2018年はビューティー運が吉!?美人祈願にご利益がある京都の寺社3選

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

2018年はビューティー運が吉!?美人祈願にご利益がある京都の寺社3選

2018年はビューティー運が吉!?美人祈願にご利益がある京都の寺社3選

更新日:2018/01/19 15:43

佳後 マリ子のプロフィール写真 佳後 マリ子 レトロ旅ライター、パワスポ・ナビゲーター

女性なら誰しも、今より美しくなりたい!という願望を持っているものですよね。特に2018年は九星気学及び風水では「九紫火星」の年とされ、美容運・ビューティー運にツキがある年と言われています。
そこで今回は、美人祈願のご利益で知られる京都の寺社をご紹介しましょう!

美人との誉れ高い観音様に願いを託して「楊貴妃観音堂」

美人との誉れ高い観音様に願いを託して「楊貴妃観音堂」

写真:佳後 マリ子

地図を見る

中世期〜江戸時代の歴代天皇・皇妃の菩提寺「御寺」として今なお厚い信仰を集める、京都市東山区の泉涌寺。そんな由緒ある泉涌寺の境内、大門をくぐってすぐ左手に「楊貴妃観音堂」という名の御堂があります。

美人との誉れ高い観音様に願いを託して「楊貴妃観音堂」

写真:佳後 マリ子

地図を見る

この堂内で祀られている観音像は13世紀に中国から渡来したもので、そのあまりの見目麗しさから、かつての唐(中国)の玄宗皇帝が亡き楊貴妃を偲んで造らせたものとの伝承が広まりました。以来「楊貴妃観音」と称されて今日に至っています。

楊貴妃といえば、クレオパトラ、小野小町とも並び称される世界三大美女の一人。そんな伝説の美女を彷彿とさせるかのような、女性的な優美さと柔和さをたたえた佇まいからは、このような云われを知らずとも惹きつけられてしまう、独特の魅力とオーラが放たれています。

美人との誉れ高い観音様に願いを託して「楊貴妃観音堂」

写真:佳後 マリ子

地図を見る

美人祈願のご利益で知られていますが、縁結びにも効験があるといわれる楊貴妃観音堂。俳優の石田純一さんが、奥様の東尾理子さんと出会う前に楊貴妃観音堂にお参りしていたというのは有名な話です。

昔は百年に一度しか拝むことがかなわなかったという高貴で美しい観音様に、心身ともに美しい女性になれることを願って手を合わせてくださいね! 各種お守りなども堂内でいただくことができますよ。(堂内は撮影禁止です)

<基本情報>
住所:京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
電話番号:075-561-1551
拝観時間:午前9時〜午後4時30分(閉門5時) 冬季(12〜2月)は、午前9時〜午後4時(閉門4時30分)
アクセス : 市バス「泉涌寺道」下車、徒歩15分

神社に湧き出る「美容水」!「美御前社」

神社に湧き出る「美容水」!「美御前社」

写真:佳後 マリ子

地図を見る

清水寺、祇園など京都を代表する観光スポットが至近にあり、参拝客でいつも賑わっている八坂神社。

八坂神社には本殿以外にも多くの摂社・末社が祀られていますが、その中でも女性の方にぜひおすすめしたいのが、境内奥に鎮座する末社の美御前社(うつくしごぜんしゃ)です。

神社に湧き出る「美容水」!「美御前社」

写真:佳後 マリ子

地図を見る

美御前社は、天照大神と須佐之男命との誓約により生まれたとされる宗像三女神の多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)・多岐都比売命(たぎつひめのみこと)・市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)を御祭神としています。

福岡県の宗像大社(世界遺産に指定された沖の島なども含む)にはこの宗像三女神が主祭神として祀られており、非常に歴史の古い神様でもあります。

美の象徴神である宗像三女神の中でも、特に市寸島比売命は、神仏習合がなされていた時代には七福神のひとつである「弁財天」として信仰されており、財福や芸能の神としても信仰を集めていたとか。

祇園の芸妓さんや舞妓さん、美容や化粧品関係の仕事に携わる方が実際にお参りしている御社でもあります。

神社に湧き出る「美容水」!「美御前社」

写真:佳後 マリ子

地図を見る

なお鳥居横から湧き出ているお水は「美容水」と呼ばれており、こちらのお水を手にとってお肌につけると美しくなれると言われていますので、参拝時にはぜひお試しあれ!

小さな神社ではありますが、女性には見逃して欲しくない八坂神社内のパワースポットです。

<基本情報>
住所:京都府京都市東山区祇園町北側625
電話番号:075-561-6155
アクセス : 京阪祇園四条駅より徒歩約5分・阪急河原町駅より徒歩約8分・JR京都駅より市バス206系統「祇園」下車すぐ

人気の秘密は自分でお化粧できる鏡絵馬!「河合神社」

人気の秘密は自分でお化粧できる鏡絵馬!「河合神社」

写真:佳後 マリ子

地図を見る

世界遺産であり、その格式と共にパワースポットとしても人気の高さを誇る下鴨神社。その敷地内にある糺の森(ただすのもり)の一角に、「河合神社」という摂社が鎮座しています。

御祭神として祀られている玉依姫命(たまよりひめのみこと)が非常に美しい神様だったことから、美人祈願のご利益があるとして信仰されるようになり、今でも若い女性の参拝が後を絶ちません。

人気の秘密は自分でお化粧できる鏡絵馬!「河合神社」

写真:佳後 マリ子

地図を見る

手鏡の形をした顔入りの絵馬に自分が普段使っている化粧品でメイクを施し、裏面に文字で願いを記したものを奉納する「鏡絵馬」が大人気。美しくなりたいと願う女性たちの想いが込められた鏡絵馬が、本殿の壁際にズラリと掛けられています。

なお、絵馬用に色鉛筆やマジックペンなども用意されていますが、自分自身のメイク用品を使用する方がさらに効果が上がると言われていますので、ぜひお化粧ポーチ持参でお参りしてみてくださいね。

またこの鏡絵馬が掛けられた壁と本殿との間、拝殿のスペースには「御白石(おしらいし)」という白い石が置かれています。この石に触れた手で顔を撫でるとすべすべの色白肌になれるという噂もありますから、こちらも要チェックです。

人気の秘密は自分でお化粧できる鏡絵馬!「河合神社」

写真:佳後 マリ子

地図を見る

河合神社は、下鴨神社の広大な敷地の中でも最南部に位置している御社です。本殿のある境内とも少し離れた場所にありますので、マップなどを参考にしながら見逃さないようにお参りしていただければと思います。京阪電車・出町柳駅方面の鳥居から入るとわかりやすいでしょう。

<基本情報>
住所:京都府京都市左京区下鴨泉川町59
電話番号:075-781-0010
開閉門時間: 6:30〜17:00
アクセス:京阪電車「出町柳」下車徒歩約7〜8分・市バス「下鴨神社前」or「糺ノ森前」下車徒歩約5〜10分

縁結び・良縁祈願とあわせて

今回は、ビューティー運に効果があるといわれる京都の寺社をご紹介しました。
楊貴妃観音は美人祈願のみならず、縁結びや良縁祈願にもご利益があるとされており、また美御前社と河合神社は、境内にある他の摂末社と併せて参拝することで両方のご利益が期待できるという共通点があります。
(美御前社の場合は「大国主社」が同じ八坂神社の境内にあり、河合神社に関しては「相生社」が下鴨神社の境内にあります)

美人祈願と併せて、縁結び・良縁祈願もひとつの場所でできるというのは女性にとっては嬉しいもの。京都で幸せを願う旅をしてみませんか?

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/28−2018/01/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -