新潟「ひなの宿 ちとせ」が気になる!露天風呂も松之山グルメも

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

新潟「ひなの宿 ちとせ」が気になる!露天風呂も松之山グルメも

新潟「ひなの宿 ちとせ」が気になる!露天風呂も松之山グルメも

更新日:2018/04/07 18:12

泉 よしかのプロフィール写真 泉 よしか 女子目線温泉ライター、キッザニアマニア

雪深い新潟県十日町市の山里に湯煙を上げる日本三大薬湯の一つ松之山温泉。「ひなの宿 ちとせ」なら露天風呂で雪見が楽しめます。自家栽培の棚田米と温泉で調理した松之山グルメの湯治豚も召し上がれ!

松之山温泉「ひなの宿 ちとせ」に泊まって、日本の山里の冬を楽しむ旅をオススメしたいと思います。

松之山温泉は雪深い山里のいで湯

松之山温泉は雪深い山里のいで湯

提供元:松之山温泉 ひなの宿 ちとせ

http://www.chitose.tv/地図を見る

日本有数の豪雪地帯、新潟県十日町市に松之山温泉はあります。冬はすっぽりと雪にうずもれる山里に、白い湯煙を上げる温泉街。通りの中ほどの「ひなの宿 ちとせ」まで来ると、ほんのりとアブラのような温泉のにおいが漂ってきます。

ひなの宿ちとせ社長の柳一成氏は、新潟県の観光振興に高く寄与するリーダーとして県から「にいがた観光カリスマ」の称号を得た人物。現在は松之山専門のオプショナルツアー会社「松之山温泉合同会社まんま」の代表を務め、自ら松之山温泉の観光を牽引しています。

2015年にはトリップアドバイザーの口コミで高評価を受けたことを証明するCertificate of Excellence 2015も受賞。「ひなの宿 ちとせ」は実際に泊まったユーザーの評価が高い宿なのです。

松之山温泉は雪深い山里のいで湯

写真:泉 よしか

地図を見る

館内に一歩足を踏み入れると、えっ、スリッパがいらない!と驚かれるかも。廊下も全て畳敷きで、靴下のままで過ごせる環境は、小さいお子様連れのお客さんにも大好評。どこか飾らないぬくもりが感じられることでしょう。

松之山温泉は雪深い山里のいで湯

写真:泉 よしか

地図を見る

こちらの宿は和風旅館らしさを持ちながらもモダンで瀟洒な雰囲気。ロビーにある「ラウンジじょんのび」ではこだわりの有機栽培コーヒーや、いち粒の雪下人参ジュースなどがいただけます。

「じょんのび」というのは、ゆったりくつろぐことを意味するこの辺りの方言です。ぜひ、この宿で日常から離れてたっぷりじょんのびしてくださいね。

ひなの宿 ちとせの特別室は露天風呂付き

ひなの宿 ちとせの特別室は露天風呂付き

写真:泉 よしか

地図を見る

客室は10畳と12.5畳の和室の他に、準特別室が2室と特別室が3室。

写真は特別室の「山つつじ」のお部屋。和室8畳とベッドルーム、そして専用の桧の露天風呂まで!

ひなの宿 ちとせの特別室は露天風呂付き

写真:泉 よしか

地図を見る

3室ある特別室は、全て少しずつ間取りやデザインが違います。次は違うお部屋に泊まってみたいとリクエストするお客様もいらっしゃるそうですよ。

ひなの宿 ちとせの露天風呂は源泉掛け流し!

ひなの宿 ちとせの露天風呂は源泉掛け流し!

写真:泉 よしか

地図を見る

ひなの宿 ちとせに泊まったら、ぜひとも入ってほしいのが露天風呂の「月見の湯」。この温泉地を代表する風情ある露天風呂です。

ひなの宿 ちとせの露天風呂は源泉掛け流し!

写真:泉 よしか

地図を見る

実は松之山温泉は日本三大薬湯に数えられるとても濃厚で効能豊かな温泉。塩分やホウ酸がたっぷり入って、とてもよく温まり美肌効果も高いんです。源泉は約一千万年前の化石海水が温泉として湧き出していると言われていて、しょっぱいのも納得!山の中に遠い昔の海水が残っているなんて、なんだか不思議ですよね。

ひなの宿 ちとせの露天風呂ではこの松之山温泉を贅沢に源泉掛け流し!グリーンシーズンのブナ林を見上げての湯浴みもさることながら、しんしんと降り積もる雪を眺めながらの雪見風呂はまさに極楽。

ひなの宿 ちとせの露天風呂は源泉掛け流し!

写真:泉 よしか

地図を見る

「月見の湯」の他に、男女別の大浴場「ほんやらの湯」もあります。「ほんやらの湯」は内湯と露天風呂があり、やはり露天風呂は源泉掛け流し。

「ほんやら」とは"かまくら"のこと。特に冬季の露天風呂は雪にすっぽり埋まって、まるでかまくらのように。

松之山グルメ「棚田米」と「湯治豚」は必食!

松之山グルメ「棚田米」と「湯治豚」は必食!

写真:泉 よしか

地図を見る

最後にひなの宿 ちとせのお食事を紹介します。新潟県のお米と水が美味しいことはみなさんご存知だと思いますが、特に松之山周辺には今では少なくなった棚田がたくさん残されています。

夕暮れ時の棚田の景色はとてもフォトジェニックなので、撮影目的でこの地方を訪れるお客さんも少なくありません。

そして、なんとちとせでは棚田でお米を自家栽培しているのです。雪深い土地だからこその美味しいお米、じっくり味わってみてください。

松之山グルメ「棚田米」と「湯治豚」は必食!

写真:泉 よしか

地図を見る

そしてもう一つ、どうしてもオススメしたい食材があります。それは「湯治豚」。

新潟県十日町市の誇るブランド豚・妻有ポーク「越乃紅(こしのくれない)」の熟成タイプを、塊のまま豪快に真空パックして、63〜65度ほどの温泉に浸けて3時間低温調理したものを「湯治豚」と呼びます。

中はロゼ色ですがしっかり熱は通っており、旨味がじゅわーっと!これはもう、松之山温泉に足を運んで現地で食べるしかありません!

松之山グルメ「棚田米」と「湯治豚」は必食!

提供元:松之山温泉 ひなの宿ちとせ

http://www.chitose.tv/地図を見る

この他にも地元の野菜、山菜、キノコを使った郷土料理など、こだわりのメニューがたっぷり。食に恵まれた越後の幸を存分に味わってください。

また新潟県内20の地域で作る「にいがた朝ごはんプロジェクト」にも参加。目覚めた朝はとびきり美味しい朝ごはんが迎えてくれますよ!

松之山温泉のオススメ旅館「ひなの宿ちとせ」

日本三大薬湯のひとつ、濃厚で個性的なお湯の松之山温泉。雪深い山里だからこそ、雪の季節に訪れたい温泉地です。

中でも「ひなの宿ちとせ」は洒落た雰囲気の温かく居心地の良い旅館。特に露天風呂・月見の湯の風情や松之山グルメの湯治豚はぜひ泊まって満喫していただきたい。きっと思い出に残る滞在になるでしょう。

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -