知多木綿で栄えた愛知・岡田、蔵となつかしい坂の町へタイムスリップ!

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

知多木綿で栄えた愛知・岡田、蔵となつかしい坂の町へタイムスリップ!

知多木綿で栄えた愛知・岡田、蔵となつかしい坂の町へタイムスリップ!

更新日:2018/01/17 13:44

Mizuki Yoshiのプロフィール写真 Mizuki Yoshi 歴史街道トレッカー、伝統の「ワザ」案内人、日本クルーズ&フェリー学会員

江戸から昭和の風情が色濃く残る愛知知多市岡田の街並み。小径や坂がやわらかく曲がり、見通せないその先に引き込まれてしまいます。岡田はかつて木綿生産で全国1〜2位の生産量を誇った知多木綿の7割を生産した地域。木綿産業繁栄期には女工さん達が3,000人も集まり、蔵がたくさん建ったことで有名です。現在岡田の町に残る蔵は90棟、岡田の懐かしい風景と古民家カフェでの寛ぎをご紹介します。

是非立ち寄りたい「木綿蔵・ちた」、鳥居型の織機は必見!

是非立ち寄りたい「木綿蔵・ちた」、鳥居型の織機は必見!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

「登り」の信号から500m程続く岡田通りに一歩入るとすぐに見えるなまこ壁の蔵。ここからは知多岡田簡易郵便局も見え、明治時代にタイムスリップしたようです。なまこ壁の蔵は左に回り込むと蔵を長手方向に見るので、一層情緒を感じることが出来ます。脇の細い道を登って行くと岡田神明社(後ほどご紹介)まで5分ほどです。

是非立ち寄りたい「木綿蔵・ちた」、鳥居型の織機は必見!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

なまこ壁の蔵に隣接するのが「木綿蔵・ちた」、木綿の手織り工房で大正時代に建ち、愛知県の登録文化財に指定された貴重な建築です。2階建て蔵の中で木綿の織体験ができます。体験織りは簡単なものは15分くらいで織ることが出来、220円です。ボランティアの方が、綿花から種を取り除く方法や糸の紡ぎ方、知多木綿に関するトリビアも易しく説明してくれます。2階にも織機や重量物を揚げる為の滑車などがあります。岡田の町で蔵を開放している「木綿蔵・ちた」は立ち寄りイチ押しです。知多木綿は有松絞りの生地でもありました。入場無料。ここは岡田の町のボランティアガイドさんの連絡所にもなっています。

是非立ち寄りたい「木綿蔵・ちた」、鳥居型の織機は必見!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

長年使用した趣ある織機後方側の立ち上がり形状に注目ください。鳥居の形をしているのです。岡田の木綿は、かつて伊勢や松阪に運び晒され(漂白)、伊勢商人により江戸へ運ばれました。その関係もあって岡田の木綿業の経営者達は伊勢神宮へかかさずお参りし、大金を奉納しました。伊勢地方や伊勢神宮とのつながりが鳥居型織機になっているのです。廻船が伊勢と結んだ知多岡田の人達にとり伊勢神宮は海の「向こう側(すぐそこの響き)」にある神社。木綿蔵・ちたの背後の千樹山に建つ岡田神明社のご祭神は伊勢神宮と同じ、天照皇大神・豊受皇大神です。

<基本情報>
住所:愛知県知多市岡田中谷9
電話番号:0562-56-4722
アクセス:名鉄電車常滑線で名古屋駅から約20分の朝倉駅下車、知多バス岡田線で13〜14分で岡田バス停下車し、「登り」交差点まで50m程戻り、岡田通りへ入りすぐの左側

貴重な建物が続く街並み

貴重な建物が続く街並み

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

パステルカラーの2階建て、赤いレトロなポストの知多岡田簡易郵便局は、岡田通りのランドマーク。明治時代に建てられ、今も現役の郵便局です。屋根の鬼瓦には〒印がついています。愛知県登録文化財指定の貴重な建築です。

貴重な建物が続く街並み

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

郵便局の向かい側に中谷屋敷秋葉社の祠。その背後に蔵がある竹之内資郎邸の長屋門と長い塀が続きます。この屋敷の主が代々竹之内源助ですが、江戸中期にさらし技術を伊勢から習得したことにより、知多木綿を江戸で直接販売するばかりか、生産も手掛けるようになります。知多木綿大発展に大きく貢献しました。後に豊田式力織機を78台も導入しました。

岡田木綿織りは大規模化が図られる以前は、農家の冬の副業として主婦が担いました。

貴重な建物が続く街並み

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

竹之内資郎邸の先に岡田通りが二股に分岐します。見すごしそうなのが石垣に埋められた手綱架け。荷馬車用に取り付けたものでクランクシャフトを使用しています。

カーブの向こうに木綿産業で築いた巨大邸宅群

カーブの向こうに木綿産業で築いた巨大邸宅群

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

S字カーブや逆S字にカーブが続く岡田の町はとても魅力的です。見えないその先に引き込まれます。

カーブの向こうに木綿産業で築いた巨大邸宅群

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

白い蔵が建っている竹内虎王邸。明治中期に竹内式動力織機を発明、岡田の知多木綿の大発展に貢献した人物です。自動織機を発明した豊田佐吉も岡田で研究していた時期があり、虎王から影響を受けています。

カーブの向こうに木綿産業で築いた巨大邸宅群

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

巨大な門と大きな敷地を誇るのが、旧中七木綿本店。主の中島七右衛門が先のご紹介した竹之内源助と共に晒(さらし)技術の習得をしたことで知多木綿の大発展のきっかけとなりました。屋敷前がお祭り広場になっており4月の岡田の春祭りで山車3台が集結する場所です。

式年遷宮材で再建された岡田神明社

式年遷宮材で再建された岡田神明社

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

「木綿蔵・ちた」でご紹介した岡田神明社は、旧中七木綿本店を超え旧防空壕前を登ると5〜6分。春の桜並木が見事な坂道です。お社は伊勢神宮や熱田神宮などの神明造り。屋根は貴重な檜皮葺(ひわだぶき)です。伊勢神宮昭和32年式年遷宮材で作られ、標高48mの千樹山頂上の神明社は岡田の町を背後から護るようにして建っています。

式年遷宮材で再建された岡田神明社

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

お賽銭箱の隣でおみくじが引けます。上昇運を引き寄せてみてはいかがでしょう。

式年遷宮材で再建された岡田神明社

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

岡田神明社に沿う径は旧大野道。東海道刈谷から別れ伊勢湾側で千石船が出た大野港まで続く街道でした。現在は大野港方面に臨海工業地帯の煙が見え、伊勢湾対岸に鈴鹿山系が見えます。

<基本情報>
住所:愛知県知多市岡田中谷35
電話番号:0562-55-3183
アクセス:JAあいち知多岡田横を約300m登る

古民家カフェ「Novatann」で余韻を楽しもう

古民家カフェ「Novatann」で余韻を楽しもう

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

岡田の町でタイムスリップした方には、古民家Cafe Novatannはいかがでしょう。知多市観光協会・岡田まちづくりセンターの裏手で日長川に沿った場所にあります。樹木で正面を隠すまさに隠れ家的カフェです。

古民家カフェ「Novatann」で余韻を楽しもう

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

元々は助産院だった大きな屋敷を利用したレトロな店内は、畳にソファーや、趣ある照明など古民家の雰囲気を堪能できます。コーヒーやスイーツで岡田の余韻と寛ぎを楽しんでみてはいかがでしょう。

古民家カフェ「Novatann」で余韻を楽しもう

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

玄関の先にあるのが巨大な黒板。落書きなど書き込めます。

<基本情報>
住所:愛知県知多市岡田段戸坊10
電話番号:0562-55-5135
アクセス:知多市観光協会から日長川沿いに南東へ60m

知多市岡田の基本情報

住所:愛知県知多市岡田
電話:0562-55-3095(知多市観光協会・岡田まちづくりセンター)
アクセス:名鉄電車常滑線で名古屋駅から約20分の朝倉駅下車、知多バス岡田線で12〜13分で大門前バス停下車し200m戻る(知多市観光協会・岡田まちづくりセンター)、岡田通り入り口は次のバス停岡田で下車し50m戻る(岡田通り入り口)
駐車場:1)大門前バス停近くの太郎坊信号を岡田通りへ入りJAあいち知多岡田横を50m程上がると、岡田見学者用駐車場(30台程度)、2)知多観光協会駐車場は空いていれば駐車可、3)JAあいち知多岡田は土日駐車可です。

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -