サンセットから夜景になる瞬間は必見!千葉「銚子ポートタワー」

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

サンセットから夜景になる瞬間は必見!千葉「銚子ポートタワー」

サンセットから夜景になる瞬間は必見!千葉「銚子ポートタワー」

更新日:2018/02/14 11:35

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

「銚子ポートタワー」は千葉県銚子市の最東端に位置する展望専門のタワーで、眼下には銚子港や利根川、九十九里浜などを見下ろせます。高さは43mとそれほど高くはありませんが、周囲に高い建物がないため、はるか遠方まで見渡せるのが特徴!空気が澄んでいれば太陽が沈む方向に富士山の姿も!そしてやや丸みを帯びた地平線も一見の価値あり!公共の交通機関でのアクセスはやや不便なので、ドライブ旅行にて訪問してみよう!

まずはサンセットシーンを拝んでみよう!

まずはサンセットシーンを拝んでみよう!

写真:木村 優光

地図を見る

展望台からの眺めで一番のオススメとなる方角は、太陽が沈む西方!銚子市街は高い建物が少ないため、「銚子ポートタワー」から見るサンセットシーンは格別!写真は真冬の空気が澄んでいるときのものですので、視界は良好!太陽が沈む方角には風力発電用の風車がいくつも並んでいるため、ちょっとした海外気分を味わえます。

まずはサンセットシーンを拝んでみよう!

写真:木村 優光

地図を見る

少し引いて眺めてみると、風力発電用の風車が非常に多く設置されていることがわかりますね。これは銚子市街が低山に囲まれた地形かつ、低山と海との距離がそれほど離れていないことから海風を受けやすいため。したがって、風力発電用風車の設置に非常に大きなメリットがあります。

何本も建ち並んだ風車周辺をよく見てみると、日本人には見慣れた形の山がシルエットがとなって浮かび上がっています。その正体は富士山!銚子から富士山まで、直線距離にして約150kmですが、空気が澄んでいればその姿をはっきりと見ることができるのです。

まずはサンセットシーンを拝んでみよう!

写真:木村 優光

地図を見る

さらに引いて眼下を含めた構図で眺めてみると、目の前には銚子市街の街並みの明かりが広がり、その向こうには雄大なカーブを描く利根川が流れています。利根川を航行する漁船の灯りなども見え、まさに港町に相応しい光景が広がっています。大都会のような光を散りばめた光景ではありませんが、それがかえって地方独特の光景として非常に温かみを覚えます。

南側は港町を連想させる光景が広がっている!

南側は港町を連想させる光景が広がっている!

写真:木村 優光

地図を見る

こちらは南側の眺め。西側に比べると光量は落ちますが、それでも漁港や魚をさばくための施設などが並ぶ光景は港町であることの証拠!今にも鮮度の良い魚介類の匂いが展望台まで上ってきそうで、夕食が美味しくいただけそうです。

北側は漁船の停泊シーンを見下ろせる

北側は漁船の停泊シーンを見下ろせる

写真:木村 優光

地図を見る

北側の真下も漁港となっていますが、その先は九十九里浜!光量は少ないと言えど、漁港に停泊する漁船が非常に印象的です。昼間はほとんど停泊していない漁船ですが、夕方に近づくにつれ近海から帰ってきた漁船が電球を点して明日に備えているシーンは、港町だから見ることができる光景!

「銚子ポートタワー」内部は視界にこだわった造り

「銚子ポートタワー」内部は視界にこだわった造り

写真:木村 優光

地図を見る

展望室は実質4階部分にあり、下から上まで張り詰められたガラスによって非常に良い視界が保たれています。また日没後は展望室内が程よい明るさとなるため、夜景の映えが良くなります。見える方角は360度ですので、全方角の素晴らし眺めを見ることができます。

そして親切なことに、椅子とテーブルがほぼ全方向に設置されているため、座ったまま目の前の眺めを楽しむことが可能!特に海風が非常に冷たく感じる冬場には、温まりながら風景を見ることができる最高の展望タワーです。缶コーヒーを片手に、夕景シーンを眺めてみるのもよいですね。

「銚子ポートタワー」内部は視界にこだわった造り

写真:木村 優光

地図を見る

「銚子ポートタワー」を外から見上げてみると、高さ43mと言えども存在感は抜群!正面玄関はタワー棟の東側にあり、ここから入館すると目の前には売店やイベントコーナなどがあります。魚介系の銚子土産も豊富で、忘れずに購入しておきたいところ。

なお、開館時間は通常時が8:30〜17:30、4月から9月までが8:30〜16:30となりますので、日没後の眺めを楽しむのであれば、晩秋から早春の時期がオススメ!入館は閉館時間の30分までですので、こちらも十分に注意しましょう。

なお「銚子ポートタワー」から連絡通路にて東側のウオッセへアクセスすることができます。ウオッセでは銚子で捕れた魚介類をはじめとして、様々なお土産品を購入することができます。またレストランも併設されていますので、展望室と併せて利用することもできます。

「銚子ポートタワー」の基本情報

住所:千葉県銚子市川口町2-6385-267
電話番号:0479-24-9500
アクセス:JR銚子駅前より車で県道244号線で東へ約12分。

2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/12/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -