ニューオーリンズ「フレンチメン ストリート」は地元の音楽好きが通う場所

ニューオーリンズ「フレンチメン ストリート」は地元の音楽好きが通う場所

更新日:2018/01/23 10:13

浅井 みら野のプロフィール写真 浅井 みら野 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級、JSBA スノーボード バッジテスト 1級
音楽はお好きですか。ジャズ生誕の町として、全米でも多くの音楽通が集まるニューオーリンズ。実は中心地のすぐ傍にありながら、観光地化されずに良い音楽を楽しめる場所があるのをご存知でしょうか。「フレンチメン ストリート(Frenchmen Street)」では複数のライブハウスが並んでいて、毎晩ジャズやR&Bなどのバンド演奏があちらこちらから聞こえ、ニューオーリンズの夜をさらに盛り上げてくれます。

夕方から活気づくエリア

夕方から活気づくエリア

写真:浅井 みら野

フランス・スペイン統治時代の美しい建物が多く残るフレンチクォーター(French Quarter)は、ニューオーリンズ観光の中心地。そこから歩くこと約5分で「フレンチメン ストリート」に辿り着きます。

夕方から活気づくエリア

写真:浅井 みら野

この通りでは平日週末関係なく、良い音楽を求めに観光客や地元の人たちがひっきりなしに歩く姿が見られます。夜になると建物のイルミネーションがライトアップされ、一層派手で華やかな雰囲気に。楽しい夜の始まりに自然とわくわくしてきます。

道の両側にライブハウスやバーなど音楽を聞ける場所が並んでいますが、特に活気あるのがエスプラネード アベニュー(Esplanade Avenue)とロイヤルストリート(Royal Street)に挟まれたエリア。時間によっては渋滞ができ、歩行者の方が進むのが早いほどです。

訪れたら、まずはどうする?

訪れたら、まずはどうする?

写真:浅井 みら野

夕方ごろからライブハウスで演奏が始まります。気になる音が聞こえたら、まずはお店の中へ。入る際に警備スタッフが年齢を確認してくる場合がありますので、聞かれたらパスポートなど身分証を提示してくださいね。

訪れたら、まずはどうする?

写真:浅井 みら野

地図を見る

フレンチクォーター内のバーボンストリートも毎晩バンド演奏を聞ける場所ですが、入場料や音楽を聞くのに生じる代金はなく、基本はビールなどの飲み物代のみ。比べてフレンチメンストリートは、5〜10ドルなど入場料がかかるお店が多く、その分だけ音楽に対するこだわりが感じられます。人気のライブハウスでは、良い席を確保しようとライブ前から集まる人も。

訪れたら、まずはどうする?

写真:浅井 みら野

地図を見る

ライブハウス前には当日や月間スケジュールが記載されていますので、気に入ったバンドがいたら名前を覚えておくのも素敵な旅の思い出になりますよ。

音楽との一期一会を楽しんで

音楽との一期一会を楽しんで

写真:浅井 みら野

ライブハウスに入らずとも、路上で演奏するバンドに巡り合えることも。手を伸ばせば触れられるんじゃないかという間近な距離感にドキドキしつつも、迫力あるサウンドをたっぷりと体感できます。場所を選ばない音楽の自由さにうっとりしてしまいます。

音楽との一期一会を楽しんで

写真:浅井 みら野

窓や扉を開けている建物がほとんどなので、歩きながらチラ見ならぬチラ聞してみるのも、この通りならではの楽しみ方です。

そのまま延長してアートの世界へ

そのまま延長してアートの世界へ

写真:浅井 みら野

地図を見る

音楽をたっぷりと堪能した後は、芸術鑑賞はいかがでしょうか。ライブハウスに挟まれたアートガーデン&フローティングギャラリー(The Art Garden & Floating Gallery)では、地元アーティストによる絵画やアクセサリー、インテリアなど幅広い作品を見ることができます。

<基本情報>
住所:613 Frenchmen St, New Orleans, LA 70116
電話番号:+1-504-912-6668
営業時間:18:00〜24:00
定休日:火曜日・水曜日

音楽好きに愛されているストリート

ニューオーリンズ最大のメインストリート、バーボンストリートは歌って踊って騒いでという音楽と一緒に楽しく時間を過ごす雰囲気。それに比べて、フレンチメンストリートは規模が小さく、和やかな雰囲気が印象的。どちらかというと音楽そのものを楽しむ空気です。どちらも音楽の魅力が存分に堪能できる場所なので、ぜひ訪れた際は通り全体の雰囲気を肌で感じてみてはいかがでしょうか。

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

【取材協力:ミシシッピ・リバー・カントリーUSA、ニューオーリンズ観光局】

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -