ホーチミン空港でベトナム観光!土産&グルメ&マッサージも

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ホーチミン空港でベトナム観光!土産&グルメ&マッサージも

ホーチミン空港でベトナム観光!土産&グルメ&マッサージも

更新日:2018/07/26 18:29

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

南ベトナムの“空の玄関口”となるホーチミン国際空港。正しくは「タンソンニャット国際空港」(Tansonnhat International Airport)。最近はラウンジや免税店、レストラン、お土産、マッサージ店が充実しています。そこで、ホーチミン国際空港を楽しむためのポイントをご紹介。ベトナム出国審査後や飛行機の乗り継ぎの合間に、これらのおすすめスポットを巡ってみてはいかがでしょうか?
海外航空券の最安値をチェック!

ホーチミン国際空港のグルメ!おすすめのカフェ&レストラン

ホーチミン国際空港のグルメ!おすすめのカフェ&レストラン

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ホーチミンだけでなく、ニャチャンやダラット、フーコック島など、見どころが多い南ベトナム。さらに国内線を使えば、世界遺産のフエやホイアン、ミーソン遺跡、ダナンもすぐ近く。

南ベトナムの玄関口となるのが「タンソンニャット国際空港」。ベトナム社会主義共和国の南部にあるホーチミン市の中心部から約8キロメートルの位置にあります。同じ敷地内には国内線ターミナルが隣接し、歩いて5分ほどの距離。

ホーチミン国際空港のグルメ!おすすめのカフェ&レストラン

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ホーチミン国際空港は、東京の羽田や成田、大阪の関西空港ほど大きくないので、短時間でも隅々までぐるりと巡ることができます。そこで、搭乗までゆっくりくつろぎたい方におすすめなのが、3階にある「サイゴン カフェ バー キッチン」(SAIGON CAFE BAR KITCHEN)。ベトナムコーヒーを注文し、まったりしてみてはいかがでしょうか?

ホーチミン国際空港のグルメ!おすすめのカフェ&レストラン

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

食事したい方におすすめなのが、3階のフードコートがあります。大きく開放的に開かれた窓から、離発着の飛行機を見ながら、ベトナム名物のバインミー(サンドイッチ)、フォーなどを楽しむことができます。

ホーチミン国際空港でリラックス!仮眠施設&マッサージ

ホーチミン国際空港でリラックス!仮眠施設&マッサージ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ベトナム観光や乗り継ぎで疲れた方におすすめのスポットが、3階にある「Sleep Zone」(30分、約400円〜)。空港内にはホテルはないのですが、トランジット用の仮眠施設(搭乗ゲート26、27の先)があります。近くには、ベッド風のチェアもあり、こちらは無料で使うことが可能。

また、反対側の搭乗ゲート8、9の先にも、ゆったりした無料のソファー席があります。床には電源も。ちなみに空港内には無料のWi-Fiスポットがあります。パスワードは不要で、ログインを行うだけで接続可能。

ホーチミン国際空港でリラックス!仮眠施設&マッサージ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

3階にはマッサージ店があり、メニューも豊富。最も大きなのが写真の店で、さきほどご紹介したフードコートの近くにあります。フットマッサージは20分からのコースがあり、料金が約1000円。ホットストーンを使ったベトナム式のマッサージもあります。料金はホーチミン市内よりも割高ですが、余ったベトナム・ドンをここで使い切るのもおすすめです。

ホーチミン国際空港でリラックス!仮眠施設&マッサージ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

一方、穴場のマッサージ店がこちら。3階には、ベトナム航空の「ロータスラウンジ」(Lotus Lounge)があるのですが、この近くにもマッサージ店があります。料金はさきほどの店と同じですが、比較的に空いているので、時間のない方におすすめです。

ホーチミン国際空港のベトナム土産!サスコショップはおすすめ

ホーチミン国際空港のベトナム土産!サスコショップはおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ベトナムの土産店が数多く軒を連ねているのは2階フロア。その中でも、おすすめの土産店が「サスコ ショップ」(SASCO Shop)。ベトナム空港の子会社で、タンソンニャット国際空港で免税店などを運営している会社です。規模が大きく、品ぞろえが多く、短時間でベトナム土産を探すのにおすすめです。この店では、ベトナムの菓子土産が充実。ベトナムコーヒーやアルミ製のフィルターも売られています。

ホーチミン国際空港のベトナム土産!サスコショップはおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「サスコ ショップ」では、ベトナムの食器や花びんなども販売されています。色彩豊かで、色鮮やかなベトナム工芸品の数々。ノンラー(円錐形の帽子)をかぶった女性の姿など、ベトナムらしい絵が描かれたお土産を見つけることができます。

ホーチミン国際空港のベトナム土産!サスコショップはおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらも、「サスコ ショップ」ですが、可愛いお土産も充実しています。おすすめは、ぬいぐるみ。ベトナムの国旗は、“金星紅旗”と呼ばれ、星の(金)色は革命を表していますが、このマークを付けたぬいぐるみも見られます。

穴場のベトナム土産店&免税店

穴場のベトナム土産店&免税店

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

3階には穴場のおすすめの土産店が2つあります。ひとつが「ベトナム デライト」(Vietnam´s Delights)」。ハノイの「ノイバイ国際空港」(Noi Bai International Airport)にもあるベトナムの土産店ですが、チョコレートやクッキー、ドライフルーツなど、ばらまき土産にもピッタリな菓子土産が見つかります。

穴場のベトナム土産店&免税店

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

もうひとつが、「ファッション メイドイン ベトナム」(FASHION made in vietnam)。ポーチやバッグ、アオザイ、Tシャツなどが売られ、安い買い物をしたい方におすすめです。

穴場のベトナム土産店&免税店

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

一方、2階には免税店フロアが広がり、ブランドバッグや化粧品、コスメ類のほか、煙草やアルコール類の種類が豊富です。コーチやバーバリー、フェラガモ、スワロフスキーなどのブランドが並び、ウィンドーショッピングにもおすすめです。

タンソンニャット国際空港からホーチミン市内への行き方

タンソンニャット国際空港からホーチミン市内への行き方

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

最後に、タンソンニャット国際空港からホーチミン市内への行き方をご紹介。「109番バス」や「49番空港シャトルバス」を利用するのが安くておすすめです。時間帯は朝5時台〜深夜2時まで。料金は約100〜200円。

しかし、空港はホーチミン市街地に近く、メータータクシーを使えば約30分(料金は約1000円)で行くことができます。2020年には空港と市内を結ぶ鉄道が開通し、さらに利便性が向上します。

なお、ハノイのノイバイ国際空港についても別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

ホーチミン国際空港(タンソンニャット国際空港)の基本情報

住所:phuong 4, Tan Binh District, Ho Chi Minh City
電話番号:8-3848-5383
アクセス:成田・羽田から飛行機で約6時間20分、関空から約6時間

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -