…なんて思ったことはありませんか?
ここで紹介するのは、そんな旅人の願いを叶えてくれるアプリ『ON THE TRIP』。このアプリを薦める理由は、旅の新しいスタイルを提案してくれる可能性があるからなんです。(PR)

    背景を知ると世界が変わる。音で知る「物語」とは?

    背景を知ると世界が変わる。音で知る「物語」とは?

    提供元:Photo by Aaina Sharma on Unsplash

    https://unsplash.com/

    博物館や美術館に行くと、必ずといっていいほど用意されている音声ガイド。その意図は言わずもがな、よりその作品を理解するきっかけを作り、作品の持つ世界観への没入感を促すため。美しい芸術や美術品には、作者の想いや経てきた歴史など、様々な「物語」が秘められているからです。

    しかしそれは芸術や美術品に限ったことではなく、「旅」というシーンの中でも同じこと。

    背景を知ると世界が変わる。音で知る「物語」とは?

    提供元:Photo by Rathish Gandhi on Unsplash

    https://unsplash.com/

    私たちは旅をしていると、たくさんの新しいものと出会います。それは、街の何気ない風景や歴史的な建築物であったり、名も知らぬ山や川、人々の文化であったり……。そんな旅先で出会う新しいものには、芸術や美術品と同様、「物語」が秘められているのです。

    私たちがそんな旅の物語を知る方法は、分厚いガイドブックや備え付けのパンフレットと、従来はとても限られたものでした。しかし今は、旅もネットで作り出す時代。詳しく知りたいスポットの名前を検索すれば、ありとあらゆる情報が表示されます。
    けれどどうでしょう? そんなごまんとある情報の中から、自分の知りたい情報や物語を探し出すのは、それほど容易なことではないはず。しかもそこは旅先。せっかくの非日常の中で、ずっとスマホの画面とにらめっこをしながら歩くのなんてごめんです。

    そんな時に嬉しいのが、『ON THE TRIP』というトラベル音声ガイドアプリ。スマホとイヤホンさえあれば、旅先が簡単に自分だけの博物館に早変わり。

    わざわざ調べる必要ナシ。GPS連動の『ON THE TRIP』に案内してもらうだけ

    わざわざ調べる必要ナシ。GPS連動の『ON THE TRIP』に案内してもらうだけ

    提供元:ON THE TRIP

    https://on-the-trip.com/

    『ON THE TRIP』とは、「あらゆる旅先を博物館化する」をテーマに、神社やお寺などの文化財、絶景や温泉地、芸術祭。禅や寿司などのカルチャーまで。様々な旅先の理解をその場で深めるトラベルガイドアプリです。

    使い方は簡単。ダウンロードしたアプリを立ち上げ、自分が聞きたいスポットのガイドをダウンロード(0円〜)。あとは他の旅人の邪魔にならないようにイヤホンをつけて聞けば、目の前の「旅」に集中しながら、そのスポットの情報やガイドブックには載っていないような「物語」を楽しむことができるのです。また、観光スポットの見どころをGPSと連動してガイドしてくれるので、「今目の前にあるこの建物は何ていうんだろう?」と調べる手間も省ける優れもの。

    高いクリエイティブ力。バンで取材する、面白い企画が売り

    高いクリエイティブ力。バンで取材する、面白い企画が売り

    提供元:ON THE TRIP

    https://on-the-trip.com/

    制作を手がけるのは、株式会社ON THE TRIP。旅好きや、感度の高い人たちの間で人気のモバイルメディア『TABI LABO』を創業した成瀬勇輝氏を筆頭に、コピーライターの志賀章人氏、UI/UXエンジニアの森上氏、写真家の本間寛氏などのメンバーで構成されたチームです。

    高いクリエイティブ力。バンで取材する、面白い企画が売り

    提供元:ON THE TRIP

    https://on-the-trip.com/

    彼らのオフィスは、なんとDIYを施したバスの中。面白いガイドをつくるには、現地でのインタビューが必要。そう考えた彼らは、移動型のバンオフィスで現地に滞在して、その土地ならではのその場所でしか出会えない物語を集めながら、日本各地のガイドを制作しているそう。彼らもまた、旅の途中――ON THE TRIPなんです。

    高いクリエイティブ力。バンで取材する、面白い企画が売り

    提供元:ON THE TRIP

    https://on-the-trip.com/

    そんな、実際に旅をしながら作られているアプリ『ON THE TRIP』は、その視点ももちろん旅人目線。例えば現在配信中の浅草寺のガイドのテーマは、庶民のお寺ができた経緯を追いながら参拝すること。シンボルである雷門をくぐり、人々で賑わう仲見世通りを抜け、五重塔を横目に観音堂へと詣る。はたまた新宿御苑のガイドのテーマは、心象風景について。一人で散歩をしていると気づかずに通り過ぎてしまうような景色に目を留め、そこに隠された物語を情緒たっぷりに語りかけてくれることで、目に見えない景色が見えてくる……。といったように、ひとつひとつのガイド毎にコンセプトを設けているのが『ON THE TRIP』の特徴。これからは、京都や奈良をはじめ、日本各地の文化財と連携してガイドを随時配信するとのこと。それぞれのガイドのテーマにも注目したいところです。

    ネット時代に、『ON THE TRIP』で出会う新しい旅のカタチ

    ネット時代に、『ON THE TRIP』で出会う新しい旅のカタチ

    提供元:ON THE TRIP

    https://on-the-trip.com/

    『ON THE TRIP』の対象ユーザーは、日本人だけではありません。日本語のほか、英語、中国語、広東語、韓国語と多言語で展開される音声ガイドは、日本を訪れた様々な国の人々に、より私たちの国のことを理解し、好きになってもらえるようにと考えられてのもの。
    スポットの紹介だけでなく、日本特有の伝統的な温泉文化や寿司、そして禅などの、私たちですら上手く言葉で説明できない文化やカルチャーについても、写真と言葉で伝えてくれるのです。

    ネット時代に、『ON THE TRIP』で出会う新しい旅のカタチ

    提供元:ON THE TRIP

    https://on-the-trip.com/

    また、無駄を一切省いたそのスタイリッシュなデザインも、旅を五感で楽しむことの手助けをしてくれます。景色を目で見て、肌で風を感じ、漂ってくる現地の人々の生活の香りを感じる。指で『ON THE TRIP』のガイドのページをめくったら、イヤホン越しに流れてくる現地の物語を聴く――。

    普通のガイドブックとは違う発見をもたらしてくれる『ON THE TRIP』は、まさに新しい旅のカタチを私たちに提案してくれているのでしょう。

    さあ、モバイル時代の身軽で濃い「旅」に出よう

    現在は日本国内のガイドを中心に展開されている『ON THE TRIP』ですが、ゆくゆくは世界の様々なスポットと物語が繋がり、私たちの旅をより想像力豊かに演出してくれる日が来るかもしれません。

    民泊がその地位をあげてきたり、旅をインスタグラムから探す時代になったりと、近年、旅はどんどんとそのカタチや有り様を変えています。今までのようなガイドブックを本棚にしまい、『ON THE TRIP』をいれたスマホと必要最低限のものだけを持って、旅に出る。自分が身軽になったなら、きっとその分だけ、旅先で得られる経験や思い出は大きなものになるはずです。

    【この記事は ON THE TRIP とのタイアップです】

    この記事の関連MEMO

    掲載内容は執筆時点のものです。

    - PR -

    旅行プランをさがそう!

    このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

    条件を指定して検索

    LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ

    - PR -