倉敷美観地区のど真ん中!歴史ある老舗宿「料理旅館 鶴形」

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

倉敷美観地区のど真ん中!歴史ある老舗宿「料理旅館 鶴形」

倉敷美観地区のど真ん中!歴史ある老舗宿「料理旅館 鶴形」

更新日:2018/01/27 14:35

桜木 小春のプロフィール写真 桜木 小春 元旅行会社勤務、トラベルコーディネーター

運河沿いに白壁の屋敷や蔵が並び、レトロな街並みが美しい岡山県の人気観光スポット「倉敷美観地区」。そんなエリアのど真ん中にあるのが「料理旅館鶴形」です。歴史ある佇まいがひときわ目を引く老舗宿で、本格的な和食を堪能できます。その上、周辺観光スポットへのアクセスも便利!今回はこちらの宿をご紹介します。

倉敷美観地区の建物に溶け込んだ歴史ある宿「料理旅館 鶴形」

倉敷美観地区の建物に溶け込んだ歴史ある宿「料理旅館 鶴形」

写真:桜木 小春

地図を見る

倉敷美観地区のど真ん中に位置する料理旅館「鶴形」は、徳川八代将軍吉宗の時代(1744年)に建てられた商家を利用しています。
国の重要文化財に指定されている大原邸・大橋邸と並んで倉敷で最も古い由緒ある建物!270年前から存在していると思うと本当に素晴らしく思えてきます。

江戸中期町屋の厨子二階造りで見るからに歴史のある建物だと一目瞭然。こんなところに今から泊まると思うとワクワクと期待が膨らみますよね。

倉敷美観地区の建物に溶け込んだ歴史ある宿「料理旅館 鶴形」

写真:桜木 小春

地図を見る

歴史を感じる建物ではありますが、館内はどこもピカピカに磨かれていて、清潔感もあります。調度品も手入れがきちんとされており、玄関を入って直感的にここはいい宿だと感じる雰囲気の旅館です。

そして、昔ながらの作りのため、廊下や階段を歩くとギシギシときしむ音が響きます。この宿で過ごしていると、不思議とその音が心地よい響きに聞こえます。

倉敷美観地区の建物に溶け込んだ歴史ある宿「料理旅館 鶴形」

写真:桜木 小春

地図を見る

お部屋に入って仲居さんの説明がひと通り終わってホッと一息つきたいところで、抹茶とお茶菓子が運ばれてきます。温かい抹茶を飲みながら広い庭園にある樹齢400余年の老松を眺めていると、観光客が行き交う外のザワザワした喧騒を忘れさせてくれます。

こちらの部屋は「酒津」の間、庭園が眺められるお部屋で、他に10室あります。全室で11室しかないこじんまりとした宿で、お風呂に行くのも庭園に行くのも出掛けるのに玄関まで行くのもコンパクトな作りです。そのため、小さな子供やご年配の方が過ごす宿としても丁度いいサイズではないでしょうか。

心地よいペースでお部屋で夕食を食べられます

心地よいペースでお部屋で夕食を食べられます

写真:桜木 小春

地図を見る

各部屋に一人担当の仲居さんが付いて、食べるスピードに合わせて出来立てを温かい状態で、一つずつ持ってきてくれます。料理旅館だけあって、お料理はどれも手が込んでいます。

日本各地の名店プロデュース機内食で知られる、JAL国内線ファーストクラスの機内食、JAL「新・JAPAN PROJECT」。2018年1月は、ここの料理長がプロデュースしていますよ。 このことからも、料理のレベルが高いことは間違いありません!

心地よいペースでお部屋で夕食を食べられます

写真:桜木 小春

地図を見る

どの料理も素晴らしく手の込んだものばかり。テーブルに1度に並べるのでなく、一品ずつ出してもらえるので、料理が冷めることなく、ゆっくり味わえます。そして、お部屋食なので、周りの目を気にすることなく、自分たちのペースで食べることができますよ。

子供を連れている場合も、子供の機嫌を見ながら料理を進めてもらえるので、ゆっくり料理を味わうことができますね。

こじんまりとした大浴場と部屋風呂は少し大きめ

こじんまりとした大浴場と部屋風呂は少し大きめ

写真:桜木 小春

地図を見る

大浴場はあまり広くありませんが、全客室が11室しかない宿なので、タイミングがよければ、誰ともかぶることなく貸切り状態で入れます。こじんまりとしていますが、隅々まで清掃が行き届いていて、清潔感のある大浴場です。

こじんまりとした大浴場と部屋風呂は少し大きめ

写真:桜木 小春

地図を見る

酒津の間には、少し大きめの石で作られたお風呂が。他の客室にも陶器風呂やヒノキ風呂があります。予約時点で空いていたらお部屋を選択できるので、部屋風呂にもこだわりのある方は、早めに予約してみてくださいね。

夜は美観地区のライトアップを散策

夜は美観地区のライトアップを散策

写真:桜木 小春

地図を見る

夕食後 外に出てみて下さい。宿の玄関を開けると、素晴らしい景色が広がっています。

宿では無料で提灯を借りることができるので、浴衣を着て美観地区のライトアップを見に行けば旅の気分も上がりますね。すごく雰囲気がいいので、夕食後はぜひお出掛けしてみて下さいね。

夜は美観地区のライトアップを散策

写真:桜木 小春

地図を見る

夜のライトアップでひと際目立つ建物が「倉敷館」。ここは1917(大正6)年に倉敷町役場として建てられた洋風木造建築で、建物は国登録有形文化財に登録されています。現在は観光案内所として観光ガイドや観光施設などの紹介、無料休憩所として自動販売機やコインロッカー、トイレを備えています。

昼間に見る景色とは違い、倉敷美観地区の夜は、幻想的にライトアップされた建物が並び、とても美しく感激します。SNS映えもする素敵な景色ばかりですよ。

さらに美観地区を楽しむ周辺スポット

さらに美観地区を楽しむ周辺スポット

写真:桜木 小春

地図を見る

倉敷美観地区では、川沿いに沢山の観光スポットがあります。その中でもオススメなのが川舟に乗ること。ここの宿からすぐ近くに乗船場があり、目の前の観光案内所「倉敷館」でチケットを購入することができます。川舟はここの観光地の名物でもあるので、ぜひ乗ってみましょう。

美観地区のど真ん中の宿だけあって、観光スポットを巡るには最適の場所にあります。チェックアウト後も宿で荷物を預かってもらえるので、身軽に動くことができますよ。

さらに美観地区を楽しむ周辺スポット

写真:桜木 小春

地図を見る

倉敷美観地区に行くなら、必ず誰もが訪れる「大原美術館」。1930年に開館、西洋美術、近代美術を展示する美術館としては日本で最初に建てられたものです。

ここまでは、宿から歩いて3分ほどの近さ!大原美術館のチケットは宿で割引料金にて購入できます。行く前に買って行くことをオススメしますよ。

倉敷美観地区ど真ん中!老舗の料理旅館はオススメ

いかがでしたか?「料理旅館鶴形」は倉敷美観地区のど真ん中にあり、観光スポットを巡るのに、とても便利。歴史のある宿で料理も満足いくものばかり。また、仲居さん達もアットホームで、老舗旅館でありながら、お高いイメージはなく、ゆったり寛げる雰囲気の宿ですよ。

チェックアウト後も玄関先から姿が見えなくなるまで、お見送りをしてくれる高いホスピタリティ!最後の最後まで気分良く過ごせる宿です。ぜひ、倉敷に行く際は、こちらの宿に泊まってみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/09−2017/12/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -