世界で最も素晴らしい祭典のひとつ!台湾・屏東「ランタンフェスティバル」2019

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界で最も素晴らしい祭典のひとつ!台湾・屏東「ランタンフェスティバル」2019

世界で最も素晴らしい祭典のひとつ!台湾・屏東「ランタンフェスティバル」2019

更新日:2019/02/13 16:26

吉野 友梨のプロフィール写真 吉野 友梨 トラベルライター

台湾のランタンフェスティバル(台湾燈會)はアメリカのテレビ・ディスカバリーチャンネルで「世界で最も素晴らしい祭典のひとつ」として紹介された、アジア以外でも知られた有名なお祭りです。地元台湾のみならず、外国人観光客も多く訪れる人気の催しです。2019年は台湾南部・屏東で開催されます。遠く離れたアメリカでも紹介されたほどの、幻想的かつ華やかでもある台湾の一大イベントに、ぜひ足を運んでみて下さい。

アメリカのテレビ・ディスカバリーチャンネルで紹介!

アメリカのテレビ・ディスカバリーチャンネルで紹介!

写真:吉野 友梨

地図を見る

世界には、一生に一度は必ず見ておきたいお祭りというものが存在しますが、ここ台湾のランタンフェスティバルもそのうちのひとつではないでしょうか。台湾では知らない人がいないほどの有名なこのお祭りは、ここ台湾だけでなくアジアを飛び出して、遠く離れたアメリカでも紹介されました。(写真は2016年桃園のランタンフェスティバルの様子です)

アメリカのテレビ・ディスカバリーチャンネルで紹介!

写真:吉野 友梨

地図を見る

アメリカのテレビ・ディスカバリーチャンネルでは台湾のランタンフェスティバルを世界でもっとも素晴らしい祭典(Fantastic Festivals of the World)として紹介しています。暗闇に浮かぶ、幻想的でありながら、華やか、ときにコミカルな多くのランタンが飾られたお祭りは「世界で最も素晴らしい祭典のひとつ」の名にふさわしいイベントです。

2019年は屏東!

2019年は屏東!

写真:吉野 友梨

地図を見る

2019年のランタンフェスティバルは2月19日から3月3日まで、台湾南部に位置する屏東で、「大鵬湾国家風景区」をメイン会場として、「東港鎮光区」「屏東区」の三エリアで開催されます。

屏東は台湾第2の都市・高雄の隣なので、高雄の観光スポット、龍虎塔や、高雄最大の六合夜市、ステンドグラスが美しい美麗島駅、高雄中心部を流れる愛河でのナイトリバークルーズなどを組み合わせて観光ということもできます。

台北から台湾新幹線で行く場合、最寄り駅は高雄の左営駅になります。メイン会場の「大鵬湾国家風景区」までは、台湾新幹線(高鉄)左営駅から台湾鉄道に乗り換え、「潮州駅」もしくは「林辺駅」下車。その後、無料シャトルバスで会場まで。

または高雄MRT左営駅(R16)からMRTで高雄国際機場駅(R4)まで行き、そこから無料シャトルバスで会場まで。

台湾新幹線左営駅近くのバスターミナルからは、会場直通バス0969、高速バス9189・9127A(有料)で「大鵬湾」下車すぐ。
台鉄・高雄駅からは高速バス9117・9127に乗り、「大鵬湾」「大鵬湾2」下車。

詳細は関連メモに入れてある公式HPでご確認下さい。

今年のメインランタンは「マグロ」!

今年のメインランタンは「マグロ」!

写真:吉野 友梨

地図を見る

ランタンフェスティバルは毎年、干支をメインランタンに据え開催していましたが、今年は十二支ではなく、地元・屏東名産のクロマグロがメインランタンになります。水辺に設置され、ライトアップされたランタンを彩る光のショーは午後7時以降、30分おきに見ることができます。この16メートル程のメインランタンはランタンフェスティバル終了後も屏東で見られるとのこと。

来場者には数量限定で、今年の干支・イノシシのミニランタンもプレゼントされます。赤・青・黄色の3種類で、ランタンとしてだけでなく、貯金箱としても使えるようになっています。

今年のメインランタンは「マグロ」!

写真:吉野 友梨

地図を見る

会場内の、いろいろなテーマに沿って展示されたランタンは、干支はもちろん、中華圏の神様などの宗教的なもの、有名なアニメのキャラクターから中華風の派手なものまで、数多く並んでいます。ランタンの中にはスモークを焚くなどの演出があるものも。

今年のメインランタンは「マグロ」!

写真:吉野 友梨

地図を見る

会場内にはさまざまなランタンがありますが、飾られたランタンの中には、微妙な顔つきの日本のアニメのキャラクターもあります。

期間限定!中華風テーマパーク?

期間限定!中華風テーマパーク?

写真:吉野 友梨

地図を見る

会場内はとにかく豪華絢爛!その派手さは、さながら中華風のテーマパークのようです。この豪華なランタンフェスティバルは、毎年3月初旬の10日間ほどの期間限定。なおかつ、毎年開催場所と展示が変わります。

今年見たものは来年には見られないということで、まさしく一期一会。10日間限定のお祭りです。このイベントは大変な人気で、この時期、台湾の人や外国人観光客で会場はごったがえします。

期間限定!中華風テーマパーク?

写真:吉野 友梨

地図を見る

ランタンフェスティバルは日本でも知られていて、旅行会社もこのお祭りに合わせて、ツアーを組むほどの人気です。ランタンの数は多く、人も多い為、見学時間を長めにとってまわりたいところです。

ランタンフェスティバルでは、オープニングセレモニーでのメインランタンの点灯式や花火を皮切りに、ハイテク技術を使用し、伝統的な催しから一歩進んだお祭りになる予定です。パフォーマンスの時間や内容などの詳細はパンフレットを確認するか、HPで最新の情報を確認して下さい。

2019台湾ランタンフェスティバルin屏東の基本情報

会場:大鵬湾国家風景区・東港鎮光区・屏東区
期間:2月19日から3月3日まで
料金:入場無料
アクセス:台湾新幹線・高雄の左営駅からは車で1時間。会場までシャトルバスあり

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -