朝が楽しみになるハワイの朝食!!ワイキキ周辺のてっぱん5選

| ハワイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

朝が楽しみになるハワイの朝食!!ワイキキ周辺のてっぱん5選

朝が楽しみになるハワイの朝食!!ワイキキ周辺のてっぱん5選

更新日:2018/05/07 18:17

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

朝が苦手な方もハワイに来たら早起きが楽しくなる。それは、ウキウキしちゃうほど可愛くって美味しい朝食が充実しているから。爽やかなハワイの朝の空気を感じながら、ぜひお出かけください。ワイキキのホテルからアクセスのいいハズレなしの美味しい朝食5選を紹介します。

並ぶ価値あり「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー」

並ぶ価値あり「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

アマゾンが原産と言われるスーパーフード「アサイ」ブームの火付け役となったのがハワイ。栄養満点でヘルシーなアサイとグラノーラ、たっぷりのフルーツを盛り付けたアサイボウルは、ハワイを代表するロコ飯のひとつ。

定番から進化系までいろいろあるけど、アイランド・ヴィンテージ・コーヒーのアサイボウルは別格。見た目も美しく、濃厚でまろやかな味わいは、並んでも食べたい一品です。ほぼ全ての素材がオーガニックなのもうれしい。深めのボウルにたっぷりと提供されますので、1つが1.5〜2人前のボリューム。

並ぶ価値あり「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

アイランド・ヴィンテージ・コーヒーは、コナコーヒー専門店ですがフードメニューが充実。新鮮なマグロやサーモンを使用したポケ丼や萌え断なサンドウィッチなど、どれを選んでもハズレなしの美味しさ。家族やグループで利用するなら、人気のアサイボウルとお食事メニューを注文してシェアしていただくのがおすすめです。アラモアナセンター内にも店舗がありますが、カフェメニューのみとなります。フードメニューがお目当てなら、ロイヤル・ハワイアン・センター内の店舗へ。

<アイランド・ヴィンテージ・コーヒー(Island Vintage Coffee)の基本情報>
住所:2301 Kalakaua Avenue #C215 Honolulu(ロイヤル・ハワイアン・センターC館2階)
営業時間:無休、6:00 - 23:00(食事提供は、7:00 - 15:00)
アクセス:カラカウア通り沿い

美味しいだけじゃない!!フォトジェニックな朝食「アランチーノ・ディ・マーレ」

美味しいだけじゃない!!フォトジェニックな朝食「アランチーノ・ディ・マーレ」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ハワイで本格イタリアンが味わえるお店として人気の「アランチーノ・ディ・マーレ」で提供される朝食は、フォトジェニック。くるくると上品にまかれたクレープとたっぷりの生クリームにフルーツが盛り付けされたミックスベリーのクレープは食べるのがもったいないほど美しい。海からの心地よい風が吹くテラス席でいただくと朝からテンションが上がります。

美味しいだけじゃない!!フォトジェニックな朝食「アランチーノ・ディ・マーレ」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

甘い系ではなく、しょっぱい系のクレープなら、TV番組「有吉の夏休み」でも取り上げられた人気メニュー「生ハムのモッツァレラチーズ」もおすすめです。イタリア産高級生ハムとピリッと辛いルッコラの相性がバツグン。クレープには、玉子サラダがサンドされていて心がなごむ優しい味わいなんです。

美味しいだけじゃない!!フォトジェニックな朝食「アランチーノ・ディ・マーレ」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

見た目も美しく、「合うよねそれ〜」と感心してしまう絶妙な組み合わのメニューが多いのも特徴と言えます。「厚焼きフォッカッチァ あつあつトロトロのカルボナーラソースがけ」もそのひとつ。半熟卵にナイフを入れると、黄身がとろーり。フォッカッチァにカルボナーラソースを絡めていただくと何とも幸せな気分になります。

テラス席からは海が見える席もあります。オープンエアーのテラス席は人気がありますので、8時前に入店することとをおすすめします。

<アランチーノ・ディ・マーレ(Arancino di Mare)の基本情報>
住所:2552 Kalakaua Avenue Honolulu(ワイキキビーチ・マリオット・リゾートホテル1階)
電話番号:+1-808-931-6273
営業時間:朝食は、7:00 – 11:00
アクセス:レストラン入口は、オフア通り沿い

カイルアの超有名店「シナモンズ」をワイキキで

カイルアの超有名店「シナモンズ」をワイキキで

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

パンケーキは、ハワイの朝食メニューの定番。カイルアで人気の「シナモンズ」がワイキキでいただくことができます。シナモンズのパンケーキは、ふわふわ系ではなく、もっちり系。見た目もキュートなピンク色のグァバシロップがたっぷり。甘酸っぱいソースと生クリームとの相性が抜群の一品です。ビックサイズなのに2枚で8ドル以下とお手頃価格もうれしい。人気のグァバパンケーキはディナータイムにも注文することができます。

<シナモンズ・アット・ザ・イリカイ(Cinnamon’s at the Ilikai)の基本情報>
住所:1777 Ala Moana Blvd Ste. 180 Honolulu(イリカイ・ホテル1階)
電話番号:+1-808-670-1915
営業時間:7:00 – 21:00(朝食メニュー提供は、7:00 - 14:00)
アクセス:ワイキキの西端、アラワイボートハーバーの近く

土曜の朝は「KCCサタデー・ファーマーズ・マーケット」で青空レストラン

土曜の朝は「KCCサタデー・ファーマーズ・マーケット」で青空レストラン

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ハワイ滞在中に1度は足を運びたいファーマーズ・マーケット。日程が土曜日を挟むなら、土曜の朝開催されるKCCサタデー・ファーマーズ・マーケットへ。オアフ島最大のファーマーズ・マーケットで名物屋台も多数出店します。入口には、その日の出店者リストと配置図が置いてありますので、参考にもらっておきましょう。

土曜の朝は「KCCサタデー・ファーマーズ・マーケット」で青空レストラン

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ガイドブックでよく紹介されるお店は人だかりができているのですぐ分かります。紹介されていない屋台も実力者揃いのマーケットです。マーケット内をぐるりと巡りながら、ピンときたお店をチョイスするのが一番。各屋台の店先にはサンプルが置いてあるので、不自由なく注文できます。提供されるメニューは、作り置きではなく、その場で調理した出来立てをいただけるのも美味しい理由です。

土曜の朝は「KCCサタデー・ファーマーズ・マーケット」で青空レストラン

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

観光客だけでなく、ロコにも人気のマーケット。木陰でのんびり朝食を食べる地元の方も多い。レジャーシートや大判のタオルを持参して、即席の青空レストランを楽しみましょう。近くには、ダイヤモンド・ヘッドの登山口もあるので、早朝登山とマーケットをセットで楽しむと充実した朝活になりますね。

<KCCサタデー・ファーマーズ・マーケット(KCC Farmers Market)の基本情報>
住所:4303 Diamond Head Rd, Honolulu
開催日時:土曜日、7:30 - 11:00
アクセス:The Bus 2、23またはワイキキトロリー(グリーン)

特等席は自分で選ぼう!!ピクニック専門店「タッカー・アンド・ベヴィー・ピクニックフード」

特等席は自分で選ぼう!!ピクニック専門店「タッカー・アンド・ベヴィー・ピクニックフード」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ビーチや公園など自分の好きな場所で食べることをコンセプトにしているピクニック専門店「タッカー・アンド・ベヴィー・ピクニックフード」。ワイキキビーチが目の前の絶好のロケーションに2店舗あります。

特等席は自分で選ぼう!!ピクニック専門店「タッカー・アンド・ベヴィー・ピクニックフード」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

新鮮な野菜をサンドした焼き立てのパニーニやベーグルは、片手で手軽に食べることができるから場所を選ばずにいただけるピクニックフードです。注文を受けてからパンを焼いてサンドするから、温かいのがうれしい。焼き上がりを受け取ったら、生ジュースやスムージーと一緒に目の前のワイキキビーチへGo!!

特等席は自分で選ぼう!!ピクニック専門店「タッカー・アンド・ベヴィー・ピクニックフード」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

お気に入りの特等席をみつけたら、ピクニックフードをひろげて朝食タイム。海を真正面に眺められるオーシャンフロントの席なんて、ホテルレストランでは競争率が高いけど、ピクニックならすぐ座れます。朝焼けでピンク色に染まるワイキキビーチを眺めながら爽やかな朝時間を過ごしましょう。

<タッカー・アンド・ベヴィー・ピクニックフード(Tucker and Bevvy Picnic Food)の基本情報>
住所:2424 Kalakaua Avenue Honolulu(ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチ・リゾート・アンド・スパ内1階)
電話番号:+1-808-922-2088
営業時間:6:30-19:00
アクセス:カラカウア通り沿い

迷わずココ!!ハズレなしの王道朝食5選

迷ったらココ!いやっ、迷わずココ!!ハワイの朝食で、1度は食べておきたい王道5選を紹介しました。物価の高いハワイですが、記事で紹介した朝食は、いずれもお一人10ドル前後とお財布に優しいてっぱんの朝食です。地産地消が息づいたハワイで、朝からハワイの恵みをたっぷり味わいましょう。

※2018年4月現在の情報です。各レストラン最新の情報は、下記MEMO欄の公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -