旧東海道でタイムスリップ!品川「昭和ネオン高村看板ミュージアム」の魅力

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

旧東海道でタイムスリップ!品川「昭和ネオン高村看板ミュージアム」の魅力

旧東海道でタイムスリップ!品川「昭和ネオン高村看板ミュージアム」の魅力

更新日:2018/01/14 14:16

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 温泉ソムリエ

品川といえば、高層ビルが立ち並ぶ近代的な街並みを連想する人が多いかもしれません。しかしながらここは江戸時代に栄えた東海道の玄関口。一歩駅前から遠ざかるとそこには歴史ある旧東海道の街並みが広がっています。

老舗の店舗や屋形船の船溜まりがあるかつての宿場町。京急新馬場駅から徒歩5分の場所にオフィスを構える「昭和ネオン」では、知られざるお宝の数々に、お目にかかることができますよ。

創業からおよそ100年!

創業からおよそ100年!

写真:Nami Kita

地図を見る

「昭和ネオン」は、大正11年に高村看板店として創業した大変歴史ある会社。昭和の時代になり当時において最新のネオンを取り扱い始めたことから現在の社名となったようです。現在では、主流と成り替わったLEDの導入をすすめ、数々の看板を手掛けているそう。

中でも銀座の山野楽器や高島屋日本橋店の看板は屋外広告コンクールをも受賞した経歴のある代表作品。知らないうちに、どこかしらで昭和ネオンの看板と出会っているかもしれませんね。

創業からおよそ100年!

写真:Nami Kita

地図を見る

自社ビル2階にある「昭和ネオン高村看板ミュージアム」は、先代の高村社長が収集したという、江戸時代から昭和初期にかけての貴重な看板の数々を展示した興味深いミュージアム。

新馬場駅を降りて旧東海道の通りを目指すと現れるのが、地元のケーキ屋さんやお蕎麦屋さんに囲まれて立つ、こちらのビルです。近年では外国人観光客の姿を目にすることも増え、駅前にはゲストハウスなども建ちました。

丸みを帯びた、どこか懐かしいタイプの窓はシンプルながらにどこか愛着の沸くデザイン。京急線の車内からもひと際目をひく真っ赤なネオンサインが目印です。

看板は、わかりやすさが命!

看板は、わかりやすさが命!

写真:Nami Kita

地図を見る

「昭和ネオン」のビルに到着したら入り口の内線で、ミュージアム見学希望の旨を伝えましょう。一見普通のオフィスなので躊躇してしまいそうですが、エレベーターで2階にあがると、ノスタルジックなお宝の数々が陳列されています。

平日は午前10時から午後4時まで見学可能。なんと入場料は無料というので驚きです。

看板は、わかりやすさが命!

写真:Nami Kita

地図を見る

入ってまず目をひくのがこちら煙管店の看板。重工な作りが格好いいですね。他にも眼鏡屋の看板には眼鏡の形のもの、髪結い屋の看板には頭の形のものを。誰しもがパッとみて何を売っているお店なのかが分かるのがポイントであったようですね。江戸から明治と、「昭和」に留まらぬ歴史ある品々が展示されていますが、ガラスケースに入ることもなく間近で見物できるのはとても貴重。

昔の文字での記載の為、わかりにくいものも多々ありますが頭をひねって読解できた時の喜びはひとしおですよ!

当時の人々のセンスがキラリ

当時の人々のセンスがキラリ

写真:Nami Kita

地図を見る

興味深いものの例として、歯磨き粉の「ライオン」や今では靴下屋として有名な「Fukuske」足袋屋の看板も見どころです。昭和以降多くの新しい会社が誕生する中で、今なお活躍し続ける歴史ある会社たち。時代の劇的な変化を遂げながらも守りぬいてきたスピリッツを感じずにはいられませんね!

当時の人々のセンスがキラリ

写真:Nami Kita

地図を見る

昔の看板には当時の人々の知恵や洒落っ気がいっぱい。たとえば、「鎌」と「輪」の絵、そして「ぬ」の文字が記載された看板の意味は「構わぬ」。

とある道場で「観るだけなら構わぬ」といった意味を表すため飾られていたと言われています。わかりやすさを一番にした商店の看板とはまた性格の異なるものですが、これはこれで面白いですね。

当時の人々のセンスがキラリ

写真:Nami Kita

地図を見る

入り口の芳名帳をちらりとのぞくと、チェコやアメリカといった海外からのお客様も。それもそのはず、マニアにはたまらないお宝の数々が無料で拝観できるのは、ここだけです。

宣伝方法が他になかった時代に自分の店の商品をいかに魅力的に人々に伝えるか。昔の人々の知恵が凝縮された一枚に、釘付けになってしまうのも当たり前かもしれませんね。是非お気に入りの一枚を探しに「昭和ネオン高村看板ミュージアム」へ!!

昭和ネオン高村看板ミュージアムの基本情報

住所:東京都品川区南品川1-7-17
電話番号:03-3471-4140
アクセス:京浜急行普通列車、新馬場駅下車 
横浜側改札より徒歩5分

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -